スポンサーリンク

【マジか!?】アーセナル現役コーチにマンツーで教わるチャンス!?半信半疑で確認してきた

突然ですが皆さん、マサさんを覚えてらっしゃいますでしょうか?

元ハイバリー・スクエア在住にして、エミレーツ・スタジアムで挙式を挙げ、あっけなく僕らの夢を叶えてしまった唯一の日本人、“佐伯マサ”という神の存在を。。。

 

スポンサーリンク

ゴーホーブロック!君はマサさんを知っているか!?

もう10年前ですよ、10年前。

当時エミレーツを散歩しテタら、偶然こんな看板発見したんすよね。

佐伯マサさん

Hiroko & Masa’s Wedding Reception

 

エミレーツで結婚式!?

なにそれ!!

と腰を抜かしそうになったわけですが、まさかその後、このブログを通じ、ご本人にお会いすることになるとは……

というのもですね、

マサさんの奥様が、

「このブログの大ファンだった」

らしいのです。

 

大事なことなのでもう一度いいます。

「このブログの大ファンだった」

らしいのです。

(過去形なのは気にしないでください)

 

いやぁ、これもアーセナルのご縁!というか、

ブログやっててよかったー!!!(しみじみ)

佐伯マサとは何か?

そんなマサさんについては、以前このブログでもノリノリで紹介させてもらったので、ご記憶の方もいらっしゃると思いますが、なんせ相当前の記事なので、今一度、彼の華麗なる経歴をご覧いただきましょう。

1982年広島生まれ。プロフットボール選手を目指し中学卒業と共に単身渡英し、イングランド7部でプレー。

ちなみに、イングリッシュ・フットボールリーグは、プレミアを頂点とした20を超えるリーグのピラミッドで構成されているんですが、トップのプレミアから5部までは実質プロ。そして6部から10部までがFAカップにも出場できるセミプロです。

レスター奇跡の優勝の立役者となったジェイミー・ヴァーディのキャリアスタートが8部だったのは有名ですが、若干20歳でアーセナルに入団したコーエン・ブラモール君も7部ですから、7部といえども侮ることができない世界、それがイングランド・フットボールなのです。

その後、UEFA公認ライセンスを取得されるわけですが、このライセンス取得時にはスティーブ・ボールド、トニー・アダムスと共に受講。

そして、最近では、なでしこの近賀や大野選手等、選手やコーチのサポート、また、アーセナル・レディースの日本招聘や「アーセナル・サッカースクール」にも尽力と、もはやアーセナルの日本担当と言っても過言ではない人物なのです。

(『情熱大陸』スタッフの皆さんまだ遅くないですよ!ここに逸材いますよ!)

そして今回、マサさんの神コネクションを通じ、

アーセナルの現役コーチによるサッカー留学を開催中!?

という嘘みたいな噂を耳にしたので、先日、ロンドンど真ん中にある、マサさんが代表を務める「ベアフット」のオフィスに前のめりで話を訊いてきたわけです。

「うそ!?アーセナルの現役コーチがそんなこと出来んの!?」

と半信半疑だったんですが……その、全貌はこちら!

サッカー留学のベアフットとは?

今回マサさんが他のミーティングで遅れているということで、現場責任者である、モンスターエンジン西森氏に瓜二つの、末弘さんにお話をお伺いしました。

ベアフット 末弘さん

「ベアフット」末広さんプロフィール

日本体育大学体育学部体育学科卒。

自らもイギリスへ1年間の指導者留学を経験し、FA International Coaching Licenceやその他指導者ライセンスを取得。イングランドのプロアカデミーコーチのアシスタントや、Manchester United Soccer Schoolsで通訳なども行う。

ドイツ、スペイン、オランダのようなサッカー列強国で遠征をおこなうなど、ヨーロッパ全体のサッカーにも精通する。

教員としては早稲田中学校・高等学校、広尾学園、駒澤大学高等学校などで指導。その後ロンドン郊外にある帝京ロンドン学園高等部でサッカーコースのダイレクター兼監督を務めた。

ベアフットでは留学生の受け入れやサポート、遠征チームや研修旅行団体の帯同を行う。

 

末広さん、どうも初めまして!今日はよろしくお願いします!

「初めまして。よろしくお願いします」

早速ですが、なにやらアーセナルの現役コーチにマンツーでコーチングを受けることができるというドリーミンな噂を耳にしたのですが、そんなの嘘ですよね???

「いえ、残念ながら本当です(笑)」

なんと!?…そもそもどういった経緯でそんなことが可能に???

「まずは『ベアフット』について簡単に説明させていただきますと、弊社はサッカーだけでなく、ゴルフ、テニスのスポーツ留学から、音楽やアートなどの芸術留学まで、イギリスへの留学全般を扱ったエージェントをしています」

あ、サッカーだけじゃないんすね!?

「そうなんです。イギリスへのスポーツ・芸術・語学・正規留学ならなんでも取り扱っています」

留学ならなんでもバッチコイと?

「はい、バッチコイです(笑)。ですので、ウェブサイトを見ていただければわかるのですが、音楽なども提携しているミュージックスクールやアートスクールではレベル、期間に合わせたプログラムの提供が可能です。

その中で、当然サッカー留学もうちの強みなのですが、やはりうちの佐伯(マサさん)がアーセナルとのパイプが太いということで、このようなコースが実現しました」

なるほど!

「また、アーセナルのコースもそうなんですが、、、猿さんを前に非常に言いにくいんですが、ウェストハムのサッカースクールとか、チェルシーのキャンプなど、プレミアのクラブ関連のプログラムも幅広く取り扱っています」

はぁ…(テンションガタ落ち)

「あ、その中でもアーセナルは推してますよ!もちろん!」

ですよね!その話だけですから、今日は!

「重々承知しております(苦笑)」

(気を取り直し)ところでアーセナルに関してはどういったコースがあるんでしょうか?

「アーセナルですと、アーセナル現役コーチによる一対一のコーチングと、女子チーム限定のイングランド遠征というのがあります」

それですよ、今日お伺いした理由は!

アーセナル現役コーチによるマンツーのコーチング

本当にそんな夢のようなコースがあるんですね!?

「はい、実際に実在します(笑)。

まずアーセナル現役コーチによるマンツーのコーチングですが、これはArsenalアカデミーで実際に指導する若手コーチが、みっちりと、しかも一対一で指導してくれるというコースです」

おぉ!一体どなたが教えてくださるんでしょうか?

「コーチを担当するのは『Peter Fagan』という、アーセナル・ウィメン・アカデミー所属で、実際にアーセナル女子トップチーム、男子アカデミーの指導を担当しているコーチです。

まだ若くて、誠実で、エネルギーに満ち溢れた指導が持ち味です。クラブからも将来を渇望されている若手指導者のひとりですね」

ベアフット 末弘さん Peter

えっ…結構ガチな人じゃないですか…!?

「はい、結構ガチなスタッフです。ですので、細かなところまで行き届いた、受講生一人一人の長所を引き出すようなコーチングが可能です」

なるほど!ただちょっと気になるのが言葉の問題なんですが、指導は英語なんですよね?

「はい全編英語での指導になりますが、実際私やスタッフが帯同して通訳をしますので、英語が苦手な方もご安心ください!」

ベアフット 末弘さん Peter

なるほど、それは心強い!ちなみに、末弘さんもずっとサッカーやられてたんですよね?ということは、、、

「はい、自分も実際大学までサッカーをやっていましたし、以前佐伯(マサさん)主催のこういったキャンプにも参加していた経験もありますので、選手目線での、専門的な視点での通訳が可能です」

なら安心ですね。ちなみに、これが一番のキモだと思うんですが、どういったメニューがあるんでしょうか?

「コーチングはご希望に沿った、どんなテーマのセッションでも可能です。

全てテーラーメイドですので、時期、トレーニング時間、回数、場所等、ご要望をお訊きしたうえで、それに合わせたメニューを作成いたします」

なるほど。ということは、極端な話、1回5分とかでも可能ってことですね!?

「うーん、まぁ、そうなってしまいますが、、、最低1時間からです(苦笑)」

まぁ、ですよね…ところで、これまではどのような事例があるんでしょうか?

「以前あったケースとしては、ロンドンで家族旅行中に、2日間お子様だけこのプログラムに参加し、その間ご家族は観光という方がいらっしゃいました。

その時は、異なる角度からのシュートや、ロングパス・トラップ等の指導を希望されていたので、それ用のメニューを組んでコーチングを行いました」

旅行中に!?なるほど、そんな時間の使い方が。それは目から鱗です。

「そうなんですよ。ですので、こういった感じでご旅行の空いた時間をワンポイントで活用していただくでもいいですし、イングランドでライセンスを取得する前に腕試し的な感じなど、いかなるご要望にもお応えできると思います」

そんな身近でいいんですか!?

「全く問題ありません。本当に、なんなりと対応できると思いますので、まずはお問い合わせください」

ちなみに場所はどこで行うんでしょうか?

「ロンドンには天然芝の大きな公園がいたるところにありますし、我々が提携しているグラウンドもありますので、皆さんが出てきやすい場所等、いかようにも対応可能です」

確かに、この近くのリージェンツパークなんて、東京ドーム100個分くらいの芝のピッチですもんね。

「…いやぁ、30個分くらいじゃないですかね?(真顔で)」

(なんとリージェンツパーク、実際は43個分でした。これ全て天然芝!)

ここでマサさん颯爽と登場。

「いやぁ、すいません、長引いちゃって!いやいや猿さん、最近どうですか?アーセナルも大変ですよね???(ニヤニヤ)」

 

ここから話が脱線しまくったので、「女子チーム限定のイングランド遠征」の話はまた次回!

 

というわけで、アーセナルの現役コーチによるマンツーのコーチングはマジでした。

これもひとえに、イングランドサッカー界とツーカーである、マサさんの神コネクションのおかげであると思われます。

正真正銘、アーセナルの現役若手コーチによる、あなたのご要望に沿ったテーラーメイドのコーチング、ロンドン旅行のいい想い出作りにもなると思いますし、本格的にコーチを目指すという方もいい刺激になると思います。

また、アーセナル以外のプレミアクラブへのサッカー留学、遠征プログラムも取り扱っているみたいですので、

ご興味のある方は「ベアフット」のウェブサイトをチェキ!!

スポーツ・サッカーから芸術・アート留学まで。実績豊富なプロエージェント|留学・イギリス留学ならBAREFOOT
BAREFOOT・BAREFOOT EDUCATIONは海外留学専門のプロフェッショナル集団です。イギリス・ロンドンに本社を構える弊社だからこそ海外視点での実になる海外留学をご提案致します。スポーツ留学、サッカー留学、芸術留学、アート留学、語学留学など多岐にわたる豊富な実績。費用・期間に関してお気軽にご相談ください。

「女子チーム限定のイングランド遠征」コースについては後日!

コメント