「人間だもの」プレミア19-20 アーセナル v シェフィールド・ユナイテッド

v シェフィールド・ユナイテッド エミレーツ・スタジアム

Arsenal 1-1 Sheffield United

Sat Jan 18 – 15:00 Emirates Stadium

スターティング: やっべ!新シーズン始まっちゃったから本腰入れて更新しなきゃ!

ラカZ

ガビー 高田先生 ケンゴ

シャカ マテキン

ビッグサカ ルイルイ パピー 三代目

レノ様

■ゴール: ガビー (45)/J. Fleck (83)

■ 交代:
74 ラカZ → エディ

■レフェリー: マイク・ディーン & VAR アホキンソンの最凶タッグ

 

スポンサーリンク

 

昇格組なのに6位。

絶好調中畑清です!!

という好位置をキープしているシェフィールドとの一戦。冬の週末、日も落ちかけの昼下がりの午後、参戦して参りました。

そして初のユーチューブライブもやってみましたよ。

このように、時折、試合前の模様や、質問ライブ的なものをやっていこうと思いますので、ご興味のある方はチャンネル登録おなしゃす!

 

というわけで、選手入場。

 

本日のスタメンはこちら!(だだん)

マテキン復帰。

サスペンドのバーミヤンに代わりガビー。

ケツをハムッた親方に代わりビッグサカ。

そしてなんとCBにムスタヒ!!

どうやらパピーが風邪ったようなのですが、

ほっかむりを信じよ!!

 

ムスタヒCB、その伏線はありました。

実はこの試合前日、アーセナル公式のYouTubeにムスタヒの声明がアップされていたのです。

「何故僕はSNSを遮断したのか?」

これは涙なしでは語れないお話なので、いつか取り上げたいと思いますが、ざっくりいうと、以前このブログでも記事化したシュピーゲルでのインタビュー。

語っている事は大体これと同じで、SNSの問題点、さらにはCBというポジションの難しさについて激白しています。

そーなのよなぁ。

「霜降り明星」のせいやも言ってたけど、CBという一番難しいポジションの割の合わなさな…

とか語り始めたら試合どころじゃなくなっちゃうのでこの辺にしときますが、、、

とにかく、信じた甲斐がありました!!

いつ何時でも「ガンガン行こうぜ」モード、ワンランク上の格上チーム、シェフィールド。当然一筋縄ではいきませんでしたが、我慢に我慢を重ねた前半ロスタイム、ついに結実。

超新星ガビーが、難しいクロスをダイレクトに押し込みアーセナル先制!

今季9ゴール目!!

デビューシーズンでいきなりのこの活躍に、スタンドもやんやの大歓声であります。

このエメリの置き土産の活躍で久々「Sweet Caroline 聴けんのか!!」と思われたホーム戦でしたが、

いやぁ、これがプレミアよな。。。

83分、相手の勢いに任せるように地面に叩きつけたボールが、まるでブラックホールに吸い込まれていくかのように、そのままアーセナルのゴールに吸い込まれていく何か…。

 

永遠(とわ)に……(言ってみたかっただけ)

 

ブラックホールというのは、光さえも飲み込んでしまうでおなじみのアレだけど、いやぁ、歓声やらなにやら、全てのものが一瞬にして飲み込まれて逝ったよね…。

がしかし、

俺の希望の光的なものは一切飲み込まれてはいない!!

この日も見え隠れしたクリエイティビティ。

以前はリングス・グルジア、ビターゼ・タリエルちっくだった単調な攻めも、徐々にリングス・ロシア感を取り戻してきたし、もはや俺には希望しかないのです。

次節火曜日(日本は水曜早朝)チェルスコ戦だけど、チェルスコも今節は新城相手に敗退というわけでね、今は途中息切れ発展途上のコピロフだけど、ニコライ・ズーエフくらいまでアガっていければ「ワンチャンあんぞ!」という気がしています。

ちなみに、このチェルスコ戦は俺も無事参戦できることになったので、俺たちの生き様、しかとこの目に焼き付けて参ります!

目指せヴォルク・ハン!

COYG!!!

 

ところでケンゴのVAR問題。

「ぺぺのやつガッツリ足かかってたけど、どーなん???」ってやつ。

これを語り出したら長くなりそうなので、ちょっと別記事にしましょうかね。

ただひとつだけ言っとくと、それもひっくるめてのフットボールだと思ってる。

「すっごい滑る」時だってあるよ!!

人間だもの。

消されないダイジェスツ

コメント

  1. 343 より:

    アルテタが、ベンゲルの正当な後継者とわかったときFAは手のひらを返した。私はレフリーの給料を10倍(必要なら100倍)にすることを提案します。