スポンサーリンク

【全て繋がった】エジルが○○のプライベートジェットで飛んでイスタンブール

昨夜エジルがイスタンブールへと旅立ちました。

スポンサーリンク

エジルがあの人のプライベートジェットで「飛んでイスタンブール」

昨夜エジルが、プライベートジェットでトルコ入り。

ところで、エジルファミリーを乗せたこのプライベートジェッツ、

一体誰のジェッツ?

と思っていたら、このブログでもおなじみ「ベルトラダムス」さんからこのようなツイート。

アリ・カッチの専用飛行機が本日メシュット・オジルをイスタンブールに運び、現地時間の深夜にサビハ・ゴクセン空港に到着する予定です。

アリ・カッチの専用飛行機…

アリカッチ…

アリカッチって、もしかしてあれ??

エジルとトルコの架け橋になったエジルのタニマチ、トルコ版デーブ・スペクターでおなじみのあの人???

と思い調べてみたところ、フェネルバフチェのオーナーの名前が「アリ・コチュ」であることが判明。

多少の誤差はあるものの、この「アリ・カッチ」さんは、おそらくフェネルバフチェのオーナー「アリ・コチュ」さんとみて間違いないでしょう。

というわけで、エジルはこのフェネルバフチェ・オーナーのプライベートジェッツで「飛んでイスタンブール」した模様です。

オーナーのジェッツでお出迎えとか、ミキティがイニエスタ呼び寄せた時以上の歓迎っぷりが見て取れます。

ちなみにこちらの動画をご覧ください。

ファンイベントみたいなとこでニヤニヤしてるマヒアのボスみたいな人が、フェネルバフチェのオーナー、アリ・コチュさん。(↓このひと)

なるほどー。

ちなみにもう一人ご注目いただきたいのですが、

このイベントで、オーナーの太鼓持ちしていた人いましたよね?

この人。

そう、この人こそが、何を隠そう、

トルコのメディア王にしてエジルのタニマチ、ターキッシュ・デーブ・スペクターこと、アカン?アクン?リカリさん!!

俺のYouTube動画を見ていた方は、

全て繋がったー!!!

と思ったよね?

俺は思った!

そんなアクン・リカリさんのコメンツ。

フェネルバフチェの為ならなんでも出来る!

意外と「燃える闘魂」を持った方なのかもしれません。。。

そんなアクン・リカリさん「誰それ?何者??」という方はこの動画の「4:29 」をピンポイントでご覧ください。

イスタンブール無事到着

そんなエジルを乗せた快適ジェッツは、深夜イスタンブールに無事到着。

マスクデカイ!

というわけで、こうなりました。

飛んでイスタンブール。

人の気持ちはシュール。

だから出会ったことも 蜃気楼真昼の夢…♪

夜だけのパラダイス…♪

あとは公式を待つ!

エジルのフェネルバフチェのワケ、そして「エミレーツであの選手にお別れ…」の模様はこちらで。

コメント

  1. 343 より:

    エジルの闘いは続く。アーセナルだろうが、ドイツ代表だろうが出場してしまえばエジルのチームになった。いつの間にかそうなった。サッカーをやり続ける限り、何処へ行こうとそうなる。そしていつかサッカーを止めても、エジルはエジル。そう思わせるほど、人間として一人で立っている。今回の移籍はそれを丸ごと受け入れるチームが出たという事で、個人的には嬉しい。