「SNSでの誹謗中傷に心身ともに限界」グラニト・ジャカ公式声明全文

ジャカの公式声明です。

 

スポンサーリンク

 

「心身ともに限界」グラニト・ジャカ公式声明を発表

先週末のクリスタルパレス戦、交代時にブーイングを浴びた際、サポーターを必要以上に煽ったとして槍玉に上がっているジャカが、この度公式に声明を発表しました。

その全文です。

日曜日の出来事を自分の中で整理してみた。その話をしてみたいと思う。

自分の交代の際に起きたあの出来事は、正直深く俺の胸を切り裂いた。俺はクラブを愛しているし、常に100%捧げるつもりでピッチに立っているからだ。

だがファンに理解されないという気持ち、そしてこの数週間、数ヶ月に渡り繰り返される試合でのヤジやSNSでの誹謗中傷に正直心身ともに限界だった。例を挙げれば「お前の脚折ったろか」や「嫁を殺す」、そして「お前の娘がガンになればいいのに」など数え上げればきりがない。そんな積み重ねがあの日沸点に達し、あのような軽率な行動をするに至ってしまった。

故にクラブやチーム、そして俺を純粋に応援してくれている人間をも軽視することになってしまった。正直そういう意図はなかったが、もしそう感じさせてしまったとしたら、正直スマンと思っている。

俺の願いは、皆がお互いリスペクト出来るような場所に立ち返り、純粋にゲームを楽しむことができたあの日を思い出して欲しいということだ。

一緒に前に進もう。

グラニト

マジか…

そんなことがあったのか…。

まさにSNS時代の弊害よな。

ネットがない時代の選手批判なんてのは、スタジアムでFワード叫ばれるくらいのもんで、そんな誹謗中傷選手には届かなかった。でも今は、直接選手本人に、しかも容易に「自らの意見」が送れてしまう。例えそれが人格をも貶める、脅迫めいた内容だったとしても。

プレーに対するヤジは、プロとしてお金をもらっている以上受けてしかるべきだとは思う。しかし「ヤジ」と「脅迫」は違う(そもそもこれは事件だし、特定逮捕案件だとすら思うけど)。

ムスタフィ不調の原因は「SNSでの誹謗中傷も深く関係している」と本人が言っていたけれど、そういうサポはおそらくこの世から消滅しない。まぁ正確には、人格攻撃をするような人間はサポではないけれど、そういう人間は一定数必ず存在する。結果、自らの首を絞めることになるとしても。

ジャカの投稿が掲載されたコメント欄を見た。すると「早く売れ」や「とっとと出てけ」のようなコメントがいくつも散見された。

そういうものなのだ。イジメがなくならない構図と一緒。

だからこそ、真のサポはさらに声を大にして叫ばねーとダメだろって話。

そんなしょーもない人間の声がかっ消されるくらいの声でよ。。。

 

そしてジャカ、俺に名案がある…

 

SNSのコメはもう見ないようにしよう。

 

まぁあとは、ベジェリンも言ってたけど、自分でひっくり返すしかねーよな。

そういうサポなんてマジ単純だからよ、お前がうまいことすればさくっとひっくり返るぜ。

不用意なことさえしなけりゃ、

お前はやれる、やれる男なんですよぉぉぉ!!!

 

いや俺マジで思ってるねん。

「STOP THE 不用意」

ほんとそんだけ。

 

ちなみに、ジャカがひっそりとインスタのプロフ画像を、アーセナルのキャプテンマークから代表のキャプテンマークに変更していたのをご存知でしょうか。

もう一度この画像がひっくり返るのを俺は待ってる。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ジャカの一発‼️🎉🎉🎉🙃

Saru Gooner(@saru_gooner)がシェアした投稿 –

 

コメント

  1. 匿名 より:

    ジャカもだけどーwww
    見てる人も落ち着こうなーwww

  2. SHIROAN より:

    ジャカへの誹謗中傷が本当にグナからのものだったら
    グナのレベルも落ちてるってことだな。
    情けない。連中がいなくなるか、俺がいなくなるかだな。

    • さる@グナー より:

      そういう連中は多分いなくなんないと思うんで、思い切ってやめちゃうのも手!シティとかいいんじゃないでしょうか?

      • 匿名 より:

        チェルシーがwww
        なんか補強禁止の怪我の功名でwww
        アーセナルっぽい空気まといたがってるのでwww
        乗り換え先としてはちょいオススメwww

        でも乗り換えたら3年後くらいに?www
        やっぱチェルシーだな・・・って失望する未来しか見えないwww

  3. […] 「SNSでの誹謗中傷に心身ともに限界」グラニト・ジャカ公式声明全文先週末のクリスタルパレス戦、交代時にブーイングを浴びた際、サポーターを必要以上に煽ったとして槍玉に上がっ […]

  4. […] […]

  5. […] […]