スポンサーリンク

「アルテタ革命」エジルがプレミア選手登録から外れたことに対する率直な感想

v サウサンプトン セントメリースタジアム ベンチ エジル 傘

プレミア選手登録が発表されました。そんな中エジルが…というお話。

スポンサーリンク

エジルがプレミア選手登録から外れたことに対する率直な感想

v マンチェスター・シティ エミレーツ・スタジアム メスト・エジル

高田先生ことメスト・エジルが、ELに続き、プレミアリーグ前期25人の登録選手からも外れました。
(プレミア公式)

アーセナルプレミアリーグ25人の登録メンバーはこちら

●助っ人外国人枠(17人MAX)

GK
ベルント・レノ
ルーナル・アレックス・ルーナルソン

DF
セドリック・ソアレス
キーラン・ティアニー
ガブリエウ・マガリャンイス
シュコドラン・ムスタフィ
パブロ・マリ
ダヴィド・ルイス
セアド・コラシナツ

MF
モハメド・エルネニー
ダニ・セバージョス
トーマス・パーティ
グラニト・ジャカ

FW
アレクサンドル・ラカゼット
ウィリアン・ボルジェス・ダ・シウヴァ
ピエール=エメリク・オーバメヤン
ニコラ・ぺぺ

●ホームグロウン

GK
マット・メイシー

DF
ヘクター・ベジェリン
ロブ・ホールディング
カラム・チェンバース
エインズリー・メイトランド=ナイルズ

●U21のホームグロウン枠(他多数)

ブカヨ・サカ
リース・ネルソン
ジョー・ウィロック
スミス・ロウ
エディ・エンケティア

ホームグロウン・プレーヤーとは?
国籍や年齢問わず、21歳の誕生日を迎えるシーズン終了までに、イングランドまたはウェールズ・フットボール協会所属のクラブに3シーズン、もしくは36ヶ月間を過ごした選手。

25人のスクウォッド中、プレミア助っ人外国人枠17人の中にエジルが入ることは叶いませんでした。

つまりこれで「エジルが今後一度もピッチを踏むことなく退団」という可能性も一気に現実味を帯びてきたわけです。

前回ELメンバーからも漏れていたので、ぶっちゃけプレミアも厳しいとは思っていたし、「カズ、三浦カズ」で免疫はついていたつもりでしたが、こうして現実を突きつけられると、やっぱなんか複雑な心境ではあります。

ただ、バカポジティブな俺の率直な感想を言えば、

これがアルテタの進む道!!!

これは指揮官のレボリューション宣言だし、

ここまで徹底して己の理想を突き詰めるアルテタは、改めて信用に値する漢であると、心からそう思うわけです。

こういう漢ですよ、我々が求めていたのは。

是非このままアルテタ道を突き詰めて欲しい!!

そう願う一方で、

エジルがチームを去るときが来たら、なんとか、その時だけでも10番の赤いシャツに袖を通して欲しいと思うし、拍手で見送りたいってのはあるんですよね。サポというより、一人の人間として。

v ウルヴス ポピー リメンブランス・デー メスト・エジル

なんたって、俺は、未だカズには一度でいいからワールドカップに帯同してほしいと思ってる、人生白帯の甘ちゃんですから。(もちろんカズはプライドを持って「俺は行かない。その枠があれば若手に譲ってくれ」と言うと思うけれど)

先生がアーセナル初の”ビッグネーム”として、マドリーから鳴り物入りで入団したのがもう7年前。あれから何度あの超絶魔法でチームが救われたことか。

MLBのように、前日までプレーしていた選手がその翌日荷物まとめて出ていくみたいなシビアな世界がプロスポーツ界だってのは重々承知してるんだけど、

イングランドのフットボール、いやアーセナルというクラブには、もうちょっと余白があって欲しいというか。

ビジネスだけでは割り切れない余白が。。。

このご時世ワンチャンある?

ちなみに今回の選手登録って、プレミア前半、来年2月までのものなんですけど、

ワンチャンねーかなー……と淡い期待を抱いてるんですよね。

なんたって、

選手契約していないチェフが選手登録されちゃうご時世ですから。

この世界、まだなにがおこるかわかんない。

わっかんないのよ。。。

とにかく、1%の可能性にかけた、エジルの”魂みたいなもの”に期待しています。

それと、パピーも頑張れ!

P.S.
記事アップしたあと、先生からメッセージがありました。

のちほど別記事で。

コメント

  1. 343 より:

    生死の問題よりサッカーが大事という国で、生死の問題が大事とはっきり言ったエジル。バッティングの防ぎ方などピッチ内外での影響は大きい。今起きていることは、あまり見たことがない例だが、私はやはりエジルの復活、契約の延長を、あり得るものと思っている。