【速報!】ドイツから恐怖のパパが降ってくる!?オーステイン神の大予言

おいみんな!パパが来るよ?

つっても、田村正和でも、加藤茶でも、なんなら石立鉄男でもないよ!

 
スポンサーリンク

 

フットボール界のノストラダムス、BBCオーンステイン神からこんな大予言が降って参りました…

2018年の5の月か6の月、

ドイツから恐怖のパパが降ってくるだろう。

アーセナルはディフェンスを蘇らせ、

ギリシャの若手への闘魂を伝承するだろう。

 

マジかよー…

 

ところでパパ?

 

パパといえば、TVドラマ『パパはニュースキャスター』、ついでに『パパと呼ばせて!』と『パパと呼ばないで』(どっちやねん!)しか思い浮かばない猿ですが、俺なりに調べてみました。
※『パパと呼ばせて!』にはあのガチグナ、銀粉蝶さんも出演しテタ!

パパ

本名:ソクラティス・パパスタソプーロス…(これまたなげー!)

186cm 85kg

ポジションCB、SBもこなすギリシャ出身29歳のディフェンダー。

現在はドルトムントでプレー。

財政破綻者続出のギリシャにおいて貴重な有職者。

 

ほぉ…ギリシャ!

ということは、我らがマーボとの門番コンビを目指すのかな!

 

っていうか、

パパっていうよりは、おっさん。

これは見事なケバブ屋のおっさんではありませんか!

 

それはさておき、エメリ体制になってからのオーステイン到達がマジマッハですね。しかも名前の挙っているのが主にDFということで、クラブの本気度合いが伝わってくるというもの。

どっかで読みましたが、エメリさんは欲しい選手を選手名で指定することはないんだそうです。スカウトに「このポジションでこんなやつ」と伝え、それをスカウトがスカウティングしてくるシステムだそう(伝え聞き)。

このシステムが、フットボール・ダイレクターのサンレヒ、敏腕スカウト統括本部長のミスリン、そしてエメリンとの間で上手く回ってるのかもしれませんね。

さて、移籍第一号がこのおっさん、いや、パパになるのか、ロンドン王のパイセン、リヒトシュタイナーさんになるのか、大注目ですが、

現在リストアップされているのが、ソクラティス・パパスタソプーロスさんやら、なんちゃらリヒトシュタイナーさんということで、クラブ側はなんらかの意図があって「名前の長いところから優先的にリストアップしているのではないか説」が巷で囁かれていることを付け加えておきます。

(一説には「文字数多い方が背番号代稼げんじゃね?説」が挙っておりますが、公式では名前の長さに関わらず一律同じ値段なので、これは違うかもしれません)

 

とりまおっさん、いや、パパさんはこんな人!

決定したら徹底的に調べるよ!

 

キャンペーン終わっちゃったけど、ボスTは最高!

EXFA MERCI BOSS キャンペーン Tシャツ

 

↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

 



↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ


↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
妄想記事を描いている猿

「ガセ2割・妄想8割」をモットーに、アーセナルのエア情報を垂れ流す意識低い系ブロガー。日本人グーナーのメディアリテラシー向上に貢献すべく、ほぼ毎日ブログを更新中。

さる@グナーをフォローする
関連記事
移籍情報
さる@グナーをフォローする
Arsenal (アーセナル) 猿のプレミアライフ

コメント

  1. DriftwoodJP より:

    パパさん、シュタさん、どちらもウェルカム!

  2. Ozzy より:

    とにかくちゃんと弱点を補強してくれるようで何より。

  3. ラックン より:

    昔、大学の研究室で、パパスタソプロスきっかけ(え、何!?君、パパスタソプロス知ってるの!?って感じで)で、ミランファンの先輩と仲良くなった記憶があります。
    そのパパスタソプロスが我が愛するアーセナルにやってくることになるとは…胸熱です!