Arsenal (アーセナル) 猿のプレミアライフ

アーセナルのマッチレポート、チケットの取り方、チャント、ニュースなどをゆるーい感じでお届けしちゃうArsenal blog

「ケイスケ・ホンダに見たプロフェッショナル」ロシアワールドカップ6日目グナまとめ

    ワールドカップ

Pocket

ワールドカップ6日目。

ニッポン出陣の巻(この巻はあの巻じゃないよ!)。

 
スポンサーリンク

 

コロンビア v 日本

ワンワラワラエ♪

ケイスケブルー、南米コロンビア相手に歴史的勝利!いえーい!!!

南米に勝ったのはアジア勢初だそうで、渋谷とか道頓堀のケイオスっぷりが容易に想像出来ますが、俺も仕事中だけど日本戦くらい観てもいーだろ!ってことでPCの画面で堂々観てたら、サッカー興味ない上司に厳重注意を喰らってしまい泣く泣くアレした4年に一度だけ日本人になる猿です。

ちなみにこれが、俺唯一の三本線。

 

そんな歴史的一戦を前に、ツイッターのトレンドワードに「Honda」が出現!

ツイッター ホンダ HONDA

マジかよー。

アルファベットでトレンドアガってくるとか、

ケイスケ・ホンダどんだけー?

これでこそプロフェッショナルやんけ!

と、一人大歓喜だったのですが、

よくよくみたら、このトレンド、

「HONDA Red Bull RacingへのF1パワーユニット供給に合意」

のニュースでした。

なーんだ…

 

またこーいうことをいうと、「ちょいちょいちょい!これもの凄いことなんやぞハゲ!」ってF1クラスタの皆さんから突き上げ喰らうかもしれませんが(実際喰らってんですけど)、そーいうことじゃねーんですよ。

だって、HONDAは既に”世界のHONDA”ですやんか?

そら供給するやろ!っていう。

もちろん世界的にみれば後塵を拝しているのかもしれない。

でも俺たちのHONDAの技術は世界が思ってる以上に素晴らしいものにきまってるし、彼らのヤケドしそうなくらいアツい魂(だましい!)と情熱は、遅かれ早かれ実を結ぶにきまってるんですよぉぉぉ!!!

それに比べてこっちのHondaは…

F1はよくわかんないけど、一応ウイリアムズとロータス直撃世代、そんで初代インテR新車オーナーだった自分なんかはそう思うわけですよ。

 

おいプロフェッショナルー、頑張れよー。

口だけじゃなく、(世界のHONDAのように)マジ天下取ってみろよ!

そう思うのです。

 

しかしここで朗報が飛び込んで参りました。

なんとホンダさん、久々勝利したパラグアイ戦同様絶好のポジションでスターツ!

これには俄然TLが盛り上がります。

そして現地応援席も大盛り上がり大会!

そして、カブキもいる!!!(ちょい塗りが甘いけど!)

 

おいハルカオよ、のんきに歌ってる場合ではないぞ。

うちのホンダさん本気出すからな!

 

だがオスピーの本気は伝わった!

 

そんなホンダさんの援護もあり出だし好調。エース・ハメロリ不在のコロンビア相手に香川のシュートが相手選手のハンドを誘い、開始わずか3分で日本PKゲッツ!

キッカー香川に「よろしく頼むよ〜」と笑顔で話しかけるオスピー。

あちゃーオスピーの優しいとこでた…

それをベッツニー香川が確実に決め、日本まさかの先制、いえい!

一方ハンドの子は一発退場喰らっちゃったのですが、、、

もしコロンビアがグループリーグ敗退しようもんなら、マジでガチで撃たれるんじゃねーの…?

(ん?なんのこと?っていうピースフルな君は「エスコバル」で検索を…)

とにかくそれだけは心配でなりませんが、10人という過酷な状況の中、39分金太郎のFKでコロンビア同点。そんな一寸の光明の後、ハメロリインするも時既に遅し。

代わって入ったケイスケ・ホンダの、この一瞬に命を賭けた職人芸のようなコーナーに、大迫のマジで半端ないヘッドで2-1と突き放し、その後ゼエゼエしながらも逃げ切りに成功。日本が下馬評を覆し、アジア初となる南米に歴史的勝利というオマケ付きで、ワールドカップ幸先の良いスターツをきったのでした。

 

そして俺はこう想いました。

 

いえーい!!!!!

南米に歴史的勝利!

どんな”手”を使ってでも結果こそ全て!

未来永劫、記憶と記録に残るのは結果のみ!!!

 

…それが若干問題なんやけど。。。

 

でも、

いえーーい!!!

ジャスティス!!!!!

 

そしてなにやらこちらが試合後のヒートマップらしいのですが、

なにこの謎の赤い点…

ホンダ半端ないって!プロフェッショナル半端ないって!こんだけなんもしなくても結果出すもん!そんなん出来ひんやん 普通!

 

次戦はシュチェスニーを撃破したセネガル。

「このグループで一番楽なのはセネガル」ってTVで偉い人達が言ってたでおなじみのセネガルです…

 

魅せろ、縦に速いサッカー。

 

コロンビア 1-2 日本

ポーランド v セネガル

ポーランド負けたけど、

シュチェ光の速さで水飲まなかった事は評価!

 

ポーランド 1-2 セネガル

ロシア v エジプト

ロシアまた勝った…

 

俺の裏ワールドカップ予想は、

ロシア優勝からの翌日剥奪

敗退後不審死続出デス。

 

ロシア 3-1 エジプト

 

今日もみんな無事でありますよーに…

 

 

フットボリスタ ワールドカップ

今月のフットボリスタ様ロシアワールドカップ特集号で何故かワールドカップ全試合大予想させていただきました。2000試合見てないのにマジさーせん!
【アホ代表】4年に一度のフットボリスタ様ワールドカップ全試合大予想にて華麗に踊ってみた

 

そして選手紹介、戦力戦術分析だけでなく、テレビ日程も載ってるボリスタ様のワールドカップガイドについてはこちら。
ロシアWCの必需品!フットボリスタ様のワールドカップ本をグーナーにオススメしたい5つの理由

 

EXFA様の大迫半端ないってT半端ないほどバカ売れ!(お早めに!)

大迫半端ないって Tシャツ EXFA

 
↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

 

Pocket



Comment

  1.   より:

    どう見ても戦術的な指示で右に張ってたし効いてたんだけど…
    まぁそういうのはどうでもいいのかな

  2. 大桑 より:

    猿さん、本田のことはあんまりって感じなんですかね? まあ、香川は前から嫌いでしょうが笑

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「人間ホンダケイスケに見た希望」WC 日本 v セネガル

ニッポン、やりました!   スポンサーリンク   日本 v セネガル 初戦、アジア史上初、南米コロンビアに勝利した日本は、ゾノ曰く「グループ最強」との呼び声も高いセネガルと対戦しま …

「自分達のサッカーとは何だコラ!」ロシアワールドカップ2日目グナまとめ

ワールドカップ2日目、エルネニーとトレイラ、ナチョの試合がありました。   スポンサーリンク   エジプト v ウルグアイ 藝術的違法建築で行われたエルネニー対スアレス戦。 The …

【カカロニ菅谷?】セネガル戦ゴール裏でシュートを頭でクリアした裸16強の人が判明!

99% commitment. #JPN pic.twitter.com/EedkAcFVRL — Match of the Day (@BBCMOTD) 2018年6月24日 ワンワラワ …

「ルミ子も撃沈!うーん、アイスランッ!」ロシアワールドカップ3日目グナまとめ

ワールドカップ3日目。 俺達のアイスランドがヤバかったです…   スポンサーリンク   フランス v オーストラリア ジルー対オーストラリア、こりゃもうジルーの圧勝!か …

「サモハン!」ロシアワールドカップ5日目グナまとめ

ワールドカップ5日目。 ワールドカップにサモハンと禁断モーリー出現!   スポンサーリンク   スウェーデン v 韓国 さーせん。 みてません。 てかこの時間、まともな社会人は普通 …

祝ジルー、コッシー!W杯フランス20年ぶり2度目の優勝でパリ炎上!

pic.twitter.com/4dLgdYI7fJ — Olivier Giroud (@_OlivierGiroud_) 2018年7月16日 ジルー優勝!!!   スポンサ …

「歴史的ボーナスステージ」ロシアワールドカップ11日目グナまとめ

ワールドカップ11日目は、イングランド戦とアーセナルGK対決だよ!   スポンサーリンク   イングランド v パナマ ビグザムがパブでビックマック喰らいながら代表戦観てたらしいん …

【うっそ!?】ベルギー勢激怒!アザール、クルトワの興味深い発言に世界中のグーナーが関心

Wカップ準決勝、フランスvベルギー戦後、ベルギーの選手達が超激怒していたようなのです。   スポンサーリンク   いったいぜんたい、何を激怒していたのか? 自分たちの不甲斐無さに頭 …

「両者リングアウトという美徳…」ロシアワールドカップ 日本 v ポーランド

日本戦観ました! ですが、とにかく困惑ですよ、困惑。   スポンサーリンク   決勝トーナメントを賭けた日本 v ポーランド。 いやぁ、不思議な試合でしたね…最後の最後 …

「アイデンティティとは何か」WCグラニト・ジャカもうひとつの闘い

セルビアと闘ったジャカの、ワールドカップもうひとつの闘いです。   スポンサーリンク   時は来た。それだけだ。 そんな言葉がガチ当てはまる対決、それがこのセルビア対スイスでした。 …