スポンサーリンク

「全て語りすぎ!」エジルの移籍合意報道についてアルテタがオープンすぎた件

フェネルバフチェとの移籍合意が報じられているエジルについて、アルテタがとんでも回答を連発していました。。。

スポンサーリンク

エジルのフェネルバフチェ移籍が決定!?

昨日の記事でアップしたエジル、トルコのフェネルバフチェ移籍合意の噂。

詳細は是非こちらをご覧いただきたいのですが、

 

この一件について、アルテタが記者に詰められていました。
( Arsenal.com )

エジルにトルコ行きの噂が出ていますが?

「まぁ、何が起こるかわからないよな。

正直、そういうの(移籍交渉)は自由なわけだから、うん…

代理人含めて、アイツにとって何が最善なのかってのを模索して、ベストを探すっていう…そういう前向きな話はしてますよ」

毎試合プレーしたいのではないか?

「誰もが(ピッチに)上がりたいよ、プロとしてプレーする限りは、あぁ。

それがプロとして当たり前の衝動だから。

ただその一方で上がれない人間がいるっていうのは…

ラクな世界じゃないですよ、この世界はな」

エジルは残留するんでしょうか?

「まぁそれについては、ここ数日でなんらかの発表は出来るんじゃないか?…あぁ」

エジルに代わる若い選手が台頭してきていますが?

「そういうことじゃないよ。そういうことじゃないよな。

若い、ベテランに限らず、全ての選手が必要なわけだから。

“若いの”がそこにいるってことは、アイツらがそれだけのレベルにあるってことですよ、うん。ただそれだけ。

若いヤツラはその瞬間を(虎視眈々と)狙ってる。10ヶ月ある中で、ベストを維持するっていうのは相当難しいですよ。その中で成長しながら、そのチャンスが来たときに獲らないといけないわけだから。

そういう競争を経て自分の立ち位置をゲットするわけだから、それは健全だよな、うん。健全な競争ですよ。

そういう化学反応でチームは活性化していくものだから、うん。今の状態はポジティブな状態だと思いますよ」

エジルの移籍が決まったらウィンウィンなのか?

「そういう話し合いが決まったとすれば……お互いにいいことかもしれないよな。

アイツの将来的にもな…うん」

エジルはトレーニングしているんでしょうか?

「一緒に(練習は)してますよ。

ただ今はパーソナルなアレで、ちょっと休みを取って離れてるけど、うん。

ただ練習はやってる。一緒にな、うん」

エジルが他のクラブと交渉していることは全て了承済みなのか?

「アイツとエージェントの会話は全て承知してますよ、そういうのは、うん。ツーカーで。

ただ、さっきも言ったけど、アイツにはそういう(交渉をする)権利があるわけだから。

それは全く問題ないよ」

エジルについて早急に決定をくだす必要があるのか?

「(選手)リストもあるし、(ピッチに)立ちたいのに立てないような状況があれば、それは早い方がいい時もあるし……うん。

大事なキーマンだった人間に対して、前回(リスト外)そういう決断を下したわけだから。

クラブにとって何が最善で、選手にとっても何がベストかっていうのを見つけてバランスをとるっていうのが、今の俺が出来る最善ですよ。

よし、腰上げるぞ!」

アルテタ会見からわかること

以上のアルテタの会見からわかることは以下の2点

・エジルは他クラブとの交渉に前向きに応じ、クラブもそれを了承している
・ここ数日中に結論が出る可能性がある

ちょっとびっくりしましたね。

てっきり「そんな話はない!」と全否定するかと思いきや、「プライベートな休暇」のことまで結構オープンに話しています。

ということは相当そういう方向で動いているとみて間違いないでしょう。

現在名前が挙がっているのがトルコのフェネルバフチェとアメリカMLSのDCユナイテッド。

そんな中、エジルの匂わせツイートからわかることは「トルコ有利」

てか「ほぼ確」なのではないか?

ということ。

 

時は来た。

そういうことなのかもしれない。

 

コメント

  1. 343 より:

    きっぱりしていて理解可能。建前を通し続けるアルテタに、みじんも揺らぎはない。私にとって腑に落ちない点も実は理解可能。ただそこを拡大してほしかった。ベンゲルが少しづつそうしてきたように。アルテタはそれでは際限がなさすぎると感じたのだろう。その判断。まさにそのために彼はそこにいる。私はそれを尊重する。BGMはオルタードイメージ「ハッピーバースディ」…英国では今もメジャーだと思います。

  2. […] 「全て語りすぎ!」エジルの移籍合意報道についてアルテタがオープンすぎた件フェネルバフチェとの移籍合意が報じられているエジルについて、アルテタがとんでも回答を連発してい […]

  3. 謎の朴念仁 より:

    今マヂ、パーソナルな理由ってのは根が深いと思うんすよ。。
    私去年はバーチャルYoutuberのオタクやってたんすけど、
    bilinbili動画っていうアニメとかサブカルは投稿オッケーのチャイナ版ニコニコ動画みたいなのがあって、そっちにもバーチャルなyoutuberは動画投稿とか、youtubeと同時にライブしたりするんすよ。。
    中国は人口もマネーも多いから、けっこうスパ茶とかお金ががっぽがっぽかせげるんですよ
    でも配信中にyoutubeのアナリティクスの国別の視聴者の割合を話したんすよ。そしたらyoutubeにかいてあるまま「台湾」という言葉を発したら、チャイナ側の人達が「台湾を国扱いした」ということで、まるで親の敵かのようにそのyoutuberにヘイトをかましてきて、結局彼女が所属する事務所のグループは中国から撤退することになりました。
    結果その後bilibiliは規制が強くなり、政治的発言がないか厳しくチェックがはいるようになりました。
    たった一言、「台湾」と発しただけで、ですよ?
    もちろんその子がアメリカ系で他の件でも以前からヘイトをかっていたというのもありますが、彼女に励ましのメッセージをしただけで他の所属の子も彼女の仲間、同類とみなされて、活動できない状態にさせられました。

    そんな台湾発言だけで怒り狂う人たちが、ウイグルのしかも人権問題があるとはっきり指摘したエジルをどう思うでしょうか。そして国がどうするでしょうか。

    永久BANだと思います。
    たぶんエジルをだすならアーセナルの試合は放映しない。
    協会側にも中国側から圧力があってもおかしくないと思います。
    今イングランドサッカー界にはチャイナマネーがずっぽり入り込んでます。
    中国の市場規模を考えると上からエジルを登録するな、という要請か、もしくはそうしないとリスクがあるくらいのことを告げられているかもしれません。

    そう考えると登録外になった際のエジルの声明が「できる限り最善を尽くす。可能な限り正義のため、不誠実に立ち向かい声を上げていく」と結ばれているのも分ります。
    答えは彼がプレミアから離れて自由に発言できる場所に移るまでわかりませんが。

    psついでにファンとのほのぼのやりとりが記事になってますた
    https://article.auone.jp/detail/1/6/11/24_11_r_20210112_1610403522745913

  4. あああ より:

    発言等で変に勘ぐられているけど実力の問題
    近年トップレベルから若くして消えた選手は皆が似た特徴を有する
    決められた戦術を高速に忠実に再現できるアスリート型こそ正義という事
    今後もどんどん機械らしさを取り入れていきリアルタイムアメフトみたいになっていくのだろう

    監督(というか戦術分析チーム)の時代とも言える

  5. […] 「全て語りすぎ!」エジルの移籍合意報道についてアルテタがオープンすぎた件フェネルバフチェとの移籍合意が報じられているエジルについて、アルテタがとんでも回答を連発してい […]