「大丈夫!」夢を叶えたブリティッシュコア、ジェンキンソン先輩からのメッセージ

ありがとうパイセン!

 
スポンサーリンク

 

ジェンコ先輩がノッティンガムの森へ

ジェンコ先輩のノッティンガム移籍が決まりました。

 

パイセンからの言葉です。

この投稿をInstagramで見る

This is a message that is hard to write so I’m going to keep it short. I’m leaving Arsenal in pursuit of a new challenge and a fresh start, and ultimately to play regular football again. I can’t really put into words what it has meant to me to play for this club, but what I can say is I have truly lived my dream. This brings me to you, the proper Arsenal fans, as I have lived your dream too. It has been an up and down journey for me but I hope you all have seen how much it has meant to me and know that I have given it my all. I have played 70 games for Arsenal which if you told me I would do as a kid I would’ve laughed at you. I take many great memories and friendships from my time at this special football club, and it is a chapter in my life that I will cherish forever. I see a great future for this club under the current manager and coaching staff, and I look forward to seeing this unfold. As for now, I’ll take my seat back in the stand, as a fan, with the rest of you. With love, Jenko #afc

Carl Jenkinsonさん(@carljenkinson)がシェアした投稿 –

このメッセージを書くということは僕にとってとても難しいことだから、手短に。

僕はアーセナルを去る。再びレギュラーを掴むため、新たなチャレンジ、そして新しい旅に出る。

自分にとって、このクラブでプレーすることの意味を言葉にすることはとても難しいけれど、ひとつだけ言えること、それは、『本当の夢』が叶ったということ。

僕はひとりのアーセナルファンとして、あなたの夢を共に生きてきたんだ。

浮いたり沈んだり紆余曲折のある旅路だったけれど、それがどれほど意味のあるものなのか、あなたならきっとわかってもらえると思う。

もし子供の頃の自分に『大人になったらアーセナルで70試合もプレーするんだぜ』なんて言ったら爆笑しただろうね。

でも僕はこのスペシャルなクラブで、たくさんの思い出と友情を得ることができたんだ。だから今度は一生かけてこの想い出を大切にしていくつもりだ。

それでは最後に、監督、スタッフ一丸となり、アーセナルの素晴らしい未来に期待して。

そして今度はいちファンとして、みんなと一緒にスタンドで応援するよ。

ジェンコ

 

なんだろうなぁ…なんていうか、これほどまでサポに愛された選手はいないと思う。

もちろんアンリ、ウォルコット、ウィルシャーと、大歓声を受け無条件で愛された選手はたくさんいたけれど、アップするだけで「おいジェンコ!」と声をかけられ、ピッチに入れば「ヒューヒュー!」と黄色い声援を受け、ミスをしても「ったくー、しょーがねぇなぁ」と苦笑い。そんな草の根レベルで可愛がられた選手は他にいないような気がするのですよ。

みんな知ってんだよね、ただのガナキチだってことを。

そらぁわかるよね、こんな写真が出回ればさ。

「こいつ俺たちの代表だからよ!」って。

そんな感じで、スタジアムでは無条件で許される存在で。

ほんとみんなの夢を叶えた、ただのガチグナだったジェンコ先輩

 

出待ちしていると、入団したばかりのジェンコが出てきたことがあって、乗っている車が、「お前それ実家のやつだろ!」っていう、母ちゃんが買い物時乗ってるみたいな四人乗りのちっさいポンコツで、そこに友達だか兄弟だかをぎゅうぎゅうに詰めこんで帰っていったことがある。

↓ちなみにネルソンの車がこれなんだけど、、、

ルイス・ネルソン

普通そうなってもおかしくないよ!

でもそれからしばらくして今度は若干大きめの車で出てきたんだけど、それでもなんかカローラみたいなやつでさ…

「もっといい車乗れよ!!!」

なんて言ったりして。

そういう先輩でした。

 

そんなパイセンがノッティンガムの森に。

まぁとりあえず、森で迷うなよ!

そんで、なんなら、レギュラー獲ってこい。

 

そんな声が、どこからともなく聞こえてくるような気がする。

そして、田舎だからエミレーツとはちょっと離れちゃうけど、落ち着いたらいつでも遊びに来いよ。

今度は好き放題ヤジ飛ばしたったらえーやん。

なんてのも。

 

それでは最後に、ジェンコ先輩にこの曲を贈ります。

眉村ちあきで「大丈夫」

 

ジェンコ先輩ありがとう。

そして、ブリティッシュコアは俺たちの心の中に永遠に。



ヌードズキッチンガナーズ コラボT INVINCIBLE RAMEN T バナー
フレディ is Back! Invincible Ramen-T 詳細はこちら!

XFA様新作続々!



プレミア全試合配信!(1ヶ月お試しゼロ円!)



↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ


ヌードズキッチンガナーズ コラボT INVINCIBLE RAMEN T バナー
フレディ is Back! Invincible Ramen-T 詳細はこちら!

XFA様新作続々!



プレミア全試合配信!(1ヶ月お試しゼロ円!)



↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
妄想記事を描いている猿

「ガセ2割・妄想8割」をモットーに、アーセナルのエア情報を垂れ流す意識低い系ブロガー。日本人グーナーのメディアリテラシー向上に貢献すべく、ほぼ毎日ブログを更新中。

さる@グナーをフォローする
関連記事
ジェンキンソン先輩一口メモ
さる@グナーをフォローする
Arsenal (アーセナル) 猿のプレミアライフ

コメント

  1. 猛獣 より:

    サポートしているクラブでプロになるってどれだけの喜びなのだろう。またそこで必要とされなくなった悲しさもどれだけのものか。
    ジェンコ先輩、フロントが悔しがる活躍をされることお祈りします。

  2. Ozzy より:

    泣ける。
    偉大なるジェンコ。ありがとう。元気で。

  3. TR より:

    XFA様、俺たちの大先輩であり永遠のbrother,ジェンコTシャツを何卒お願い致します。