イケメン自殺ダイブの衝撃!グナ王者・芦野祥太郎の受けの美学を魅よ!

このブログでもWRESTLE-1チャンピオンシップ王者、グナレスラー芦野祥太郎のタイトル防衛について報告しましたが、あの『ARSENAL ZINE』のインタビューで芦野とタッグを組んだグナウンサー三田佐代子さんがたぎる記事を書いて下さいましたので紹介させていただきます。必読!さらに試合動画も合わせて!

 
スポンサーリンク

 

たぎる三田さんの記事!

逆エビ日記Ver3.0 カモン、芦野!

 

そしてなんと試合の模様も、ダイジェストではありますが週刊WRESTLE-1TVにアップされました!

王者も絶対保証!

 

王者とイケメンの生き様、とくと見届けよ!

芦野と同じユニット、Enfantsterriblesの児玉と立花さんも見逃せない!

 

 

しょっぱなイケメンの二階からの自殺ダイブ、なんだあれ!

やっぱイケメン頭おかしいし、芦野もよくぞ受けきった。

三田さんのインタビューで芦野も言っていたけれど、プロレスとは受けの美学。

相手の技を受けて受けて受けまくり、そして最後に立っていた者が勝つ。そういう闘いだ。

だがそれは決して綺麗事じゃないし、簡単なことじゃない。

その陰には常人には計り知れないほどの努力と、命をかけた、並外れた覚悟がいるはずだ。

しかしそんな事をおくびにも出さず、イケメンは何食わぬ顔で二階からダイブし、芦野は平然とそれを受け止める。

とにかく、たぎった。

これこそがプロレスの神髄ではないか。

 

そしてアーセナルである。

毎季受けて受けて受けまくり、散々叩かれまくるも、最後は平然と勝ち名乗りを上げている、我らが愛しいアーセナルである。

そんな美学バカリを追求するロマンチストな我がクラブを、今季も王者と共に見届けようではないか。

ボンマス戦で今季ついに開幕。

 

そして次回王者防衛戦は9.18後楽園ホール。

格闘技の聖地に、芦野チャントを響かせろ!

 

きっと、

さらに芦野が好きになる。

 

王者・芦野祥太郎×三田佐代子の夢のタッグインタビューも掲載のアーセナルZINE!

 

あのボス20周年記念写真集日本語版ついに発売!(販売元はフットボリスタ様!)(そして翻訳はガチグナのYOKOさん!マジマスツ!

↓写真集詳細はこちら!
【神サブタイ】ボス二十周年記念写真集『THE WENGER REVOLUTION』解禁!

 

夏限定のドライシャツ新登場!

 

TwitterとかもやってるYO!
早出し速報、エアブログの更新情報、その他全く為にならない情報満載!

https://twitter.com/saru_gooner

 

↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

 

俺たちのEL決勝はダズーンで独占生中継!(1ヶ月お試しゼロ円!)



↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
俺たちのEL決勝はダズーンで独占生中継!(1ヶ月お試しゼロ円!)



↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
妄想記事を描いている猿

「ガセ2割・妄想8割」をモットーに、アーセナルのエア情報を垂れ流す意識低い系ブロガー。日本人グーナーのメディアリテラシー向上に貢献すべく、ほぼ毎日ブログを更新中。

さる@グナーをフォローする
関連記事
Gooner
さる@グナーをフォローする
Arsenal (アーセナル) 猿のプレミアライフ

コメント

  1. 雷小僧 より:

    そしてアーセナルである、、って
    好きだわ!このくだり!

  2. Y より:

    本当にプロレスは受けの美学ですよね。受けれない選手は、魅せれない。
    よく避ければいい、ロープに振られても戻ってこなきゃいい、なんであんな危険な事するの?とか聞かれますけど、プロレスだから、お客さんを魅せるためだから、くらいしか言いようがないですね。
    アーセナルも受けまくりですけど、何とか踏ん張ってますもんね。本当に似てるのかも。おいリバプール!この間受けたぶん、しっかり返すからな!
    そして昨日も今日もしれっと「ボーンマス戦が開幕戦!」って言ってる猿さん、さすが!