スポンサーリンク

【必見!】アレクシスのコンフェデCMが色々神ってる件

アレクがおじいちゃんです。

 
スポンサーリンク

 

ロシアで絶賛熱戦が繰り広げられているコンフェデレーションカップ。

どういう理由でこの大会が行われているのかよくわかりませんが、、、

あ、いや今わかりました!

もしやワールドカップのリハーサル?ですね!?

なるほど!

 

はさておき、このコンフェデ決勝にムスタヒとアレクが進出、アーセナル同士の対戦となる事が決定致しました。

おめでとうございます。

お二人にはとっとと優勝してもらい、すぐにでも砂浜にね転がって欲しいもんですが、それでもとにかく勝ちたくて勝ちたくてしょうがない未来のアレクがこんな動画を公開していましたので、どうぞご覧ください。

 

 

これスペイン語だし、なんだかよく意味も分かんないし、何の気無しにみてたんですが、ちょっとgoogle先生の力を借りてザックリ翻訳してみたところ、180度転換!なんだか素晴らしい動画である事が判明!

ちょっと俺なりの解釈で書き起こしてみたのでご覧ください。
(スペイン語が天才のあなた!もし違ってたら絶賛ダメ出しください!)

 

80歳のアレクおじいちゃん。

今からきっと52年後くらいのお話。

 

おじいちゃん with 犬 「かえったよ」(やっぱ犬!)

孫 「おじいちゃん、おかえりー」

おじいちゃん 「なんか食べたかい?」

孫 「まだだけど、宿題しないといけないんだー。なんか昔の歴史の出来事をまとめないといけないんだけどさー」

おじいちゃん 「…それなら一つ、わしが協力出来そうなことがあるぞ?チリが黄金時代だった頃の話じゃ。昔むかしな、チリは歴史を作ったんだよ」

孫 「どこで?」

おじいちゃん 「それはな…ロシアだ」

〜街の歓声〜

孫 「その時の事おぼえてる?」

おじいちゃん 「あぁ、昨日の事のようにおぼえてるとも。そして、ドイツとの対戦はな、今でも語りぐさだよ」

孫 「一人でみてたの?」

おじいちゃん 「いいや、1700万人全員が観てた。それはそれはもう、街中がお祭り騒ぎさ。街中が真っ赤に染まってな、熱かったよ」

〜街の大歓声〜

孫 「その時のビデオはないの?」

おじいちゃん 「もちろん、あるさ」

孫 「それはなに?」

おじいちゃん 「これは携帯電話だ。これでみたんだ。これなら場所を選ばず、どこでも観られるんじゃ」

孫 「おじいちゃんはどこで見てたの?」

 

おじいちゃん (にっこり) 「…さぁ、勉強の続きをしようか」

 

動画から流れてくる「アレクシーーーーース!!!!!の大絶叫。

 

以上google先生の翻訳を適当に並べてみたのですが、(意外となんとかなるもんやな!)

google先生あざーす!

その訳があってるかどうかはさておき、

確かに犬はいた。

犬だけはいた。

 

おそらくこの動画、アレクがイメージキャラを務めるチリの携帯会社?『Movister』のCMなんですけど、CMにしてはとにかく良く出来てるんですよねぇ。良く出来過ぎっていうか。

まず設定として、アレクは孫にすら素性(自分がレジェンド的なサッカー選手だった事)を隠している、ただの犬好きのおじいちゃん。

そしてかわいい孫の為にちょっと一肌脱ぐんだけど、最後に実況の「アレクシーーース!!!」の叫び声がこだまする中、歴史を作ったのが自分だということは最後まで言わない(実は言ってる説は最後に)っていう、商用利用するのがもったいないくらいの素晴らしいショートムービー。

それとこのCM、コンフェデが始まる前から放送されてるヤツなんですけど、”最後アレクがゴールを決めてチリの歴史を変えた設定”は来年のワールドカップだとしても、台詞の中で「ドイツとの死闘」を言い放ち、実際決勝でドイツと対戦するあたり、CMにしてはまさに神ってるっていうか。

 

それと思ったのが、やっぱお国柄なんでしょうねえ。ワールドカップならわかるんだけど、コンフェデでこんなCMうっちゃうんだ…っていうね。

“コンフェデごとき”っていったら失礼だけど、ここまで盛り上がれる国なんだもの、そらぁアレクも命賭けて闘うよねっていう。

それを考えたら、俺は今まで極力代表戦には出て欲しくない、クラブ至上主義者の人間だったけれども、もはやアレクだけは別。

もう精も魂も尽き果てるくらい闘って来い!

むしろ優勝して燃え尽きてこい!

きっとその方が新たなスタートが切れるに違いないよ!

と、思えるようになったていうか。ならざるおえないっていうかね。

アレクに関してだけは。

 

ついでに、あともう一発、

違う赤シャツで燃え尽きてみる気は…ねえか?

 

P.S.
さいごに、諸先生方から色々ご教示いただいたバージョンです。
なるほどそう言ってたのか!…洗練された訳でもう一度ご覧下さい!(まだまだダメだし大募集中!)

 

80歳のアレクおじいちゃん。

今からきっと52年後くらいのお話。

 

おじいちゃん with 犬 「かえったよ」(やっぱ犬!)

孫 「おじいちゃん、おかえりー」

おじいちゃん 「なんか食べたかい?」

孫 「まだだけど、宿題しないといけないんだー。なんか昔の歴史の出来事をまとめないといけないんだけどさー」

おじいちゃん 「…それなら一つ、わしが協力出来そうなことがあるぞ?チリの黄金時代の話じゃ。最初のコパからか。それとも二つ目のコパからか…。」

孫 「どこからにする?」

おじいちゃん 「どこから…ロシア」

〜街の歓声〜

孫 「寒かった?」

おじいちゃん 「いや熱かった。」

〜街の大歓声〜

おじいちゃん 「最初は難しいデビューでな。そして次はドイツが歓迎してくれた。それからの事も皆知ってるよ…」

孫 「一人でみてたの?」

おじいちゃん 「いいや、1700万人全員が観てた。それはそれはもう、街中がお祭り騒ぎさ。街中が真っ赤に染まってな」

〜街の大歓声〜

孫 「その時のビデオはないの?」

おじいちゃん 「もちろん、あるさ」

孫 「それはなに?」

おじいちゃん 「携帯電話だ。これでみたんだ。これなら場所を選ばずどこでも観られるんじゃ」

孫 「おじいちゃんはどこで見てたの?」

 

おじいちゃん (にっこり) 「…歴史を作ってたよ」

 

動画から流れてくる「アレクシーーーーース!!!!!の大絶叫。

 

だいぶ俺の訳とちゃうけど、

 

勝ってこい!

 

このタイミングで、あのボス20周年記念写真集日本語版ついに解禁!(販売元はフットボリスタ様!)(そして翻訳はガチグナのYOKOさん!YES!

 

COYG!

 

TwitterとかもやってるYO!
早出し速報、エアブログの更新情報、その他全く為にならない情報満載!

https://twitter.com/saru_gooner

 

↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

 

YouTubeも絶賛更新中

「ステハゲマジで...」アンフィールド逝ってきた!

自由研究動画

自由研究第二弾!救世主・冨安健洋の全て!華麗な経歴、獲得理由、英語の秘密、人間性全て網羅!



超アーセナル入門!一撃で「名門アーセナル」がわかります



【空中戦最弱の最強右CB!】ベン・ホワイトの取説【徹底解剖】1.5倍速推奨!

「さるの自由研究」第一弾はベン・ホワイト。アルテタがハーフミリオンも払ってベン・ホワイトを獲得した理由とは?取説含め徹底解剖!



↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【全試合放送】プレミアついに解禁!1ヶ月無料♪

YouTubeも絶賛更新中

「ステハゲマジで...」アンフィールド逝ってきた!

自由研究動画

自由研究第二弾!救世主・冨安健洋の全て!華麗な経歴、獲得理由、英語の秘密、人間性全て網羅!



超アーセナル入門!一撃で「名門アーセナル」がわかります



【空中戦最弱の最強右CB!】ベン・ホワイトの取説【徹底解剖】1.5倍速推奨!

「さるの自由研究」第一弾はベン・ホワイト。アルテタがハーフミリオンも払ってベン・ホワイトを獲得した理由とは?取説含め徹底解剖!



↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【全試合放送】プレミアついに解禁!1ヶ月無料♪
妄想記事を描いている猿

アーセナルのせいで日本に帰国できなくなった非国民、出家信者。「妄想8割・ガセ2割」をモットーにアーセナルのエア情報を垂れ流す意識低い系ブロガーとして、日本人グーナーのメディアリテラシー向上に貢献すべく、ほぼ毎日ブログを更新中。

さる@グナーをフォローする
関連記事
アレクのアスパラガスバスガス爆発 アーセナル動画
スポンサーリンク
さる@グナーをフォローする
Arsenal (アーセナル) 猿のプレミアライフ

コメント

  1. Y より:

    アーセナルでお願いします!

  2. doug より:

    チリ国民の多くが、サンチェスがアーセナルに、[縛られている]のを、納得してないらしいですからね。
    たしかに、歯がゆいサッカーをするチームになってしまっている。
    CL決勝のレアル見てると、うちにはいかに規律など存在しなくなってるかがよくわかって、ショックでしたもん。
    はあ~、来季大丈夫かなあ。

  3. Ozzy より:

    イイネ!

タイトルとURLをコピーしました