「渾身の帳尻合わせ大成功!」俺たちのEL!リエージュ v アーセナル

Standard Liege 2-2 Arsenal

Thu Dec 12 – 17:55 Stade Maurice Dufrasne

スターティング: やっべ!新シーズン始まっちゃったから本腰入れて更新しなきゃ!

ラカZ(C)

ビッグサカ ネルソン提督 スミス朗

KATSUMI ウィロッ君

ルイルイ パピー マーボ君 3代目 

マルちゃん

■ゴール: ラカZ(78) ビッグサカ (80) / Bastien (47) Amallah (69)

■ 交代:
70 パピー → ガビー
78 3代目 → NIGO
85 スミス朗 → バーミヤン

■レフェリー:

 

スポンサーリンク

 

ヨーロッパリーグには魔物が棲んでおります。

まるでジェットコースタームービーのような、90分に凝縮された物語!

いったい何が起こったか!?

振り返ってみましょう。

 

先発は若手中心のスカッド。

そして隊長をラカZが努めます。

 

にしてもピッチがゴミ!!

 

このゴミ馬場に大苦戦のアーセナル。

ぬかるみに足を取られるためか推進力がぶっ壊れ、一切前に運べません。

にしても酷いよこれは。「スタジアムオブオブライト」で戦力低下するのと同じ現象で、前半全くイイとこナッシング!

後半はどろんこピッチの地の利を生かしたリエージュが、ノリノリで先制。

また、裏で行われているフランクフルトがヴィトリアに逆転し、勝ち点でアーセナルを抜きグループリーグ首位に。

それでもボクらは生きている。

 

そして69分、リエージュがさらに追加点で2-0と突き放します。

 

でも大丈夫。

 

5-0まではオッケーだから。

 

しかし事態を重く見たフレディの采配ドンズバでした。

若干不安定感のあるパピーを下げ、神童マルティネッリ a.k.a ガビーを入れたあたりから一気に潮目が変わります。

流れるようなパスワークから、最後はビッグサカのサイドからのクロスにラカZ頭で合わせ一点差と詰め寄ると、その2分後、今度はビッグサカ自ら切れ込み、狙いすましたように放ったシュートがゴール右隅に吸い込まれるようにイン。

一気に同点に。

そしてなんと、裏ではヴィトリアが3-2と大逆転。

アーセナル勝ってないのに再び首位浮上!

 

まぁ、よほどのことがない限り、ぶっちゃけ同点でも首位だし、最悪でも2位抜けは確定。

しかしフレディ止まりません。

残り5分バーミヤンを送り込み、最後の追撃開始!

という攻めダルマ。

 

完全勝ちに来ました。

 

でもねこの「勝って抜けよう」という気持ちこそがチームを鼓舞。最後の最後まで攻め抜き、0-2から2-2ドローという結果をもたらしたのです。

これで我々アーセナルは、ELグループリーグ首位抜けという最善の結果で有終の美を飾ったのでした。

うん、よくやった!(特にヴィトリア!)

いやぁ、これ死の組だよ死の組(カップラーメンすすりながら)。

でもさ、

最後の最後、帳尻合わせ大成功!

フレディもってる!!

 

ここ最近はメンタルやられて、先制されたらそのままズルッズルだったけど、今のアーセナルは徐々にではありますが、蘇りつつあるような気がしますよ、うん。

つーわけで、週末シッティ戦から始まる年末年始地獄のロード。

俺は楽しみでしかない。

COYG!!!

消される前にダイジェスツ!!!

コメント

  1. より:

    ざこすぎだろガナ
    こんなカスステージで一時でも三位ってw…

  2. グナ初段 より:

    今は負けなければ良い!リュングベリには悪いが、新監督来るまでの辛抱だ!