「VAR!VAR!」プレミア19-20 マンチェスター・ユナイテッド v アーセナル

Manchester United 1-1 Arsenal

Mon Sep 30 – 20:00 Old Trafford

スターティング: やっべ!新シーズン始まっちゃったから本腰入れて更新しなきゃ!

ビッグサカ バーミヤン ケンゴ

KATSUMI シャカ マテキン

親方 ルイルイ パピー 2号

レノ様

■ゴール: バーミヤン (58) / S. McTominay (45)

■ 交代:
55 マテキン → セバっさん
75 ケンゴ → ネルソン提督
79 ビッグサカ → ウィロッ君

■レフェリー: ケビン・フレンド(友達ひとりもいない説)

 

スポンサーリンク

 

v マンチェスター・ユナイテッド エミレーツスタジアム

密航してまいりました、マンデーナイトロ、ユナイテッド戦。

クッソ田舎オールドトラッフォード開催ってことで、6時間地獄のバスの旅。

まぁスマホに色々ダウンロードしたし、最悪寝りゃいーや!ってことで乗り込んだはいいのですが、

なんと隣の席がヤーブロー……

ちなみにヤーブローはこんな人。。。

 

v マンチェスター・ユナイテッド バス ヤーブロー

圧死レベル。

つまり、6時間強の生き地獄確定であります。。。

 

しょうがなく、ちっさくなりながら、さるザップ飯。。。

v マンチェスター・ユナイテッド バス 餌 さるザップ

パッサパサの鶏を喰らいます。

 

途中足りずに鶏バーガー。

v マンチェスター・ユナイテッド ケンタッキー

ちなみに、週6ジム通いで「さるザップ」は続けてるけど、最近は気にせず食べてます。

それでも帰国から1ヶ月ちょいで5.2kgほど削りました。

さるザップ 体重計

うん、順調順調。

 

とにかく、ぎゅーっとスポンジ6時間、ようやくマジでHELLからの解放!

v マンチェスター・ユナイテッド オールドトラッフォード

しかし田舎はザーザーの大雨。。。

しかも寒いしさぁ…もう、これだから田舎は!!

まぁ唯一いいとこあるとすればこれやな。

v マンチェスター・ユナイテッド オールドトラッフォード

おそらく、手荷物預かり所(5ポンドつったかな?)。

実はね、エミレーツにはこれがないんですよ。

つい最近も、機内持ち込みのスーツケースを持ち込もうとして断られての見たし、自分も一眼カメラ持ち込もうとして「ダメ!」って言われたりしたことあるんだけど、そんな時決まって言われるのが、

「キングスクロスの駅に預ける場所あるから」

っていうセリフ。

 

キングスクロスの駅…

 

アーセナルから三駅先の駅ですからそれ!!

 

つまり手続きやらなんやらしてたら、往復30分はかかるわけですよ。

それが試合開始直前だったりしたら完全に詰み

空港直行の人とか、試合後空港向かう人もいるだろうしさぁ、絶対こんな小屋あったほうがいーやん!って思うんだけども。

これ田舎にあって、エミレーツにない唯一!!

とにかく、大荷物でエミレーツに観に来るみんなは気をつけて!

 

さてさて、まさにデブには命がけのせっまいゲートをくぐり(相席のヤーブロー大丈夫か!?)

v マンチェスター・ユナイテッド オールドトラッフォード

決戦の地オールドトラッフォードの内部へ。

この狭い空間をくぐる間にみなぎる闘志…まさに覚醒トンネルであります。

 

v マンチェスター・ユナイテッド オールドトラッフォード

突然ですが、「マンチェスター・ユナイテッド v アーセナル」といえば、皆さん何を思い浮かべますか?

01-02、OTで決めたリーグ優勝、キーンとヴィエラの確執、そして8-2事変と、皆さん各々心の中にある光景が浮かんでは消えするとは思いますが、それこそが数々の熱戦を繰り広げてきた最大のライバル対決の歴史。

そして今宵、そんな歴史的一戦に、新たな戦いのテーマが掲げられました。

それがこちら!(だだん)

「絶対点を取らないユナイテッド v 絶対点を取らせるアーセナル」

という、

究極のほこたて対決。

まさに、「刮目セヨ!」の言葉がぴったりなライバル対決2.0なのであります。

全くもってビッグ6同士の対戦とは思えないこの戦いに、キックオフ前からワクワクが止まりません。

 

選手入場!

先発は期待されたティアニーが不慮のアクシデンツにより不在ではありますが、ビッグサカ、バーミヤン、ケンゴの三羽ガラスに加え、絶好調のチェンバースによる攻撃型布陣(守備は知らん!)。

 

そしてスタンドは新しいラカZチャント!

早く帰ってこいよ!のサイン。

 

さてあとは、いかにして点を獲るか?ってとこなんですが、、、

 

いやぁ、そこが難しいですよね!!

 

ていうか、逆にユナイテッドに先制を許しちゃって、

「絶対点を取らせるアーセナル」

として、ほこたて勝負的にはうちらが有利!になってしまったわけですが(ややこしいなこの設定…)、

 

全然話ちゃうやんー。

 

「絶対点を取らないユナイテッド」とか嘘やんー。

 

盗るやんー。。。

 

ところで、このゴール決めた人誰???

よくよくみたら、俺知ってんの、ポグバと子供とドーナツ泥棒くらいしか知らねーぞんだけど。

また全員リストラされたんか???

ユナイテッドだけは伝統と格式を重んじる「CLASS」なとこだと思ってたのになぁ…

もーどこもかしこもこわいわーーーー….

 

ところで、後半ですよ後半。

バーミヤンのぬか喜び…

からのーーー、

大歓喜!!!

笑いの基本は「緊張と緩和」と言われるように、何事においても振れ幅は大事!

 

とにかく、アウェイスタンド大爆発!

v マンチェスター・ユナイテッド オールドトラッフォード グーナー

からのー、

v マンチェスター・ユナイテッド オールドトラッフォード グーナー

WHO WA YA!!!

「WHO WA YA」というのは「WHO ARE YOU」、直訳すると「お前ら誰?」ですが、このような相手の鼻を明かした時なんかに、「ざまぁ!!!」的な感じで叫ぶチャント。

俺が一番好きなチャント。

 

それはさておき、

この謎のオフサイ、

v マンチェスター・ユナイテッド オールドトラッフォード オフサイド

すごない?

 

いやいや、俺は全然VAR否定派だし、なくてもいいとさえ思ってる人間なんだけどさぁ、、、(VAR!VAR!は言いたいけど)

 

v マンチェスター・ユナイテッド オールドトラッフォード オフサイド

すごない!?!

 

そうそう、すごいといえばチェバースですよチェンバース!

いやぁよかったですよね!

当然ビッグサカも良かったんだけど、あの2号がユナイテッド相手にここまで食らいついていくとか感動。

上下の運動だけでなく、粋な小技も多用!

それがこの、セットプレーのバックヒール。

2度ほどやってたよ?

成功しなかったけど。

これ作戦として練習してんじゃね???ってくらい。

それとこの相手に当てて外に出したやーつ。

隙あらば通す、最悪相手に当てて外に出す的な器用な一面も披露!

いや来たね。

来ちゃったね!

2号の時代が!!

 

と思ったけど、ベジェりんもティアニーも戻ってくんのよな……

 

全てが手薄なアーセナルでSB戦争勃発するとか…

感慨もひとしおです!!

 

さてスコア的には1-1ドローでしたが、

「絶対点を取らないユナイテッド v 絶対点を取らせるアーセナル」

という究極のほこたて対決的には、

「絶対点を取らせるアーセナル」に軍配であります。

あざっす!

 

そしてまた6、7時間揺られて帰って来たんだけどさ、、、

v マンチェスター・ユナイテッド オールドトラッフォード ロンドン

やっぱロンドン最高!!

この寒さ、まだ耐えれる!!

コメント

  1. 匿名 より:

    オールドトラフォードで勝てない呪いwww
    まだ続いちゃったwww

    だから引き分けって悪くないんだぜーwww