スポンサーリンク

「圧倒的ゼロ!」この夏アーロン・ラムジー、ノーロン復帰か!?

え!ラムジー復帰!?

スポンサーリンク

この夏ラムジーがノーロン復帰か!?

もはや季節の代名詞ともなりつつある「ラムジーのアーセナル復帰」ですが、またもそのような噂が持ち上がって参りました。
( Dailymail )

今季終了と共にユヴェントス退団が噂されるラムジーですが、そのタイミングでテタさんが復帰熱望の噂。

2019年フリーでユーヴェ移籍を果たし、2023年までの契約が残っているラムジーですが、ここにきてピレスが衝撃発言。

「あと数年在籍の必要はあるけど、その後アーセナルに戻ってくるんじゃないかなぁ。

アルテタのシステムにもフィットするしね。

まぁボクは占い師じゃないし、願いみたいなもんだけどね。

とはいえ彼はユーヴェ所属の選手だから、とりあえず今はプレーに集中して欲しいね」

ははぁん。

「言霊」ってやつやな?

とりあえずツバつけとくってやーつ。

齢30となったラムジー。

2023年まで契約があるといっても、さすがに「2年後アーセナル復帰」というのは考えにくい。

いやまてよ…!

昨季32歳ウィリアンと複数年契約しているやないか…

ま、まさか…!?

フリーになったラムジー捕獲

ワンチャンどころかツーチャンあんじゃね!?

でもまぁ、

ユヴェントスくらいのビッグクラブが「ゼロ円放出」なんて愚かなことをするわけがない!

ということは、今季夏放出ってのも、あながち間違いではないのかもしれない。。。

ラムジー獲得にライバル出現!?

しかしラムジー獲得にライバル出現?

お隣トッテナムもラムジー盗りに名乗りをあげているんだそうです。
( football.london )

あー、それ去年も言われテタなぁ…

確かにセバっさんも夏までのローンだし、トレイラも移籍濃厚、パーリーも怪我ガチとなると、どう考えてもあのポジションは圧倒的ゼロ!

「ゼロ円放出」前に何らかの動きがあるのかないのか…

いずれにせよ俺たちのラムジー、この夏の大注目案件ってこと!!

ところで記事には「イタリアで18ヶ月怪我で欠場」っていう嘘みたいな記述があるんだけど……

俺は信じないぞ!!

↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【全試合放送】プレミアついに解禁!1ヶ月無料♪
↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【全試合放送】プレミアついに解禁!1ヶ月無料♪
妄想記事を描いている猿

アーセナルのせいで日本に帰国できなくなった非国民、出家信者。「妄想8割・ガセ2割」をモットーにアーセナルのエア情報を垂れ流す意識低い系ブロガーとして、日本人グーナーのメディアリテラシー向上に貢献すべく、ほぼ毎日ブログを更新中。

さる@グナーをフォローする
関連記事
移籍情報
スポンサーリンク
さる@グナーをフォローする
Arsenal (アーセナル) 猿のプレミアライフ

コメント

  1. 新種:ガナザウルスモドキ より:

    ラムたん!
    ガチムチ好きのモウリーニョは欲しく無いと思うんですよ
    ならウチしかないっすよねー

  2. 343 より:

    ピレスの、そしてエジルの心の痛みが解る。アファーマティブアクション。私は必要だと思う。ドラフト制度も。人種、宗教の軋轢は、その時代の倫理観に合わせ、卑劣さを増す。英国がもし外国人枠を狭めるなら仕方ないと思う。誰も見なくなるかもしれない。時代はスーパーリーグを求めている。ボノはマッカートニーの曲は500年後も残るといった。残念ながらそうではない。私はそれを理解できるぐらいには音楽というものを知っている。進化は曲という概念を多分消滅(すでにその動きはあちこちで見られる)させる。その時サッカーはどうなっているか。私は、英国は甘えていると思う。