Arsenal 猿のプレミアライフ

アーセナルのマッチレポート、チケットの取り方、チャント、ニュースなどをゆるーい感じでお届けしちゃうArsenal blog

「プレミア都市伝説(冬)」プレミア16-17 アーセナル v カストーク・シティ

    プレミアリーグ16-17

Pocket

mason

信じるか信じないかは、あなた次第です。

 

Arsenal 3-1 Stoke City

Sat 10th Dec 15.00 Emirates Stadium

スターティング: 今季も始まっちゃったから本腰入れて更新しなきゃ!

アレク

チェンボ 高田先生 瀬尾君

シャカ 番長コケリン

ナチョ コッシー(C) ムスタヒ ガブちゃん

とにかく守護神ペトルチェフ

■ゴール: 瀬尾君 (42), 高田先生 (50), イヲビ君 (75) / サイコ野郎 (29PK)

■交代:
25 ムスタヒ → ベジェりん
69 チェンボ → イヲビ君
78 アレク → ジルー師

■レフェリー: ドフリー・メイソン 59,964

■メモ: 4 2 118

 
スポンサーリンク

 

いやぁ、カストーク戦ですよ。

ストーク

どーでもいーけど、シッティですか?

 

既にご存知のことと存じますが、今から6年前、ブリタニアにてラムジーをぶっ壊したガチムチゲス野郎、これがこの”カストーク”であります。

ラムジー 怪我

当時のカス共は、ボカスカボカスカアホみたいに放り込んでは体全体で押し込むみたいなガチムチサッカーを生業としていたのですが、攻撃だけじゃなくディフェンスもとにかくクラッシャー。そんな脳無しガチムチサカーの犠牲者がこのラムジーなのです。

クソしょーもねぇ・・・。

そんでなに?最近ガチムチからスタイルを変えたみたいで、筋肉脳をフル回転!で、バカの一つ覚えみたいにパス回し的な事を始めた模様。

その犠牲者がこの人。

v ストークシティ ボージャン

元天才ボージャンだかボーヤンだか、え?ラージャン?

おいヒューズ、だったら試合出したれや!ハゲ!

 

そんなゲス野郎との対戦は、年末恒例のチャリティマッチでした。

v ストーク ガナザウルス

ガナサウルスもクリスマスではお約束のひっでぇセーターを着込み、バケツを持って募金活動です。

そして選手達も真っ赤な”チャリT”を着てウォームアップ!

チャリティ Tシャツ v ストークシティ

そういえば、極真の全国大会も毎回「身体障害者チャリティー」をうたってたけど、あれどんくらいのチャリティだったんやろか?

募金した覚えもねぇしなぁ・・・。

 

さて、試合前の雲行き怪しいエミレーツ・・・。

v ストーク 雨 エミレーツスタジアム

降るなよ、

絶対降るなよ。

↓ 次のページへ!

Pocket

1 2 3

Comment

  1. k2 より:

    ちなみにFAだけではなくUEFAにもフリーメイソンの力が働いているらしいです。バイエルン戦での検証お願いします‼

  2. 北のグナ より:

    26日のvsWBAが終わってガトウィック空港からパリへ飛ぶのですが、ガトウィックエクスプレスはボクシングデーは動いてませんか?
    こんなことを猿さんに聞いてしまいすみません。どこを調べても分からないので(;_;)

  3. Y より:

    本気のストークディスと、フリーメイソンのところがめっちゃ書いてて楽しかっただろうなぁ、っていう、怒りと喜びが混在したケイオスな内容でしたね。面白かったです。

    ラムジーのは酷かったですよね…。前半ロス9分、ケガの場面はグロ過ぎてイギリスで放送禁止になったんでしたっけ…。
    個人的には2季前の、アルナウトビッチのバカタレが、ライン際の土橋とのボールの争いで、ボールがライン出た後に土橋をぶっ飛ばして、フェンスにぶつけて脱臼させやがったのも許せないです。あれなきゃ土橋は今ごろ…。

  4. ryr より:

    ストークはスローインでボールを遠くに投げられた奴から好きなポジションを選ぶ風習があるので、ボージャンは補欠なのです。

  5. でゅあん より:

    そ・・・そんな風習が・・・。

    しかし、あるならば仕方ない。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。