スポンサーリンク

もっとロッシーが好きになる。トマーシュ・ロシツキーLOVEインタビュー

俺達のロッシーが「愛」を語っていました。

 
スポンサーリンク

 

6月9日プラハで引退試合を行うロッシーのインタビューです。アーセナルの理由(わけ)、怪我との闘い、そしてフットボール愛など、これでもかってくらい赤裸々に語った、素晴らしすぎるグーナー必見、いや全てのフットボール好きに観てもらいたい内容です。一部文字起こししてみましたので、是非雰囲気でご覧ください。

 

 

プライオリティはフットボール

お金のことだけ考えてたら、ボクは取り返しのつかないミスを犯していたかもしれないね。

フットボールはずっとボクのモチベーションだった。

もちろん魅力的なオファーは嬉しいよ。でもやっぱり一番はプレーのスタイル。フットボールは常に一番のプライオリティで、お金は二の次だった。

ボクにはプレーが全てだったし、どんな凄いオファーだったとしても正直関係なかった。それが僕が幸せでいられたひとつの理由かもしれないね。

もしドイツじゃなかったとしても、たとえばイタリア、スペイン、イングランドだったとしても、まぁ実際オファーがあったんだけど、そこに寄り道しても、同じような道を辿ったと思う。

いつかはアーセナル。

今でもそう思ってるよ。

ロシツキにとってのアーセナル

ロシツキー v エヴァトン POY

アーセナルは僕が好きなクラブだった。

「Arsenal Way」と呼ばれるプレースタイルは、自分にとってはとにかく魅力的だった。自分を一番活かせるクラブだと思ったし、ここなら楽しめるだろうなぁって。

来てからも、ここでずっとプレーしたいと思ったね。

キープレイヤーとタイトル

アーセナルは”サクセス”のクラブだ。

僕が来る2年前は無敗優勝していたし、チャンピオンズで決勝まで勝ち上がったシーズンもある。

正直、自分も色んなタイトルが勝ち獲れると思ってた。

そうはならなかったけどね…

2006年、僕が入団した時はハイバリーラストシーズンの翌年だった。クラブは新しいスタジアムに移り、いつの日からか借金を返すのがクラブの命題となって。そうなると、なかなか選手を引き留める事も難しくなった。

アンリ、フレブ、ファブレガス…毎年毎年キープレイヤーがいなくなって、タイトルも難しくなってしまって…CLに出場することが唯一の目標みたいになっていたのかもしれない。

2008年のアーセナル

でも2008年(07-08)は、タイトルこそ獲れなかったけど、いいチームだった。2月にはリーグトップにもいて。

でも自分が怪我でシーズンを棒に降って、エドゥアルドも骨折してしまって…そしてファンペルシーも怪我…残念ながらタイトルレースには敗れてしまった。

2008年…成し遂げられなかったのは心残りだよ。

ファンタスティックなチームだったし、とにかくナイスなフットボールをしていただけにね…

でもあの時は最高に楽しくプレー出来たんだ。

怪我について

トーマス・ロシツキー v サンダーランド

怪我はやっぱり、自分のキャリアを決定づけてしまったと思う。18ヶ月離脱してしまったしね。

正直、自分の中でも最悪な時間だった。自分の実力を魅せる事が出来ると思っていたからね。

でも出来なかった。

選手として一番最高の時間をピッチの外で過ごしてしまったんだ。あの怪我のせいでね…

選手としては、27から31の間が最高の時だと思ってた。

それがフットボール選手にとってのピークだと。

経験も積んで、選手として一番脂の乗り切った時期。

だから最高のプレーが出来る。

でもボクはそれが出来なかった…

自分のキャリアを振り返ってみて、それが一番残念なことだね。

 

怪我する前は自分の中でもいい感じできていたんだ。いつでもゴールを決めてやるって感じで臨んでたしね。

でも、怪我で手術をして、治ったと思ったらまた手術で…

僕はもともと攻撃的な選手だったけれど、そういうのも怪我で壊れちゃった感じで。

怪我さえしなきゃ…なんて事だけ考えてた。

この時はほんと難かしい時間だったし、自分自身忘れたい時期だね..

でもこの時のおかげで、自分は強くなれたとも思う。

タイトルについて

アーセナルは長い事タイトルから見放されて来た。

でもついに、FA CUP 2014で優勝した。

選手にとってもファンにとっても最高の瞬間だったと思う。10年間待ち焦がれたトロフィーだったからね。

延長でジャックと一緒にピッチに入った時、この試合勝ったと思ったんだ。

最強のベンチだったしね。

ハルも疲れて守備的になっていたけど、自分達はプレーの質も良かったし、パスも通せていた。

こういう試合で大事な事は、相手の全てを上回る事なんだ。

もし自分がダメでもジャックならやってくれる、そう思ってた。

そして、延長後半、ラムジーがゴールを決めて3-2になった。

最高の瞬間だったね…

みんながあのゲームを楽しんでいたと思う。

ボクらはピッチ外でも仲が良かったし、最高の仲間だったけど、みんなお互いの為に闘ったんだ。

パーフェクトなチームだった。

そして純粋に、心からフットボールを楽しむことが出来たよ。

 

ボクらはFAカップとコミュニティシールドを獲った。

これがボクがアーセナルで勝ち獲ったタイトルだけど、

本当はもっともっとクラブに貢献出来ると思ってた。

全て勝てるだろうって…

 

 

 

以上がロッシーのことば。

これがトマーシュ・ロシツキーという漢の全て。

 

If you love football,

You love Tomas Rosicky.

 

そんなロッシーを愛してやまない全グーナーならびにフットボールLOVEの皆さんに朗報です。

ロシツキー引退試合、アーセナルプレイヤーでの配信が決定しました。

この夏何故か暇なセスクをはじめ、フレブ、フラミニ社長参戦で、スパイスボーイズ再結成。あの「黄金の中盤」が蘇ります。他にも懐かしい顔がいっぱい。

グーナーも、そうでない人も、きっとロッシーをもっともっと好きになるロッシー引退試合はアーセナルプレイヤーで。

Watch Tomas Rosicky's farewell match LIVE
Tune in from 4pm on Saturday, June 9 to see the likes of Fabregas, Flamini, Gibbs and Cech in action at game in Prague

 

引退試合についての記事はこちら
「あの男も参戦!?」ロシツキーの超豪華引退マッチ開催決定!

 

キャンペーン終わっちゃったけど、ボスTは最高!

EXFA MERCI BOSS キャンペーン Tシャツ

 
↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

 

YouTubeも絶賛更新中

【三笘爆速過ぎて期待通りの動画じゃないから三笘ファンは絶対見ちゃダメ!】カラバオ アーセナル vs ブライトン


【LONDON IS RED】チェルシーvアーセナル ピンポンダッシュ炸裂!お姫様ニキ爆誕!!恍惚のスタンフォード


【神回出待ちライブ】QTK 急に冨安が来たので 横なんなんスペシャル


【プレータイムに不満?】冨安の一月移籍の噂に鋭く切り込んでみた


【サイズに要注意!】アーセナルのヤバイ黒金アウェイシャツ解説試着レビュー

日英サイズの違いも徹底解説したよ!

【アーセナル超文化系オフ】幅允孝さん(ガチグナブックディレクター)とアーセナル21-22サシ飲み総括 in バッカス


自由研究動画

自由研究第二弾!救世主・冨安健洋の全て!華麗な経歴、獲得理由、英語の秘密、人間性全て網羅!


超アーセナル入門!一撃で「名門アーセナル」がわかります



【空中戦最弱の最強右CB!】ベン・ホワイトの取説【徹底解剖】1.5倍速推奨!

「さるの自由研究」第一弾はベン・ホワイト。アルテタがハーフミリオンも払ってベン・ホワイトを獲得した理由とは?取説含め徹底解剖!



↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【全試合放送】プレミアついに解禁!1ヶ月無料♪

YouTubeも絶賛更新中

【三笘爆速過ぎて期待通りの動画じゃないから三笘ファンは絶対見ちゃダメ!】カラバオ アーセナル vs ブライトン


【LONDON IS RED】チェルシーvアーセナル ピンポンダッシュ炸裂!お姫様ニキ爆誕!!恍惚のスタンフォード


【神回出待ちライブ】QTK 急に冨安が来たので 横なんなんスペシャル


【プレータイムに不満?】冨安の一月移籍の噂に鋭く切り込んでみた


【サイズに要注意!】アーセナルのヤバイ黒金アウェイシャツ解説試着レビュー

日英サイズの違いも徹底解説したよ!

【アーセナル超文化系オフ】幅允孝さん(ガチグナブックディレクター)とアーセナル21-22サシ飲み総括 in バッカス


自由研究動画

自由研究第二弾!救世主・冨安健洋の全て!華麗な経歴、獲得理由、英語の秘密、人間性全て網羅!


超アーセナル入門!一撃で「名門アーセナル」がわかります



【空中戦最弱の最強右CB!】ベン・ホワイトの取説【徹底解剖】1.5倍速推奨!

「さるの自由研究」第一弾はベン・ホワイト。アルテタがハーフミリオンも払ってベン・ホワイトを獲得した理由とは?取説含め徹底解剖!



↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【全試合放送】プレミアついに解禁!1ヶ月無料♪
妄想記事を描いている猿

アーセナルのせいで日本に帰国できなくなった非国民、出家信者。「妄想8割・ガセ2割」をモットーにアーセナルのエア情報を垂れ流す意識低い系ブロガーとして、日本人グーナーのメディアリテラシー向上に貢献すべく、ほぼ毎日ブログを更新中。

さる@グナーをフォローする
関連記事
ロッシーの後ろ髪なびかせ隊
スポンサーリンク
さる@グナーをフォローする
Arsenal (アーセナル) 猿のプレミアライフ

コメント

  1. ロシスキー より:

    ロッシー最高すぎる
    もうほんとありがとう

  2. Iceman より:

    カソルラや彼のような選手を、アーセナルで今後あと何人観られるのか…

    2007-16アーセナル万歳!

  3. 匿名 より:

    いつの日かガナーズをリトルモーツァルトが指揮し美しい旋律を奏でてほしい。

  4. 前田敦子 より:

    いつの日かガナーズをリトルモーツァルト監督が指揮し美しい旋律を奏でてほしい。

  5. Omnh.gooner より:

    さるさーん!いつも超楽しませてもらってます( ̄∇ ̄)
    ツイート始めたんで、もし良ければフォローしてもらえたら嬉しいです!!
    Omnh.gooner
    @omnh1216

  6. なか より:

    私はこの8月でガナサポ歴20年になりますが、2008年は一番華麗で本当に楽しいチームでした。
    無敗優勝の時よりも私は魅了されました。それほど美しいフットボールだった記憶があります。
    あの時のチームのイメージをベンゲル氏はずっと思い描いていたんだろうなと。
    少しは思い出補正があるかもしれないけど、私の中でも最高のチームでした!

タイトルとURLをコピーしました