スポンサーリンク

「地球人全員アーセナルサポになればコロナは速攻この世からなくなる説」俺たちのEL!ラピード・ウィーン v アーセナル

Arsenal 4-1 Rapid Vienna

Thu Nov 26 – 17:55 Aker Stadion

スターティング: 現在絶賛執筆中!来週までにアプ

エディ ラカZ(C)

三代目 ネルソン提督 西沢 ケンゴ

親方 マリちゃん ムスタヒ セド

ルーナルソン

■ ゴール: ラカZ(10) マリちゃん(17) エディ(44) スミス朗 (66) / Kitagawa…北川?? (47)

■ 交代:
63 西沢 → セバッさん
63 ネルソン提督 → アルフィー
63 ラカZ → スミス朗
70 ムスタヒ → 2号
81 エディ → 怪童バグロン

■ レフェリー:

スポンサーリンク

ついに一年振りくらいのエミレーツ!

ついにサポ解禁!

入場制限はあるものの、この試合からホームサポ2,000人の入場が許可されました。

というわけで、逝ってまいりました、エミレーツ。

もう、何年振りでしょうか……

確か3月以来だから、0.9年ぶりのエミレーツです。

というわけで、

速報でも言いましたけど、もういっちょ言わせてください。

v ラピード・ウィーン EL エミレーツスタジアム

帰ってきたぜぇぇぇ!!!!(鈴木みのる調)

入場時はもちろん、ベンチコートの帽子を目深にかぶり、片目だけ出してピーカブースタイル。

スタジアムに入場した瞬間、それをばさっと取り去り、天空を見上げ、風になりました。

中村あゆみさん、ありがとうございます。

そしてもちろん、

涙で前が視えません!!!!!

そしてこれが2000人フルハウスのエミレーツ!!

v ラピード・ウィーン EL エミレーツスタジアム グーナー マスク

やっぱさ、

サポあってのフットボールですよぉぉぉぉぉ!!!!!

を改めて実感であります。もす!

スタメン!

ラカがキャプテン、そしてマリちゃんついに復帰!怪我で長らく離脱していた2号もベンチ!と素晴らしい構成。

エミレーツなのに、なんかおかしい?

あれ?でもなんかおかしない??と思われた方いらっしゃいませんか?

そうなのです。

久々のホームなのに赤じゃない!!

エミレーツなのに、何故かサードシャツなのです。

これは諸説あると思うのですが(いやおそらくひとつしかありませんが)、厳密にはユンフォームの色が被っちゃダメなルールがあったはず。

プレミアの場合、ソックスとか一色くらいならレフェリーの裁量とかでオッケー出る場合もあるらしいんですが、今回はダメだったんでしょうか。

おそらくパンツの色が白被りしてるってことで、アーセナルが色をお譲りしたようです(多分)。

新旧魅惑の攻撃的布陣

相手も相手ということもあり、ラカ、エディの2トップ?(ラカトップ下風?)という超攻撃型布陣。

それが功を奏したのか、開始10分、ラカZのブレ球ミドルが決まりアーセナル先制!

さらにマリちゃんが復帰弾!!

新日時代を彷彿とさせる、高田延彦風!

マリちゃん、おかえり!!

前半終了間際、キーパーが弾いたボールをエディが頭で押し込み3点目。

そして後半、三代目のドンズバクロスに、ようやく一軍合流スミス朗が飛び込みゲットゴール!

ウェルカンバック!!

以上ヤンガナと大人の融合で、俺たちのELグループリーグ一抜け確定であります!

イギリスからコロナをなくす方法

この試合は、英国初のサポ解禁という記念すべき試合なのですが、それさっ引いてもとんでもねぇ奇跡を起こした試合でした。

そう、マスクヘイトのこのイギリスでマスク率100%というメイクミラクル!!

v ラピード・ウィーン EL エミレーツスタジアム グーナー マスク

これピューリッツァー賞ノミネートされてもおかしくない、驚天動地の歴史的大事件だからマジで。

それ見れただけでも来た甲斐ありました。

でもそーいうことよな。

圧倒的息苦しさ受け入れ、自由を放棄してまでアーセナルが観たいってことですから。

愛だよ、愛。

つーことで俺は、こんな説を提唱したい。

地球人全員アーセナルサポになれば、コロナは速攻この世からなくなる説!

あ、でもスパーズサポがいる限り無理か。。。

ここがボクのアナザスカイ

v ラピード・ウィーン EL エミレーツスタジアム

試合後、マスクをそっとずらして深呼吸。

するとそこには、

13年前、俺の五感を揺さぶったのと同じ、芝のかおりがありました。

ここがボクのアナザスカイ、

エミレーツです。

的な感傷に浸りつつ、今度いつ来れるかもわからないエミレーツを後にしたのでした。

v ラピード・ウィーン EL エミレーツスタジアム

このご時世、もちろん、エンタメなんて最後の最後、二の次ですよね。最悪なくたって生きていけるわけだから(無理な人もいるけれども…)。

でも「スタジアム」は別。

サポーターのいないスタジアムは生きちゃいない。言わば死に体。

サポが入ってはじめて、息が吹き込まれる。

それは2000人という僅かな数でも、その鼓動を感じることができる。

本来であれば、ELは常にスッカスカだし、負け出したらチケなんか売れもしない。

でも今は、そんなELでさえ熱狂できる。

そこにあるのは決して「勝負論」だけじゃない。

スタジアムとは、自分たちの想いを共鳴させ、生きていることを実感する場所。

コロナってやつは、そんな当たり前と思われた贅沢を、炙り出してくれたように思います(それだけは感謝してやります)。

そして今回、そんな「フットボールという日常」を体感できたことを、神に感謝!

v ラピード・ウィーン EL エミレーツスタジアム グーナー マスク

次はいつ巡ってくるともわからない参拝のチャンスですが、

まぁでも、明治神宮の初詣の大行列だって、待ってりゃいつかは投げ銭出来る日がくるわけだから、俺も小銭握りしめて、気長にその日を待ちたいと思います!

さぁ、ノーロンノーロン!!

YouTubeも絶賛更新中!

自由研究第二弾!救世主・冨安健洋の全て!華麗な経歴、獲得理由、英語の秘密、人間性全て網羅!



超アーセナル入門!一撃で「名門アーセナル」がわかります



【空中戦最弱の最強右CB!】ベン・ホワイトの取説【徹底解剖】1.5倍速推奨!

「さるの自由研究」第一弾はベン・ホワイト。アルテタがハーフミリオンも払ってベン・ホワイトを獲得した理由とは?取説含め徹底解剖!



↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【全試合放送】プレミアついに解禁!1ヶ月無料♪

YouTubeも絶賛更新中!

自由研究第二弾!救世主・冨安健洋の全て!華麗な経歴、獲得理由、英語の秘密、人間性全て網羅!



超アーセナル入門!一撃で「名門アーセナル」がわかります



【空中戦最弱の最強右CB!】ベン・ホワイトの取説【徹底解剖】1.5倍速推奨!

「さるの自由研究」第一弾はベン・ホワイト。アルテタがハーフミリオンも払ってベン・ホワイトを獲得した理由とは?取説含め徹底解剖!



↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【全試合放送】プレミアついに解禁!1ヶ月無料♪
妄想記事を描いている猿

アーセナルのせいで日本に帰国できなくなった非国民、出家信者。「妄想8割・ガセ2割」をモットーにアーセナルのエア情報を垂れ流す意識低い系ブロガーとして、日本人グーナーのメディアリテラシー向上に貢献すべく、ほぼ毎日ブログを更新中。

さる@グナーをフォローする
関連記事
未分類
スポンサーリンク
さる@グナーをフォローする
Arsenal (アーセナル) 猿のプレミアライフ

コメント

  1. たくしゃびん より:

    昨日のノーロンで改めてスパサポのアホさが分かりましたね。
    何の為のマスクなのか、人数制限なのか頭沸いてるから分からないんでしょうね

タイトルとURLをコピーしました