「まるでボンジョビ!」ロンドンの地下鉄がBonJoviのライブ会場だった件

最近暗いヌースが続いてますので、ちょっとほっこりする話題を。

 

スポンサーリンク

 

ロンドンのチューブ(地下鉄のことをチューブって呼ぶんだよ)で、ボン・ジョビの「Livin’ on a Prayer」を大熱唱していた男性がマジ最高だと話題です。

何が最高なのか…

迷わず見ろよ、見ればわかるさ!!

ここまでやっといて、

肝心のサビを一切歌わないおっさん。

ね?

最高でしょ?

 

俺ことあるごと言ってるけど、外国人シンガーでいっちゃん好きなのがボンジョビなんすよ。マジで。

それと同列でコールドプレイなんだけど、

とにかく、ボンジョビの中でも群を抜いて好きなんがこの「Livin’ on a Prayer」なわけ。

好きすぎて、当時のカセットテープは全てAXIAだったっスから。

 

なんのこっちゃって人はこれ参照。

 

ま、とにかく、「まるでボンジョビ!」なわけよ。

今もさ、トレ中は不朽の名盤『Slippery When Wet』とか『New Jersey』でドーピングしてるし、

特に、「Lay Your Hands On Me」のイントロからアガって、「Bad Medicine」かーらーの「Born To Be My Baby」の流れなんてもう神!

そらぁ伊藤政則先生も大プッシュするよ!って話で。

もう当然アガりますよ、ダンベルも。

そんでさ、30年も前の曲なのにさ、未だに響くわけよ。(というか、今の歌手を全く知らないだけなんだけど)

騙されたと思って聴いてみてよマジで!


 

話は戻って「Livin’ on a Prayer」。

なんつっても、俺、「ウワウワウウウワ…」から歌えるからねこれ。

「ダツメジツブツブメギノーナッ!!」

 

な?

 

だからわかんのよ!!!

このおっさんの気持ちが!!!

 

そう、あそこはオーディエンスにマイク向けるとこ!!!!!

自分で歌うとこちゃうねん!!

 

そしてそれに小声でアンサーしたロンドン市民最高!!!

 

まぁでも、日本ならどこにも笑みなんてこぼれず、超絶シカトで終わるんやろなぁって考えると、電車の中でバカ騒ぎするパリピは嫌いだけど、加減はあるにせよ、こーいう文化も悪くねーよなって思うよね。

ってことで、名曲「Livin’ on a Prayer」、みんなも合いの手入れてみてくれよな!!!

 

最近はもう、あのハイトーンボイスは聴けなくなってしまったけれど、

俺の中のボンジョビはボンジョビ。

 

ただ筋トレ中、アレがかかると、ちょっとわろけてまうのよな…

おい、きんに君!

責任取ってください!!

コメント

  1. えちる より:

    自分がこの場にいたら笑えるかどうか疑問ですが、まぁ、早くおうちに帰りたいんでしょうね。