「悲しみは明日へのマニフェスト」プレミア19-20 ワトフォード v アーセナル

v ワトフォード ヴィカレッジロード

Watford 2-2 Arsenal

Sun Sep 15 – 16:30 Vicarage Road

スターティング: やっべ!新シーズン始まっちゃったから本腰入れて更新しなきゃ!

バーミヤン ケンゴ

高田先生

セバっさん KATSUMI シャカ(C)

親方 ルイルイ パピー 三代目

レノ様

■ゴール: バーミヤン (21,32) / T. Cleverley (54) R. Pereyra (81 pen)

■ 交代:
60 セバっさん → ウィロッくん
67 KATSUMI → マテキン
71 高田先生 → 未来君

■レフェリー: アンソニー・テイラー(実家は服屋)

 
スポンサーリンク

 

いまのうち言っときます!!

しょっぱい試合で、スミマセン!!

 

そんなことになるとも知らず、アホヅラで意気揚々向かったワトフォード。

しかし、しょっぱなからミスりました。。。

MANGO???

あちゃー…

案の定エキゾチックな味がすると思ったよ。。。

決してこの味を否定しているわけではありません。

「純正コーラ」と思って買ったらこの味だったときのギャップに愕然としているわけです。。。

こう言うとわかるかなぁ…

シンガポールとかで緑茶のペットボトルだと思って買ったら、すんげぇ甘い何かだった的な。。。

あれと一緒!

東南アジアとかで売られてるお茶には、砂糖みたいのが入ってる時があるすよ。ほんと気をつけて!

ぶっちゃけお茶は捨てたもんね。キモすぎて。。。

でもコーラは捨てないよ!

↓これで流し込みました!

チキンラップ!

味は…

聞くな!!

 

ノーロンから一時間ちょいでワトフォードのねぐら、ヴィカレッジロード到着。

v ワトフォード ヴィカレッジロード

 

そうそう、エルトンジョンが有名セレブサポなんですよね。

v ワトフォード ヴィカレッジロード

 

なので、こんなスタンドもあります。

v ワトフォード ヴィカレッジロード

 

それはさておき、、、

v ワトフォード ヴィカレッジロード

お気づきいただけただろうか…?

 

世界のイチローがいることを…!

v ワトフォード ヴィカレッジロード ICHIRO イチロー

アウェイだけど、一気にホーム感!

 

ゆるキャラはこいつね、こいつ。

Harry the Hornet。

v ワトフォード マスコット ゆるキャラ ヴィカレッジロード

v ワトフォード マスコット ゆるキャラ ヴィカレッジロード

ハチだからホーネットね、ホーネット。

ガキの頃、めっちゃホーネット欲しかったよマジで。

タミヤ 1/10 電動RCカーシリーズ No.336 ホーネット オフロード 58336

 

選手入場!!

前半は楽しかったですよね!!

最初はバタついちゃったけど、

バーミヤン無双のツーゴール!!

この動画だとよくわかんないと思うから、

これ見て見て!!

親方アシスト即ターンからニアぶち抜き!

 

高田先生のエロいやつからのー!

 

いやぁ、いい時代でした。。。

 

ルイルイもさぁ、頼もしかったよ。

v ワトフォード ヴィカレッジロード ダヴィド・ルイス

前半は。

でも、一寸先は闇。

人生何があるかわからないもんだよ。。。

 

そして運命の後半戦。

 

そんときの入場曲が、ヴァンダレイのアレ!

アガるよね。

当然、顔突き出しながら腕クネクネしました。

 

あとは、たった45分乗り切るだけだから!

その先に見えんのはCLだからCL!

ウェイヨーーー!!!

のハズだったんスけどねぇ。。。

 

パピーのプロにあるまじきパスミスから2-1。

 

その後もルイルイが思わず倒してPK献上、2-2と、

 

守備が壊滅的崩壊。

 

それについては、

「ゔぁー、ポカした。正直、スマンカッタ!敗因は全て俺にある」

と潔く謝罪したパピー。

 

詳細はこの記事を読んで欲しいのですが、

「敗北は自分のせい」ありえないポカしたソクラティスが異例の緊急謝罪
昨日のワトフォード戦にて、プロとしてありえないパスミスから失点を演出してしまったパピー。そんな彼が異例の謝罪で世間を騒然とさせています。その内容とは?

違うから!

この敗退は全員のせいだから!!

顔あげろ!

と言いたいところですが、

とにかく、

前半とはなんだったのか!?

を問われすぎる、まるでトワイライトゾーンに迷い込んでしまったかのような後半。。。

ナイルズなんか守備も攻撃も気もそぞろ、完全崩壊。

これあれだよな。。。

母ちゃんに金せびられて、集中出来なくなってんだよな…。

母ちゃん、もういーかげん子離れしろって!!ったくー…

 

そんな感じで連携ゼロなので、ゴールが遠い…。

ジャカーー!!!

 

ジャカーー!!!

 

途中から入った子供達も、最後の一歩が届かない。。。

 

 

遠慮しなくていーから!!

 

イナズマも不発っ!!

 

結局後半は終始ワトフォードに押されまくり、圧倒的敗北を喫してしまいました。。。

ていうかさ、

ワトホードって最下位だったのな!?

マジで!?

うせやろ…。

 

出たなぁ、

ポンコツクラブ、アーセナルとやるときだけ覚醒する説。

 

ちなみに、今回27本?だかのシュートを浴びまくったらしいアーセナルですが、それを含め、これまで96本のシュートを喰らっているようです。。。

これは5大リーグ最多とのこと。

 

これに対し、こんなリプが。

96本も打たれてるのに8失点しかしてないんやから凄いDF陣やと思う

 

ほんまやで!!!

 

まぁDF陣が凄いってのもあるし、

うちら、めっちゃツイてる可能性もある。

 

アーセナルでのPK献上率はプレミアで最悪らしいけど。

でもさ、これさえなくなれば勝てるってことなんだから、

倒さなきゃいーんだよ、倒さなきゃ!(自ら倒れる奴もいるけど)

COYG!!

 

それにしても、後半のバタバタはいったいなんだったのか…

ディーニーいないのに…。

しかし、その「謎に摩訶不思議なところがアーセナルの魅力である!」ということを、改めて実感した次第です。

 

あとドイツ代表の偉い人。

v ワトフォード レノ

そろそろレノを正GKに抜擢してもいい頃合いだと思いますよ。マジで。

 

 

試合後、腐敗と自由と暴力にまみれた淀んだ街角でイかれた野郎どもと遭遇、TOM★CATの「TOUGH BOY」が俺の脳内を席巻しました。

No boy no cry 悲しみは

絶望じゃなくて明日へのマニフェスト…

 

当然、そっと拳を握ったことは言うまでもありません。

そして今度はMr.ポーゴばりのグラサンかけて参戦したいと思います。

 

てか、あれだぞ!

マニフェストは民主党じゃなく、TOM★CATが生みの親!!

コメント

  1. UKKT より:

    いつも楽しいブログありがとうございます!ホーム側で現地観戦しました。ワトフォードが1点返してからの盛り上がりっぷりにはイギリスのフットボール愛のパワーを全身で感じました(笑)最後は隣に座っていて、家族全員ワトフォードファンでダブリンから応援に来たという70くらいのお爺さんと仲良くなって、マッチデイプログラムをいただいちゃいました。アウェイチケ高すぎて買えなくて残念でしたが楽しい時間を過ごせました。エジルの神パス観れたし。次は必ずエミレーツに行きます!