猿が独断と偏見のみで選ぶ「セオ・ウォルコット ゴール」BEST3

瀬尾君、公式です。

と同時に、公式がフェアウェルの動画をアップしていました。

 
スポンサーリンク

 

THANK YOU, THEO!

 

 

そう、100ゴールという、とてつもない記録を達成した俺たちの14番。

397試合 108ゴール 5ハット 43アシスト

 

ちなみにこちらが100ゴール越えの選手ランキングなのですが、

Thierry Henry 228
Ian Wright 185
Cliff Bastin 178
John Radford 149
Jimmy Brain 139
Ted Drake 139
Doug Lishman 137
Robin van Persie 132
Joe Hulme 125
David Jack 124
Dennis Bergkamp 120
Reg Lewis 118
Alan Smith 115
Jack Lambert 109
Frank Stapleton 108
Theo Walcott 108
David Herd 107
Joe Baker 100
Olivier Giroud 105

キングアンリ、ライト師匠、神カンプ、アランスミスと、そうそうたるレジェンドメンバーが名を連ねる中、ここ最近では瀬尾君とジルーだけなんですよね(あぁ、リルボーもいたかー)。

もちろん長年在籍していたことを差し置いても、この記録の偉大さをわかっていただけると思います。

 

そんな瀬尾君の100ゴール、もちろん全て目にしていたわけではありませんが、「瀬尾君ゴールBEST3!」を、俺の独断と偏見だけで選んでみました。

猿が選ぶ瀬尾君ゴールBEST3!

第3位

プレミア12-13 アーセナル v ニューカッスル・ユナイテッド

新城戦で3ゴール2アシストと大爆発。そのハットを決めた三発目のこれ。

 

倒れても倒れても何度も立ち上がり、これまでのキャリアを象徴するような一撃。復活を確信する一発でした。

そしてその後のセレブレーションがこれまた…。

ジルーのドヤーからのー、

v ニューカッスル ジルー ウォルコット ゴール

 

高速アルプス一万尺的なやつ フィーチャリング・ギプス!

v ニューカッスル ウォルコット ゴール ギブス アルプス一万弱

v ニューカッスル ウォルコット ゴール ギブス アルプス一万弱

v ニューカッスル ウォルコット ゴール ギブス アルプス一万弱

v ニューカッスル ウォルコット ゴール ギブス アルプス一万弱

ブリティッシュコアは永遠に不滅です!

 

第2位

プレミア11-12 チェルシー v アーセナル

これは学校要塞スタンフォードブリッジにて、宇宙最強相手に5-3と競り勝ったミラクルマッチでの一発。

新城戦同様、倒れても立ち上がり、っていう瀬尾君の気持ちの入った一発でした。

 

いやもう、アウェイスタンドも凄かったよ…

ありがとな。

 

そして栄えある第一位はこちら!(だだん)

第1位

プレミア12-13 アーセナル v トッテナム

ノーロンダービー、アデバヨーのPKとかで2点先制されてからの大逆転、最後の二発。

 

これはゴールというか、この咆哮ですよね…。

v トッテナム ウォルコット ゴール 5-2

v トッテナム ウォルコット ゴール 5-2

 

からの、オブジェ。

v トッテナム ウォルコット ゴール 5-2

v トッテナム ウォルコット ゴール 5-2

 

課長もダッシュで参加して欲しい勢いだったけれども、

v トッテナム ウォルコット ゴール 5-2 ボイチョフ・シュチェスニー

スタジアムの熱量含め、俺の中では一番印象に残っているゴールだなぁ…。

 

特別賞

あ、そーいえばFAカップ決勝でもヤバイゴールあったらしいんだけど、、、

どういうわけか、あまり記憶に残ってないというか…。

その辺についてはこちらを参照いただきたいのだけれども、、、
http://www.arsenal-monkey.com/?p=12424

今みたら、すげえゴールだった!

ってわけで特別賞を授与します。

 

以上が「猿が選ぶ瀬尾君ゴールBEST3」ですが、皆さんのは入っていましたか?

改めてゴールを見直して気づいたんですけど、偶然にも倒れてからのシュートが二つも入ってるんですよね。

あぁそっか、そうだったか…っていう。

「FWはすぐコケろ。コケて痛がれ」みたいな事が公然とまかり通るようなこのご時世、転んでも転んでもゴールに向かって行く選手なんてなかなかいませんよね。

常に前だけを見据え、ゴールに向かって行くあの姿勢。そっか、俺はあの瀬尾君が好きだったんだと、今ごろ気づいたのです。

しかし不幸にも怪我に泣かされ、最近ではピッチに立つ機会も徐々に減り。

そんな戦う漢だもの、おそらく精神だけが無駄に消耗していく日々だったことは、なんとなくね…。

そんな中、自分を欲してくれるクラブが見つかった。良かったじゃないか。

まだ28歳、もうひとコケふたコケあるかもしれないけれど、青いシャツで頑張ってこい!と、このゴールを観て、改めてそう思うのです。

瀬尾君はただでは転ばない、You Know?

 

 

猿も奇行させていただいた、月刊フットボリスタ様2月号「煩悩を吹っ飛ばせ!17-18前半戦108の謎」絶賛発売中です

月刊フットボリスタ 2018年2月号
ソル・メディア (2018-01-12)

↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

 

妄想記事を描いている猿

「ガセ2割・妄想8割」をモットーに、アーセナルのエア情報を垂れ流す意識低い系ブロガー。日本人グーナーのメディアリテラシー向上に貢献すべく、ほぼ毎日ブログを更新中。

さる@グナーをフォローする
関連記事
アーセナル動画瀬尾君のユーノーミー
さる@グナーをフォローする
Arsenal (アーセナル) 猿のプレミアライフ

コメント

  1. でゅあん より:

    どこでどれだけ転かされても、その視線の先にはボールとゴール。
    そんなセオ君が大好きなのです!

    エヴァートンへ行っても、そこは変わらないでいて欲しいな。