「当たり前じゃねぇからな!」FAカップ19-20 ボーンマス v アーセナル

Bournemouth 1-2 Arsenal

Mon Jan 27 – 20:00 Vitality Stadium

スターティング: やっべ!新シーズン始まっちゃったから本腰入れて更新しなきゃ!

エディ

ガビー ウィロッ君 ケンゴ

シャカ KATSUMI

ビッグサカ パピー ムスタヒ ベジェりん(C)

マルちゃん

■ゴール: ビッグサカ (5) エディ (26) / S. Surridge (90 + 4)

■ 交代:
62 ムスタヒ → ロブ君
69 ケンゴ → セバッさん
91 ウィロッ君 → 三代目

■レフェリー: マーティン・アホキンソン

 

スポンサーリンク

 

FAカップ4回戦はアウェイ、ボンマス戦でした。

スタメンはこちら。

病に倒れていたパピーが復帰。また、ルイルイの赤紙消化でムスタヒ出陣。

さらにエディが早速登場とヤンガナ全開の前線に、ヨダレが止まらなかったのですが、

早速若い力大爆発!

開始5分、ビッグサカのゴールでアーセナル先制!

 

FA公式Twitterの動画見てよこれ!(見れることを祈る)

これは22本のパスをつなぎ、最後はニアをぶち抜くサカの動画なんだけど、

「なんであそこに決まるんや?」ってくらい激ニア!

ビッグサカの恐ろしいまでのポテンシャルを垣間見た瞬間でした。

さらに22本のパスを繋ぐというアルテタ政権を体現したようなスタイルには、もはや未来しか感じないし、

このように、攻撃面ではガナーズ・スタイルを確立し、守備でもカバディ(なんかインドのやつ)並みの規律を発揮するというこの状況、当たり前じゃねぇからな!!

と極楽加藤も怒ってきそうです。

 

さらに前半26分、これまたビッグサカからのクロスをエディが押し込みアーセナル追加点!

 

「リンリンリリン リンリンリリリン♪ママみてる〜?」のフィンガー5パフォでアウェイスタンドを魅了するエディ。

いやぁ、それにしても、ここまでヤンガナが頼もしいと思ったことありましたかね?

カップ戦はヤンガナが入ってるといっても、なんやかんやそこそこシニアが入ってたもんだけど、ここまでヤンガナにおんぶに抱っこの展開はちょっと記憶にないですね。。。

北に足向けて寝れませんよ、マジで。

 

そうなると黙ってないのがチェリーズの皆さん。

「ナウなヤングのクセに、よくも俺たちをコケにしてくれたな!!」とバカリ、後半はクラッシャーに大変身。

ベンチから「隙あらば潰せ」の指示でも出てるのか、露骨にぶっ壊しにくるというガチムチサッカーを展開。

ってか、チェリーってここまでガチムチやったっけ???と驚きを隠せません。。。

その勢いに飲まれるかのように、ロスタイムに一点を返されてしまいますが、100分を超える大相撲を制したのはアーセナル!

ヤンガナでFAカップ5回戦進出です!

 

しかし「やった!!」と手放しで喜んでもいられません。

この日絶好調だったムスタヒがストレッチャーで退場…。

俺には無事を祈ることしかできない…!

 

さて、FAカップ5回戦は、ポーツマス!ポーツマス!昇竜拳!昇竜拳!でおなじみ、同じ港町ボーンマスの右隣のクラブ・ポンペイこと、ポーツマスと対戦です。

ポーツマスといえば猫ひろし、古くは川口能活が所属し、我らがレジェンド、トニー・アダムスが監督をしたことでも有名な名門クラブですが(あ、ソル軍曹もいた!)、

以前はプレミアのそこそこ中堅クラブだった栄光は今は昔、現在はリーグ3部なんだそうです。。。

そうなんやなぁ…

大晦日とかエミレーツで試合してたのになぁ…

時の流れを感じざるおえないよ!

 

ところでこの日もVAR的なものが何回かあったのですが、

ロスタイムのボーンマスのゴールの瞬間のVAR映像は、オフサイとは全く関係ないとこばっか見せられたあげくロスタイム無駄に延長されたりとか(100分超!)

アホキンソンとマイクディーン、やっぱお前らただただVARやってみたいだけやろコラ!タココラ!!

ってことがわかって楽しかったです。

というわけで次は週末バーンリー戦!引き続きよろしくね!

COYG!!

 

あ、そうそう!後半セバッさんがついに復帰!ってことでセバッさんのパエリアチャントも覚えちゃいなよ♪

消される前にダイジェスツ!

コメント

  1. 343 より:

    サカはレフトバックとして銀河系代表レベルですね。他のことは勝ちまくりながら考えるしかありません。

  2. ビガロ より:

    ベンゲルは退任する前に出来る限り良い形で後任に譲りたいと常々言っていた。
    その芽を信用するアルテタ。ロマンあるなー