スポンサーリンク

【奇跡の一日を見逃すな】伝説のアーセナル映画『89』が「ヨコハマ・フットボール映画祭」で日本限定公開!

ヨコハマ・フットボール映画祭

1.25は奇跡の一日。

グーナーのみんなに、とんでもなく耳寄りなお知らせだよ。

かねてより日本上映を勝手に懇願していた伝説のアーセナルムービーが、ついに字幕付きで上映されることが決定!

 

スポンサーリンク

伝説のアーセナル映画『89』が「ヨコハマ・フットボール映画祭」で日本限定公開!

1月25日に行われる「ヨコハマ・フットボール映画祭2020」にて、アーセナルのあの伝説のドキュメントムービーがついに公開されることになりました!

それがこちら!!(だだん!!)

89 The Film

『89』The Film

『89』The Film とは何か?

『89』The Filmとは?

1989年5.26(ゴーテンニーロク) 、イングリッシュフットボールリーグ・ファーストディヴィジョン88-89最終節。首位リバポー勝ち点76、2位アーセナル勝ち点73。そんな中要塞アンフィールドで行われた文字通りの最終決戦、直接対決。アーセナルが優勝に必要な点は2点差以上という、好調リバポー相手ではわりと無理ゲーな状況の中、

52分、このシーズンの得点王アラン・スミスが頭で先制し残り一点!と詰め寄ったままロスタイム突入。しかし当然、老かいな時間稼ぎ発動のリバポー。そして迫り来る終了の笛。

誰しもが諦めかけていたその瞬間・・・を描いた、

アーセナル史上最高といっても決して過言ではない、輝かしい瞬間を切り取ったドキュメンタリー・フィルムなのであります!

これこそが、皆さんご存知ニック・ホーンビィ・パイセンの自伝的小説を映画化した『FEVER PITCH』(邦題: ぼくのプレミア・ライフ)の、あのエンディングの死闘なのです。

 

そしてこのヤベえプロモな。

プレミア前夜、チェルスキーとシッティなんか、影も形もなかった古き良き時代のイングランド。

「IT’S NOT JUST ABOUT THE GAME」
(これはただの試合なんかじゃない)

「IT’S ABOUT BELIEVING」
(信じるという物語だ)

「NEVER GIVING UP」
(でもやるんだよ)

「NOTHING IS IMPOSSIBLE」
(俺達に不可能はない)

これだけで、鳥肌。

これを実際、あの時代に目の当たりにしていたとしたら、今の”あっけなく大逆転されてしまうチーム”に中指も納得だし、このピッチに立っていた賢人達の、現在の選手に向けた辛辣な愛情表現にも、ただただうなづくしかないというか。

もちろん現在のクラブ間にそびえる圧倒的戦力の差はあれど、しかし「それでも!」という気概の見えない現代(いま)の選手達に対するレジェンド達の苛立ちが、当時を知らなかった俺の胸にもビッシビシ突き刺さるのです。

魔法だ。

この試合は一生抜け出せない、絶対服中の魔法だよ。

そしてエミレーツ前に敷き詰められたメモリアルのタイルには、この日のことがいくつも刻まれています。

89′ BEST EVER
(89′ は俺史上最高)

あれを魅せられたら、魔法から抜け出せないのもわかるよ……。

 

とまぁ、

KOPじゃなくても哭ける「愛と感動のガチドキュメタリー映画」

だと信じて疑わなかったのですが・・・。

 

それは、とんでもない間違いでした。

 

『89』それは、アーセナルにしかなし得ることのできない「喜劇」だったのです。

笑って泣いて笑って哭いて、そして笑って最後に泣ける、間違いなくアーセナルにしかなし得ない最高の喜劇。

その理由とは?

 

それは、是非この映画を観て、体感していただきたいのです。

『89』そんな伝説の映画どこで観れるの?

さて肝心のこの映画がいつどこで公開されるのか?

詳細はこちら!(だだん)

1月25日(土) 14:20
『89 』【無料上映】

 
ジャパンプレミア
1時間27分 | イギリス | 2017年 | 89 | 監督:デビッド・スチュワート
88-89シーズン最終節。2位アーセナルが逆転優勝するには、アンフィールドで首位リバプールに2点差以上での勝利が必要だった。
ロスタイムに入り、誰もが諦めかけたその瞬間…。
サッカー史に残る大逆転劇を再体感するドキュメンタリー。
プレミア以前のスタイルもみどころのひとつ。
Big Shot Features Limited 2017. All rights Reserved.

この告知を見て、なんかおかしいと思いません?

そう、

【無料上映】

ってとこ。

そうなのです。このイングランドを揺るがした、最高のドキュメンタリーフィルムが、

なんと「無料」なのです。

 

はぁぁぁ!?

無料!?!?

なんで!?!?!?

『89』無料上映のワケ

KOP界隈のみならず、銀河系をも揺るがした、極上のドキュメンタリー映画が何故無料上映なのか?

不思議ですよね?

ね??

それにはこんな理由がありました。

 

プレミアやらなんやらの映像の権利が複雑に入り組んでるだかで、

「もし放映するなら無料で」

というのが、この映画の上映条件だったようなのです。

 

でもね、よく考えてもみてくださいよ。。。

会場借りて、字幕つけて、その他諸々経費もかかって、それが「無料」ってどう考えてもおかしいんだよね。

でもヨコハマ・フットボール映画祭主宰の福島様は、あえてその条件を飲んででもこの映画を上映までこぎつけてくださったのです。。。

 

神ですか?

 

福島さんありがとうございます。。。(ドゲザー)

でもね、ここで女神降臨ですよ。

「せめて諸経費くらいは出せるように!」ということで、我らがカオリンが立ち上がってくれたのです。

『89』でカオリントークショー開催!

上映までの経緯ならびに、まさかの「無料上映」の理由はおわかりいただけたかと存じます。

でもさすがに、キツイみたいなんですよ。やっぱね、そらそーよ。そらそう!

世の中タダより高いものなんてないんだから。

そんな中ですよ、カオリンが、ひと肌もふた肌も脱いでくれました!

なんと、上映前に、カオリントークショー開催決定!!

 

上映前カオリンのガチグナトークを聞いてから、是非『89』上映をお楽しみください!!

ってこと!

笹旅の話もちらっとでちゃうかもだし、ロンドンの話やトニーアダムスのドヤ顔の話だって飛び出しちゃうかもしんない、ガチの人必見の内容間違いなしですから、

前半カオリントークで身体をあっためてから、後半の上映に臨むという、グーナーならではの至福のひと時を是非お過ごしください!

 

でもね、それで終わらないのが、我らがアーセナル、グーナー界隈ですよ、えぇ。

当日、グナの聖地バッカスにて、第8回「グナで新年会」開催決定!!

第8回「グナで新年会」開催決定!!

なんとこの日、グーナーの聖地池袋バッカスで、第8回目を迎える「グナで新年会」が開催決定です!

映画祭は店長も参戦するみたいだから、それ終わりで新年会に駆け込むっていう、そーいうやつ!

バッカス店長の皮算用はこちら。

14:00〜 カオリントークショー
14:20〜 89
17:02発 関内 根岸線
17:08発 横浜 湘南新宿ライン快速
17:56 池袋着地
18:15 バッカス着!!
18:30 グナで新年会スタート!!

見よ!秒も無駄にしない完璧なスケジュール!

しかも参加者にはこんな特典が!!

 

カオリントークショーチケットを提示で新年会が500円OFF!!

 

笹旅に参戦し、奇跡のユナイテッド戦をその目に焼き付けた店長主催の「グナで新年会」。

こりゃもう、カオリントークショーと新年会はしごするしかねーだろって!マジで!

『89』関連記事まとめ

『89』関連の記事はこれまで何度か書いているので、興味のあるグナ&KOPは是非。

 

伝統と格式のリバプールを相手に展開する最高の喜劇『89』。

エンドロールを見終わったとき、きっとあなたは涙する。

もしグーナーであるならば、1.25 奇跡の一日を見逃すな。

 

 

↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【全試合放送】プレミアついに解禁!1ヶ月無料♪
↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【全試合放送】プレミアついに解禁!1ヶ月無料♪
妄想記事を描いている猿

アーセナルのせいで日本に帰国できなくなった非国民、出家信者。「妄想8割・ガセ2割」をモットーにアーセナルのエア情報を垂れ流す意識低い系ブロガーとして、日本人グーナーのメディアリテラシー向上に貢献すべく、ほぼ毎日ブログを更新中。

さる@グナーをフォローする
関連記事
アーセナル動画
スポンサーリンク
さる@グナーをフォローする
Arsenal (アーセナル) 猿のプレミアライフ

コメント

  1. 雷小僧 より:

    行きます!!

  2. […] 【奇跡の一日を見逃すな】伝説のアーセナル映画『89』が「ヨコハマ・フットボール映画祭」で日本限定公開!伝統と格式のリバプール相手に展開する最高の喜劇『89』。エンドロールを […]

  3. […] 【奇跡の一日を見逃すな】伝説のアーセナル映画『89』が「ヨコハマ・フットボール映画祭」で日本限定公開!伝統と格式のリバプール相手に展開する最高の喜劇『89』。エンドロールを […]