スポンサーリンク

「疑惑のハンド徹底検証SP!」プレミア20-21 バーンリー v アーセナル

v バーンリー ニコラ・ぺぺ ピータース ハンド

バーンリー 1-1 アーセナル

Sat Mar 6 – 12:30 Turf Moor

スターティング: 現在絶賛執筆中!来週までにアプ

バーミヤン(C)

アルフィー マーチン ビッグサカ

ジャカ パーリー

テスコボーイKT マリちゃん ルイルイ 2号

レノ様

■ ゴール: バーミヤン(6) / C. Wood (39)

■ 交代:
63 マーチン → ラカZ
70 アルフィー → ケンゴ
81 パーリー → セバッさん

■ レフェリー: アンドレ・マリナー(目ついてる?)

スポンサーリンク

「前半」ゔぁー…ポカした

投稿遅れてすいません。

一日瞑想してました。

バーンリー戦、光速で振り返ります、うす!

エミレーツで必勝祈願の生配信やってまーす。

スタメン!

v バーンリー スタメン

ボルジェス再びスタメン。

そして、右SBはベジェりんでも、セドでもなく、2号久々登場!

そらそーよな。ELも始まってギュウギュウなわけだから、そらそーよ。

まぁとにかく、数字的に見てもアウェイ・バーンリー戦は8戦負けなしなんだからいけるっしょ。

という感じで見ておりましたところ、光速でオーバ。

開始6分、個人技でドン!

ちなみにこのフィニッシュ・ムーブ、

リーズ戦のそれッッッ!!!

どーぞ見比べて下さい。

v リーズ オーバメヤン

↓↓↓

v バーンリー ゴール オーバメヤン

v リーズ オーバメヤン

↓↓↓

v バーンリー ゴール オーバメヤン

v リーズ オーバメヤン

↓↓↓

v バーンリー ゴール オーバメヤン

v リーズ オーバメヤン

まさに己の型にハマってきた証拠であります!

v バーンリー ゴール オーバメヤン

よーし、相手もドン引き、あとは楽勝でしょう!

なんせターフ・ムーアでは負けなしなんだから!!

ウーデゴールもエロいの出たし!!!

v バーンリー マルティン・ウーデゴール

v バーンリー マルティン・ウーデゴール

ここ通しちゃうんだから!

v バーンリー マルティン・ウーデゴール

はい、あとは追加点追加点。

そんな前半終了間際でした。

超ど級のポカ発生…

ジャカが痛恨のパスミス。

2号へのパスが相手選手の腹に当たり、そのままゴールへぱっかーん…

v バーンリー グラニト・ジャカ ほぼオウンゴール

v バーンリー グラニト・ジャカ ほぼオウンゴール

わかるーーーーー

v バーンリー グラニト・ジャカ ほぼオウンゴール

お前の気持ちもわかりすぎるくらいよくわかるーーーー

v バーンリー グラニト・ジャカ ほぼオウンゴール ミス

まぁ確かに、この凡ミスは、俺が個サルで見ず知らずの人たちとフットサルやったときキーパー任されて、見ず知らずの人からのバックパスが俺の又をすり抜けて、コロコロそのままゴールに吸い込まれた時より酷いから反省してもらいたいんだけど、、、

誰にでも間違いはある!

(俺もあんときは猛省した!そして今でも覚えてる。見ず知らずの人たちの視線を)

実は12月エミレーツでのバーンリー戦もレッド喰らってたジャカだけに、バーンリーとの相性もあるんだと思う、きっと。

とにかく、良くも悪くもバーンリー戦のキーマンはジャカ。

後半の確変に期待!

「後半」ピータース襲撃!

そして運命の後半。

見たところ、ジャカ早速大丈夫そう。

v バーンリー グラニト・ジャカ

v バーンリー グラニト・ジャカ

気合十分!

ですが、

それにしてもなんだこのプレミアにあるまじきクソピッチ。

v バーンリー グラニト・ジャカ

荒れホーダイ。

そんな牧場みたいな荒れた馬場で、全力引き分け狙いのバーンリーに圧倒的苦戦!

このケンゴのシュートミスも牧場みたいな荒れ馬場のせい!

v バーンリー ニコラ・ぺぺ ミス クロス

みてこれ!

v バーンリー ニコラ・ぺぺ ミス クロス

ちゃんと90度足首返ってパター調になってんだから!

v バーンリー ニコラ・ぺぺ ミス クロス

v バーンリー ニコラ・ぺぺ ミス クロス

馬場が悪い!!

とにかくオーデカを下げ、救世主ラカに一縷の望みを繋げますが、

v バーンリー アレクサンドル・ラカゼット

バーンリーにNo.23ピータースっていう、とんでもねえヤツ降臨。。。
(一説ではピーテルスっていうらしいけど、ピータースの方がぴったりくる!理由は後ほど)

救世主ラカを強烈なカーフキックで蹴撃!

v バーンリー ピータース アレクサンドル・ラカゼット

ラカの絶叫が無人のスタジアムに響き渡りました。。。

v バーンリー ピータース アレクサンドル・ラカゼット

BBCの名物番組「Match of the Day」で元鶏OBのゲーリー・リネカーがこれをネタにゲラゲラ笑っていましたが、

格闘技にご興味ない方はご存知ないかもしれませんが、この「カーフキック」は一発で相手を仕留めることが可能なことから、現在格闘技界で大流行中、一部では「使用を禁止しろ!」という声があがるほど危険な技。

大晦日に行われたRIZINバンタム級タイトルマッチでは、王者・朝倉海が、挑戦者・堀口恭司のカーフキック5発でほぼ一本負け。朝倉は全治1か月半の重症。

またティアニーの師匠でもあるコナー・マクレガーも、UAEで行われた「UFC257」ライト級マッチで元同級暫定王者ダスティン・ポイエーのカーフキックで全治半年と、選手生命すら危うい状況にまで陥っています。

そんくらいヤバイのです。

この「カーフキック」ってやつは。

笑って済まされるやつじゃねーんだってば!

てか、

この23番ピータースってやつ、絶対格闘技好きやろマジで?

と思ったら、どーりで。

このピータースって人、オランダ出身でした。。。

オランダといえば、K-1王者アーツ、ホーストの格闘技エリートから、ジェラルド・ゴルドー、ピーター・スミットなど、自らの死をも厭わないバウンサー系の凶悪ファイターまで次々排出してきた格闘技王国。

ゴルドーは「VALE TUDO JAPAN」で対戦した、当時修斗ウェルター級王者だった中井祐樹の目に指を●れ●明させた選手であり、ピーター・スミットいたっては極真第4回世界大会で黒澤浩樹戦の判定に納得がいかず日本武道館控え室の窓ガラスを全て叩き割るという伝説を残した選手。最期は何者かに●撃されこの世を去るという、実にオランダらしいそういう…

絶対格闘技好きやろ!!ピータース!!!

てかさ、「ピータース」って名前聞いた時なんかピーンときてたのよな。

リングス・オランダに「ウィリー・ピータース」ってのがいたのよ。こいつも相当な悪童でよ、掌底に見せかけてサミングしたりとか、とんでもねー選手だったよ。。。

左のやつな、左のやつ。

そんなわけで、「ピータース?うさんクセェ名前だなー」って思っテタら、

思った以上にうさんくせーヤローでした。

ケンゴ一発目のイナズマレッグを手で止め、

v バーンリー ニコラ・ぺぺ ピータース ハンド

一発ならずとも二発目も…

謎の掌底ストップ!!

v バーンリー ニコラ・ぺぺ ピータース ハンド

まぁ一発目はいーよ。それハンボーじゃなくていーよ。あげるあげる。

でもこの二発目のやつ、

手っぽぐね?

いやいや、ルールが一定してたらいーのよ。

意図的に触ってないとか、肩から上に手を上げてないからセーフとか、手を広げてたらオッケーとか、ルール上オッケーならいーのよ。

でもさぁ、これ、

意図的じゃなぐなぐなぐね?

てか、この写真みてもらいたいんですが、

ピータース以外全部ハンドらしいだけど、

だったら全部セーフでよぐね?

てか二回も怪しい瞬間あったのに、

VARいがねって

陰謀すぎね?????

ちなみにこの日の主審は「アンドレ・マリナー」さん。

この名前を聞いてピーーンときた人もいることでしょう。

そうです。

チェンボと間違えて、ギブスに一発レッドをドヤ顔で提示するという、世紀の大誤審を演じた人デス。

さらにこのアンドレ・マリナーさんとタッグを組むVAR係は、悪名高きケビン・フレンドさん。

一番右がアンドレ・マリナーさん。真ん中がケビン・フレンドさん。(ついでに左はアホキンソン)

まぁ、なるべくしてなったわげです。。。

そしてダメ押しでこのペナルティのチャーンス。

v バーンリー ニコラ・ぺぺ ピータース ハンド

さっきの罪滅ぼしか、帳尻合わせかわかりませんが、

ついに出た!

ピータースに謎レッド!

v バーンリー ピータース ハンド レッドカード

ひゃっほー!!

グーナー界隈が騒めきますが、

よくよく見たら肩。。。

v バーンリー ピータース ハンド

肩…

v バーンリー ニコラ・ぺぺ ピータース ハンド

てかなんでさっきのはVARなしでこっちはVARすんの?

という不毛なクエスチョンはさておき、当然レッドも取り消され、ゲームは続行の方向。。。

そしてラストチャンス。

セバっさんと2号の、これまたピータースを狙ったダブルキック炸裂!

v バーンリー マルティン・ウーデゴール

v バーンリー マルティン・ウーデゴール ポスト

バーに弾かれジ・エンド。。。

というわけで、ピータースの大立ち回りに翻弄されたアーセナルは、ここ最近一切負けたことのないターフムーアで盛大に取りこぼしてしまったのでした。。。

ゔぁー…ポカした。。。

でも、敗けちゃいない、負けちゃ。。。

えー、放送席放送席、本日のヒーローインタビュー、エリック・ピータース選手です。

v バーンリー ピータース ハンド

エリック…

エリック・エデレンボスってのもリングス・オランダにいたなぁ…刃牙のモデル平直行と対戦した。

エリックって名前も「オランダあるある」なのかもしらんな。知らんけど。

まぁ、終わってしまったことはしゃーない。

今週はノーロンウィーク!というわけで、俺は心を切り替えて3連チャンで鶏喰ってる!

親子丼

親子丼

親子丼

親子丼

※オール電化のこの家でガスコンロを使っている理由は、月170ポンド(25,000円くらい?)という死に直結しそうな電気料金が送られてきたからデス。(理由はわかってません)

よーし、

どんどん喰うぞー!!!(小柳津調)

小栁津 骨法

現実逃避には喰うのが一番!

バーンリー戦必勝祈願!エミレーツ詣で

毎試合前エミレーツで生配信やってまーす。

↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【全試合放送】プレミアついに解禁!1ヶ月無料♪
↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【全試合放送】プレミアついに解禁!1ヶ月無料♪
妄想記事を描いている猿

アーセナルのせいで日本に帰国できなくなった非国民、出家信者。「妄想8割・ガセ2割」をモットーにアーセナルのエア情報を垂れ流す意識低い系ブロガーとして、日本人グーナーのメディアリテラシー向上に貢献すべく、ほぼ毎日ブログを更新中。

さる@グナーをフォローする
関連記事
プレミアリーグ20-21
スポンサーリンク
さる@グナーをフォローする
Arsenal (アーセナル) 猿のプレミアライフ

コメント

  1. 343 より:

    荒れ放題は意図的なもの。…王子様が凄い事を、仰ってます。期待を込めて、BGMはプリンス「パープルレイン」2004ぐらいのライブバージョン。

  2. 新種:ガナザウルスモドキ より:

    これVARしないのはプレミアぐらい
    一足先にVAR導入した他の国ならもうね、確実にとってますよ!!
    特にドイツならね!厳格に!ドイツの技術は世界一ィイィイィィィィ!!!ってなくらいに!

    そんでもって4枚目のフラムのレミナ君!あれは体(胴体)にぴったりくっついていて
    手がなくても体にあたってたからノーPK!!ルールブック的にはそういうはずなんですよ!
    あーもうやんだくなる。。

    DAZN Japanも公式で動画出すくらいですよ!これです!↓↓

    【不可解判定が続出! プレミアリーグの“ジャッジリプレイ”案件】イングランド&イタリアの審判事情をご紹介|番組未公開トーク

    https://www.youtube.com/watch?v=f_6o8RvGIm8