スポンサーリンク

「脅迫?」プレミア20-21 アーセナル v ウルヴス

Arsenal 1-2 Wolves

Sun Nov 29 – 19:15 Emirates Stadium

スターティング: 現在絶賛執筆中!来週までにアプ

オーバ(C)

ビッグサカ ウィロッ君 アルフィー

ジャカ セバッさん

テスコボーイ ガブII ルイルイ ベジェりん

レノ様

■ ゴール: ガブII (30) / Pedro Neto (27) Daniel Podence (42)

■ 交代:
46 ルイルイ → ロブ君
65 アルフィー → ネルソン提督
81 ジャカ → ラカZ

■ レフェリー: マイケル・オリバー

スポンサーリンク

プレミア20-21 アーセナル v ウルヴス

皆さん、朝っぱらからお疲れ様です!!

いやぁほんとわかる!わかるぞぉ!!!

まぁ当然イギリスのTwitterトレンドはこんなことになってます。

そーですね!

というわけで、

狼退治大失敗!

てか、

圧倒的完敗!!

この辺は皆さんご存知だと思いますのでね、特に語ることもないと思いますが、この試合気になった箇所さくっと!

まずゴール前で、ダヴィド・ルイスとヒメネスのクラッシュ。

これはには、かなり心がざわつきました。

まずリプレイが流れない。

この状況、これまで何度見てきたことか。

流れないってのはそういうことですから。

その後ルイルイは復帰しましたが、ヒメネスは意識を回復しないまま病院直行。

その後、病院で意識を回復したものの、頭蓋骨骨折が判明。

緊急手術が行われたようです。

手術は無事成功したとのことですが、ここからリハビリもあるし、場所が場所だけに予断は許さない状況。

とにかく今は無事を祈るのみです。

また、引き続きルイスにプレーを許可したベンチにも賛否両論。

あれだけのクラッシュの後ですから、ダメージないわけがないですよ。

v ウルヴス ヒメネス ダヴィド・ルイス

やっぱ不吉なのよなぁ。。。

これには脳専門の機関もご立腹。

プレーを続行させるなど言語道断!

ただでさえ、引退後ヘディングのやりすぎでパンチドランカーのような症状が出る選手がいるわけですから、そこはしっかりと健康管理優先でいってほしいところです。

もし交代枠の心配でこういう事がおこるとするならば、「試合続行不能な深刻なインシデントに限り、交代枠外での交代を許可」等の検討をお願いしたい。

とにかく今は、ヒメネス選手の無事を祈るばかりです。

その後、あっけなく先制されたものの、直後にガブのヘッドで同点と、オープンな殴り合いに発展か!と思われましたが、アーセナルはここで打ち止め。

v ウルヴス ガブリエウ

パスも連携も全てがギクシャクの中どカウンターを喰らうという、これ以上にない完璧すぎる敗退。

点差こそ一点ですが、点差以上の爆敗と言ってもいいでしょう。

でもこの敗退で完全に確信したんだけど、オーバがヤバイんですよ、完全に。

これとかもさ、

昨季のオーバだったら確実に脚出てると思うんだけど、

脚出すまでもなく、

ふつーに見送ってるもんね。。。

これだけじゃなく、全てのプレーにおいて「システマでもやってんの!?」てくらいの脱力。。。

システマをご存知ない方はこちら参照。

いやマジで、心ここにあらず、無気力相撲の連続。まるでエア。

もちろん年齢もあるし、シンプルに「フィジカルがついてこない」ってことであればいいんですよ。納得出来る。

でも違うんだよなあ。

なんというか、フィジカルに気持ちがついてきていないんじゃなく、気持ちにフィジカルが追いついていない感。

あの「気概」が全くそこに存在しない、オーバの形をした、ただの抜け殻というか。。。

キャプテンのプレッシャーがここにきて出てしまったのか、もしくはチーム内で何か起こっているのか…だけならまだしも、

その深刻な表情に、

誰かに脅迫でもされているのではないか?

と割と本気で考えてしまうほど、とにかくただただ心配なわけです。。。

今の悪状況を一手に引き受けている感も含め。

そして今週末、この状況でノーロンに突入するわけですが、このノーロンこそ気持ち先行型の試合。

おそらくここが今季の分岐点。

ノーロンという劇薬が、いい気付け薬となるか否か。

正直、楽しみではあります。

ドMの俺としては。

それでは最後に、どうぞこちらをご覧ください。

ぱたん…とあっけなく倒れたガチムチトラオレに対し、

「んなわけねーだろハゲコラタコ^%$*!&Y&!!!!!」

とこの日一番の魂を魅せたロブ君。

これですよ。これ。

この魂を。

週末。

ちなみに、パーティの時間はまだまだ先!

というわけで、朝っぱらから荒んだ皆さん、よろしればこちらもご覧ください。

自由って、ステキやん。

↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【全試合放送】プレミアついに解禁!1ヶ月無料♪
↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【全試合放送】プレミアついに解禁!1ヶ月無料♪
妄想記事を描いている猿

アーセナルのせいで日本に帰国できなくなった非国民、出家信者。「妄想8割・ガセ2割」をモットーにアーセナルのエア情報を垂れ流す意識低い系ブロガーとして、日本人グーナーのメディアリテラシー向上に貢献すべく、ほぼ毎日ブログを更新中。

さる@グナーをフォローする
関連記事
プレミアリーグ20-21
スポンサーリンク
さる@グナーをフォローする
Arsenal (アーセナル) 猿のプレミアライフ

コメント

  1. 343 より:

    アメリカ女子代表が、片膝をついた。オーバメヤンは拳を突き上げた。ウィロックも…。ウィロックは多分わかっていない。しかしとにかく、運動は継続している。オーバメヤンは立ち上がり必ずスーパーなプレイを披露する、と信じる。負けてるのだから何処かの間違いはあるのだろう。それでもアルテタを信じる。セットプレイコーチは仕事している。一瞬で洋ナシになる可能性もあった。サカ左ネルソン右。肯定的にとらえられる要素も見た。そしてエジルはやはり必要だった。間違いは多分それだが、だからといってアルテタが駄目とは言わない。それを言うプロセス、言葉に間違いがあったとは思わない。痛みに耐える。片膝つき続ける以上、それはしなくてはならない。応援する立場もそう思う。

  2. アナルガバガバ より:

    草草草ァ!

  3. ぺぺ より:

    選手名鑑まだ?

  4. 匿名 より:

    選手名鑑まじではやくしろ