スポンサーリンク

復活の塩まきフラグ FAカップ4回戦 サウサンプトン v アーセナル

Southampton 0-5 Arsenal

Sat 28th Jan 17.30 St Mary’s Stadium

スターティング: 今季も始まっちゃったから本腰入れて更新しなきゃ!

ダニ夫

ペレっさん アデレイド君 瀬尾君

ナイルズ君 チェンボ

ギプス(C) ロブ君 ムスタヒ ベジェりん

オスピー

■ゴール: ダニ夫 (15, 22), 瀬尾君 (36, 69, 85)

■交代:
65 ダニ夫→アレク
72 アデレイド君→イヲビ君

■レフェリー:

 
スポンサーリンク

 

※この記事はワトフォード戦レポではありません。
今更FAカップセインツレポです。ご注意下さい。

 

まずはこのFAカップ、タッチの差でチケが獲れず現地参戦は出来なかった為、某動画サイトのガチグナ「ゲストさん」という方のチャンネルで観戦させていただきました。

ゲストさん、あざーす!

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

COYG!ゲストさんのTwitterアカウントはこちら。
https://twitter.com/guest_2525

 

さてレポです。

 

「ウン、まあ結果的にはもう想像した…ルドゴレツと一緒だな。

想像した通りだ、ウン。

…差はあるよ。セインツもキラしたかったんじゃないか?

勇気ねぇよな。ウン。」

 

っていう、

長州インタビュー通りの完勝!

 

久々明るく楽しいアーセナル爆発で、

ついに難攻不落の要塞セントメリーズ落城!

 

いやぁでもこれ、アーセナルの全てが凝縮された90分と言っても過言ではないですね。

まずはFA男ダニ夫奇跡の復活。

病み明けとは思えないフィジカルで、次々とセンメリ本丸を撃破していく様は圧巻の一言。

特に一点目のセレブレとか、破壊力抜群。

背景に「ゴゴゴゴゴ…」って描いてありそうなヤツ!

 

ジョジョ立ちですか?

 

と思ったら、これだそうです。

ん?

なんだちみは?…

 

タレコミによりますと、どうやらトルコで大人気のシェフだそうで、この塩まきポーズがセレブの間で大流行なのだそうですが、

あぁ、確かに神々の遊び臭すげえな・・・。

でも、塩まきつったら水戸泉の俺が、そんなトルコ人のお遊び知る由もないよ!

 

は、さておき、

二点目チェンボから後ろからのロングパスをさくっと収めるヤツも鳥肌だったな。

「ダニ夫半端ないって!後ろ向きのボールめっちゃトラップするもん。そんなんできひんやん普通!」

と、滝沢第二中西さんも太鼓判なヤツ。

まだまだリハビリ中ではあるものの、ここからがFA男の本領発揮。次戦サットン戦後のユナイテッド戦、特攻隊長確定です。

 

瀬尾君のハットもまた格別のものがありましたね。

恩返し!とバカリ、古巣を完膚無きまで叩きのめす姿には涙を禁じ得ず。

顔は笑っていても、胸の内は大号泣だったに違いありません。

スクールウォーズ滝沢先生が「セインツ、お前ら悔しくないのか!」と号泣しながら生徒をぶん殴るヤツの的な。

 

それと「コンバートで才能が開花!」もガナあるあるですよね。

古くはキングアンリのセンターをはじめ、サニャのセンターバック、エブエのマルチ化など、様々な才能を開花させてきたボスが、今度は満を持してチェンボをボランチにコンバート。

そして魅せたダニ夫二点目のアシスト。

なにあれ!?

そもそも快速ウインガーだったチェンボが、サイバックならまだしも、まさかのボランチまでドハマりとか、久々エブエ超えを果たしそうなユーティリティ感に涙なのです(対戦相手のレベルは不問)。

 

それと、息を吐くようにミスをするオスピーの天然っぷりも最高。

このミスが全くイヤミないんですよね。

それでいてクリーンシートなんだから、愛されるに決まってるよ!

(ちなみにオスピーは、コルニーの出待ちで唯一車を止めてサインをくれるほどのナイスガイ)

俺はね、是非決勝までオスピーで逝って欲しいと思ってますよ、ええ。

 

そして若手群の成長ね。

そもそもこういうカップ戦は、若手の強化育成が目的だったりしたのはいまや昔、昔はヤングの割合も多かった気がしますが、最近は「勝ちに行く」スカッドに様変わり。

そんな中、アデレイド君とナイルズ君の成長を確認出来たのは大収穫。

途中失速したものの、最初は目を見張るほどの活躍を魅せたアデレイド君には是非勝ち上がって来てもらいたいし、前回のプレストン戦では、慣れないサイドバックでおどおどしていたナイルズ君も、今回は中盤で盤石!

ゼラレム君やアクポム君が出稽古で武者修行の中、本部育成組も是非頑張ってもらいたいところです。

 

それとね、やっぱね、ペレっさんですよ、ペレっさん。

表のMVPがダニ夫や瀬尾君だとすれば、裏MVPは間違いなくこの人、ルーカス・ペレス。

↓いやこれなんか、ほぼほぼペレっさんのゴールやからな!

それと撃ってもいいのに、あえてアシストに徹するその姿勢に心を打たれました。

「ペレっさんの献身」なくして、この試合なし!

 

あとはもちろんアレクですよね。止まっちゃうと死んじゃうアレク。

明らかにボスとボールドに直談判で出て来た感のあるアレクですが、伝説のプロレス雑誌『紙のプロレス』元居候兼変態グーナー八木さんが、こんな図星な事をつぶやいていました。

 

 

これを読んだ瞬間、当然俺の妄想スイッチオン。(ほわほわほわほわわわわわ…)

 

アレク「部長!ちょっと今から出て来てもらってイイっすか!俺の企画書見てください!!!」

ボールド部長「え!?・・・」

アレク「自分いいアイデア思いつきました!是非今すぐ見せしたいんで!!!」

ボールド部長「あぁ・・・わ、わかった・・・」

 

 

アレク「俺残業代とか一切いりません!給料は倍いらないです。でも倍いただけるんだったらもらいますけど、その分倍働きます!」(リアルに)

ヴェンゲル社長「い、いや、君、そういう事じゃなくてだね…コンプライアンス的にもだね…」

 

 

アレク「社長、土日祝祭日関係なく、いつでも遠慮なく、48時間コキ使ってください!夜でも呼んでもらって構わないんで!」

社長&同僚「・・・」

ワ◯ミの人「君!そんなとこでくすぶってないで、我々の仲間にならないか!明るい未来をともに築こう!」

 

はっ・・・

アレクダマされちゃだめだ!

だがしかし、アーセナルがブラック化しない事を願って病みません。

 

はいそしてこの試合、この方なしでは語れません。

ムスタヒ無敗神話継続中!

(もう一度いいますが、FAカップセインツ戦です)

 

なんかほぼほぼメンバー全員の事語ってしまってましたけど、そのついでにベジェりんにも一言。

そのカチューシャはどうにかならんか?

 

はい、おおとりはボス。

この日は惜しくもベンチ入り出来ず、あいにくのスタンド観戦となったボスですが、
(とりまきの数がすごい!)

ヘッドセットで的確すぎる指示だしをするボス。

それにしてもこの的確さ、まさか、

スタンド観戦の方が色々見えて、ベンチに入らない方がいいんじゃあるまいな!?

それと、

せやな!

でも実際ボス電波をキャッチしていたのは、ボールド師匠じゃないけどな。

 

というわけで、ファイブ・ニル快勝によりこんな感じだった我々ですが、まさかこの数日後あんな悲劇が襲うとは・・・。

ダニ夫の塩まきがフラグだった事を、このとき誰も知る由もなかったのでした。

 

告知後即完!ありそでなかった伝説のCOYGパーカーついに再入荷!

 

TwitterやってるYO!
早出し速報、エアブログの更新情報、その他全く為にならない情報満載!

https://twitter.com/saru_gooner

 

↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

 

↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【全試合放送】プレミアついに解禁!1ヶ月無料♪
↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【全試合放送】プレミアついに解禁!1ヶ月無料♪
妄想記事を描いている猿

アーセナルのせいで日本に帰国できなくなった非国民、出家信者。「妄想8割・ガセ2割」をモットーにアーセナルのエア情報を垂れ流す意識低い系ブロガーとして、日本人グーナーのメディアリテラシー向上に貢献すべく、ほぼ毎日ブログを更新中。

さる@グナーをフォローする
関連記事
FAカップ
スポンサーリンク
さる@グナーをフォローする
Arsenal (アーセナル) 猿のプレミアライフ

コメント

  1. mmk より:

    塩撒きは私も今回の件で知りました。

  2. Y より:

    いい試合でしたね…。こういう試合の次でポカするのが、ガナあるあるでしょうか…。
    塩撒きはこの数日前にとくダネ!のOPで少し紹介してて、ダニ夫がやってんの見て「あ、流行ってんだ」と思いました。
    スクールウォーズはついさっきアメトーークでやったのでツボでした。