スポンサーリンク

【5つの戦術を伝授】アーセン・ヴェンゲルがコロナ問題に喝!

我らがボスことアーセン・ヴェンゲルがコロナ問題に喝!

 

スポンサーリンク

アーセン・ヴェンゲルがコロナ問題に喝!

俺たちのボスが帰って来た!!

我らがボスことアーセン・ヴェンゲルが、シン・コロナに対する戦術について、実に正確に、やはり長州調で話していました。

論より証拠。こちらの動画をご覧ください。

ボス「皆さん、お久しぶりです。

まぁコロナは、厄介な敵ですよね、うん。厄介ですよ。

世界的に見ても、うん、稀というか、なんというか…まぁ、非常事態だよな!あぁ。非常事態ですよ。

そんな中で、オレたちが殊更考えなきゃいけないことは「健康」だから、「健康」。何がなくとも、まず考えなきゃいけないことだから、これは、うん。

その中で大事になってくるってのは、ディフェンスですよね。ディフェンス。うん。どんなスタンスで敵に立ち向かっていくか、まぁ取り組んでいくかってことで…その取り組み次第で変わってくるから、結果はね、うん。

それには「5レーンディフェンス」というか、5つの戦術があるんですよ。5つの戦術。それを常に、分け隔てなく実践していくってのが大事なわけだから、うん。これは決して選手だけじゃないですよ。これを見てる皆さんにこそ守って欲しいですよね、うん」

 

ボス、貴重なお話ありがとうございます!!

しかし「5レーンディフェンス」とはなんぞや???

これについては、ボスに続く下々の者たちがお話していたので、こちらをご覧ください。

コロナに打ち勝つ「5レーンディフェンス」とは?

戦術1.元どっかの監督 ポチェティーニさん

まずは「ハンド」。この戦術において「ハンド」は重要です。可能であればアルコールベースのハンドソープ的なもので頻繁に手を洗ってください。

戦術2.マンチェスター・ユナイテッド女子チーム監督 ケイシー・ストーニーさん

試合中、やむ追えなくくしゃみや咳をする場合は、肘のとこで口や鼻をカバーしてください。また使用したティッシュはすぐに捨ててください。

戦術3.セネガル代表監督 アリウ・シセさん

試合中(痒かっても)目をかいたり、鼻の穴や口の中に指を突っ込んだりしないようにしよう。敵はそーいうとこから侵入してくるから。

戦術4.現どっかの監督 俺たちのモウさん

他のプレイヤーとの間隔をいつもより気持ち空けるように。特にくしゃみや咳をする選手がいたら、最低1メートルの距離は取ること。いい?わかった?

戦術5.元USA代表監督 ジル・エリスさん

具合が悪くなったらとにかく家にいてください。国によっては健康な人でも自宅待機という場合もあると思いますが、まずは国の保健所等の指示に従ってください。

コロナに打ち勝つ「5レーンディフェンス」まとめ

以上がコロナに打ち勝つ「5レーンディフェンス」でした。いかがだったでしょうか。

「知ってるよ!!」という戦術オタのかたもいらっさるとは思いますが、俺は「さすがボス!」と、非常に現実的な戦術で安心しました。

この中でも、ケイシー・ストーニーさんの言う、

くしゃみや咳を肘でカバー!!

ってのは目から鱗でした。

マスクじゃなく、あえて肘!!

 

三沢!三沢!!

 

どうでしょう。あなたの脳内にも「スパルタンX」が鳴り響いたのではないでしょうか。

というわけで、文字通り、次元上昇をかけた新時代幕開けの絶対に負けられない戦いです。

この難局、うがい手洗い納豆!で乗り切ってまいりましょう。

Mr.Xを倒し、それを乗り越えた先には明るい未来が待っている。

ハズ!!

 

ちなみに、ここにはなかったですけど、もうひとつ大事な戦術があるようなので皆さんにもおすそ分け。

それがこちら。

笑ってりゃなんとかなる!!

それではここで、イギリス首相の現実的すぎて逆に非現実感のある仰天スピーチをご覧ください。

コメント

  1. […] 【5つの戦術を伝授】アーセン・ヴェンゲルがコロナ問題に喝!我らがボスことアーセン・ヴェンゲルがシン・コロナに対する戦術について、実に正確に、やはり長州調で話していました […]