スポンサーリンク

「こち亀本田タイプ!?」ベルギーの若手有望株MFアルベール・サンビ・ロコンガついに公式降臨!

サンビ、Welcome to Arsenal!!

スポンサーリンク

サンビ・ロコンガ ついに公式降臨!

先日レンジャーズ戦でも匂わせ爆発!

既に秒読み段階とみられていたアンデルレヒトの若手有望株MF、アルベール・サンビ・ロコンガがついに公式降臨です。

移籍金は噂通りの€17.5m + アドオン。

当初€15mで入札したアーセナルに対し€20mを要求していたといわれるアンデルサイド、間をとってどこかで決着がつくのでは?と思っていましたが、マジ綺麗に間を取ってきました。

そして肝心の背番号は23。

アルシャビン、ウェルベック、ダヴィド・ルイスの意思を継ぐ、アーセナル最高峰の闘魂ナンバーです。

サンビ・ロコンガのプロフィール

ここで簡単にプロフィールを紹介。

本名: アルベール=エムゴヨ・サンビ・ロコンガ
生年月日: 1999年10月22日(21歳)(※2021年7月現在)
出身地: ベルギー・ブリュッセル(国籍 ベルギー / コンゴ)
身長: 公称183cm(押尾学容疑者と同じくらい)
通常体重: 73キロ
ポジション: MF
利き足: 右足

ロコは、ベルギーの首都ブリュッセル出身の21歳。

ジャカ、ウーデゴールの代わりとなる機動力を持つであろう、ベルギー若手有望株のMFです。

第一号のタヴァレスと比べても、年齢・身長・体重・フォルム、どれをとってもマジどっちがどっちかわかんないくらいのシンクロニシティなので、このシンクロタッグ、かなり期待が持てます。

またキャリアも2014年のユースからアンデルレヒト一筋。

しかし今回アンデルレヒトの財政難によって移籍を余儀なくされた孝行息子です。

アルバート・サンビ・ロコンガのプレースタイル

ダイナミックなドリブルを武器に縦横無尽ピッチを駆け回る生粋のドリブラー。ボックス・トゥ・ボックスの役割でも戦える選手とのこと。

一時ベルギー代表にも選出されており、21歳にして今回のユーロ2020の予備メンバーにも名を連ねていることを見ても、期待の大きさが伺えます。

ベルギー代表としても、アンリとは既に邂逅済み。

また彼の兄だったポール=ジョゼ・ムポクは、以前トッテナムのアカデミーでプレーしていたこともあり、ノーロン赤い方の素晴らしさは耳に入っているはず。

以上ざっくり紹介してまいりましたが、

いやもうね、何がってね、

目がめちゃめちゃキレイなんすよ!(まるでキャンディ・キャンディやないか…)

俺はもうそれだけで十分!!!

ロコ、Welcome to Arsenal!!

そして早速チームに合流したロコンガ。

アメリカ巡業でデビューなるか!

P.S.

でもね、この写真、全くの同一人物とは思えないのよな…

ピッチに入れば人格が激変する「こち亀」本田速人タイプかもしらん。。。

色んな意味で楽しみな、アルベール・サンビ・ロコンガさんなのです!

【最新動画】「デンベレ問題とは何か?」元某サッカーマガジン編集部、元フランス在住でフランス代表にもめちゃめちゃ詳しいグーナー谷さんに訊く!

デンベレがやっちゃった背景、おフランス都市部と田舎の差別観の違いから代表崩壊の理由まで是非これだけは見て欲しい内容。子守唄代わりに是非!



↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【全試合放送】プレミアついに解禁!1ヶ月無料♪
【最新動画】「デンベレ問題とは何か?」元某サッカーマガジン編集部、元フランス在住でフランス代表にもめちゃめちゃ詳しいグーナー谷さんに訊く!

デンベレがやっちゃった背景、おフランス都市部と田舎の差別観の違いから代表崩壊の理由まで是非これだけは見て欲しい内容。子守唄代わりに是非!



↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【全試合放送】プレミアついに解禁!1ヶ月無料♪
妄想記事を描いている猿

アーセナルのせいで日本に帰国できなくなった非国民、出家信者。「妄想8割・ガセ2割」をモットーにアーセナルのエア情報を垂れ流す意識低い系ブロガーとして、日本人グーナーのメディアリテラシー向上に貢献すべく、ほぼ毎日ブログを更新中。

さる@グナーをフォローする
関連記事
サンビ・ロコンガ
スポンサーリンク
さる@グナーをフォローする
Arsenal (アーセナル) 猿のプレミアライフ

コメント

  1. 343 より:

    BGMはJJROSA曲は何でもいい。まぎれもなく天才である。圧倒的なまでに美しい。私はなぜこの人を今日まで知らなかったのか。この文章はもちろんホワイトへの期待である。同時に英国への期待でもある。ロコンガもそうだと思う。

タイトルとURLをコピーしました