スポンサーリンク

「最強の黒船襲来で新銀河系軍団爆誕!?」10倍!買収されたニューカッスルがシティ超えの金満クラブに

最強の黒船襲来です…

スポンサーリンク

買収されたニューカッスルがシティ超えの金満クラブに

10月7日とんでもねぇニュースが飛び込んで参りました。

ニューカッスル公式がこのようなトゥイートを投下。

サウジの政府系ファンドPIF主導で、PCPキャピタルパートナーズ&ルーベン・ブラザーズがニューカッスルを買収完了。

その額推定3億ポンド(約455億円)。

一時期メッシが200億円と言われていたので「え、そんなお値段?」と若干頭がバグっていますが、メッシがバブってるだけで相当高額なお買い物です。

そして公式が放つ「AMBITION」というメッセージ。

「AMBITION」とは「野心」。

古豪マグパイズがこっから一気に巻き返すぞ!の意思表示であり、

「プレミアリーグに最強の黒船が襲来」

これもハッタリではありません。わりとマジガチなやつ。

てか、ぶっちゃけ、このサウジこそがプレミア最後の大物と言っても過言ではないのです。

一昔前のプレミアリーグといえば、オーナーは地元の名士だったり、イギリスのセレブだったりした時代がありました。

しかしそんな牧歌的な時代は今は昔、現在は資産3兆円とも言われるマンチェスター・シティのオーナー、アブダビの大富豪シェイク・マンスールを筆頭に、チェルシーのオーナー、元祖油屋ロシアのアブラモビッチは資産約1兆円、そしてマンチェスター・ユナイテッドを借金まみれにしたでおなじみのアメリカ・グレイザーファミリーなど、世界最高峰のプレミアリーグには世界中から名だたるビリオネア、否、トリリオネアが参戦し、もはや大富豪によるウイイレの様相。

当然我らがアーセナルも御多分に洩れず、総資産額9000億円とも言われるアメリカの大富豪クロエンケの趣味の一つとしてビジネス展開されております。

そこに現れた新たな黒船、それが今回ニューカッスルを買収したサウジ。この船がまたレェベルが違うのです。

このサウジ系ファンドPIFの総資産額は一説によると3200億ポンド(約49兆7500億円)相当と言われており、これはシティの約10倍以上。

もはやなにやら意味がわかりませんが、普通にその辺の国の国家予算を持つ謎の組織がプレミア上陸を果たしてしまったのです。

↓2020年7月時点でこんな感じ。

1993年第一回のUFCを圧倒的強さで制したホイス・グレイシーは、試合後こんな言葉を残し世間の度肝を抜きました。

「私の兄は10倍強い」

そうなのです。このプレミアの舞台に400戦無敗の漢、ヒクソン・グレイシーがついに襲来!と言えば昭和世代のあなたにはわかりやすいでしょうか。

ヒクソン登場前と後では、日本格闘技界隈も取り巻く様子も激変しました。

『PRIDE1』でヒクソンに破れた髙田は戦犯扱いされ、プロレス界を追われると同時にプロレスが衰退。日本格闘技・プロレス界では大きな地殻変動が起きました。

それくらいの大事件を引き起こした「クロフネ」それがヒクソンであり、このクロフネ襲来は、プレミアの勢力図を塗り替える大事件となりえるわけです。

ニューカッスルはプレミア最強となりえるのか?

一夜にしてプレミア最強のリッチクラブとなったニューカッスル。

しかしことプレミアにおいては「アブラモビッチがチェルシー買収後即優勝」という、ヒクソンほどの激変は“すぐには”起きないと思われます。

それが、アブラモビッチ就任時にはなかった新たな縛り「ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)」の存在。

ファイナンシャル・フェアプレーとは、クラブの健全経営を求めるため導入されたUEFAの制度(各リーグに独自のFFPが導入されている場合もあります)。

ファイナンシャル・フェアプレーとは?

UEFAに加盟するクラブは、支出が収入を上回ることを禁ずる(支出には移籍金や人件費等が含まれる)

オーナーのポケッツマネーや借入金で赤字を補填することを禁ずる

以上2点ですが、ざっくりいうと、

「金にモノを言わせたウイイレの禁止」

そういうことです。

基準を満たさなかったクラブは、罰金にプラスしてUEFA主催の大会、チャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)への出場権が剥奪されます。

しかし、抜け道があるのも事実。

シティは多額のスポンサー収入がエティハド航空を経由したオーナーによる投資(いわゆる粉飾決算的なやつ)ではないか?と判断され、2季のCL出場禁止が言い渡されましたが、CAS(スポーツ仲裁裁判所)により処分が撤回されたのは記憶に新しいところ。

このような法の隙を縫った、「処分されないための策を講じる」というのがお金持ちクラブのトレンドとなっています。

ただ、裏道を抜けなくても、時間さえかければ補強は着実に行えるわけで、トップ6どころか、ビッグ4入りも時間の問題です。

また、若手育成やスタジアム整備の支出は対象外となっているため、チェルシーやシティなどは若手育成の施設などにも多額の資金を投入。当初の金満経営からの脱却を目指すなど一定の評価を得ています。

このように、10年単位のプロジェクトで古豪復活なども容易にあり得るわけです。

「宇宙最強のクロフネ襲来」さるの見解

さて今回の「宇宙最強のクロフネ襲来」を俺はどう思うのか?

ですが、

個人的には「どんどんやれ!」のスタンスです。

もはや「フットボールはマネーゲーム」ってのは公然の事実なんだから、今更驚かないし、むしろここまで振り切れてりゃ逆に気持ちいい。

感覚的には、エリック・ビショフを頭に、ホーガン、nWoスティング、ナッシュ、ホール、ゴールドバーグ、シックス、ショーン・オヘアとか、WWEにWCW&n.W.oが攻めてきたくらいにしか思わないプロレス脳です。

なので、もうさ、罰金なんかバッチコイ!オーバが駐車場感覚で路駐して駐禁切られる感覚で、ガサッと金にものを言わしてスーパースターかき集めて、デカイ花火打ち上げて欲しいと思うわけです。

つーわけで、俺が冷静に導き出したヌーカッソー・スーパーイレブンはこちら!

ハーランド ネイマール ロナウド ロナウジーニョ メッシ アグエロ ムバッペ レヴァンドフスキ ウィロック

カンテ

ノイアー

布陣: 0-1-9

監督:ビッグサム

新銀河系軍団アゲインの布陣は0-1-9。放り込みの名手ビッグサム指揮の下、スーパースター達が勝手に動き回ります。

「守備おらんやんけ!!」という皆さんご安心ください。

守備は一切必要ありません。

ポゼッション99%の圧倒的攻撃力で全クラブを完全粉砕、残りの1%はカンテが全て刈り取ります。

運悪くそこから漏れたものは守護神ノイアーが全てブロック。そこから前線にハイボール一発でまたゴールラッシュで圧勝です。

いやぁプレミアでこれが見れるとか、夢しかねぇなぁ…。

と思ったけど、

スコットランド国境みたいな未開の辺境の地くんだりまでスーパースター来んの!?

っていう地政学的問題に関しては俺にはどうしようもありません。あらかじめご了承いただきたいところなのですが、

でも大丈夫!

気候はあったかそう!

ニューカッソーの健闘をお祈りしております!(人の健闘お祈りしてる場合じゃ無くなってくる時代がすぐそこまできている)

YouTubeも絶賛更新中!

最新動画

ヤバイ!冨安が機密情報を漏洩

自由研究動画

自由研究第二弾!救世主・冨安健洋の全て!華麗な経歴、獲得理由、英語の秘密、人間性全て網羅!



超アーセナル入門!一撃で「名門アーセナル」がわかります



【空中戦最弱の最強右CB!】ベン・ホワイトの取説【徹底解剖】1.5倍速推奨!

「さるの自由研究」第一弾はベン・ホワイト。アルテタがハーフミリオンも払ってベン・ホワイトを獲得した理由とは?取説含め徹底解剖!



↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【全試合放送】プレミアついに解禁!1ヶ月無料♪

YouTubeも絶賛更新中!

最新動画

ヤバイ!冨安が機密情報を漏洩

自由研究動画

自由研究第二弾!救世主・冨安健洋の全て!華麗な経歴、獲得理由、英語の秘密、人間性全て網羅!



超アーセナル入門!一撃で「名門アーセナル」がわかります



【空中戦最弱の最強右CB!】ベン・ホワイトの取説【徹底解剖】1.5倍速推奨!

「さるの自由研究」第一弾はベン・ホワイト。アルテタがハーフミリオンも払ってベン・ホワイトを獲得した理由とは?取説含め徹底解剖!



↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【全試合放送】プレミアついに解禁!1ヶ月無料♪
妄想記事を描いている猿

アーセナルのせいで日本に帰国できなくなった非国民、出家信者。「妄想8割・ガセ2割」をモットーにアーセナルのエア情報を垂れ流す意識低い系ブロガーとして、日本人グーナーのメディアリテラシー向上に貢献すべく、ほぼ毎日ブログを更新中。

さる@グナーをフォローする
関連記事
プレミアリーグ関連
スポンサーリンク
さる@グナーをフォローする
Arsenal (アーセナル) 猿のプレミアライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました