「子供躍動!」ICC2019 バイエルン v アーセナル マッチレポ

Bayern Munich 1-2 Arsenal

Thu Jul 18 – 4:00 Dignity Health Sports Park

スターティング: やっべ!新シーズン始まっちゃったから本腰入れて更新しなきゃ!

(以下ICC調べ)

ラカZ

バーミヤン 高田先生 ミキティ

ウィロック ジャカ(C)

ナチョ ムスタヒ パピー 三代目

レノ様

■ゴール: Poznanski (49 og) エディ (88) / Lewandowski (71)

■レフェリー:

 
スポンサーリンク

 

ICC2019 バイエルン v アーセナル マッチレポ

お待たせしました、俺たちのアーセナル。

ICC2019アメリカステージついに開幕です。

ICC(インターナショナルチャンピオンシップ)っていうだけあって、対戦相手が超豪華。

バイヤン、フィオレンティイーヌ、そして久保君と、慣らし運転にはもってこいの大会となっております。

そして迎えた初戦のバイヤン戦。ぶっちゃけノイアーとレバンドフスキーしか知りませんが、超強豪布陣に違いありません。

アリンコバナナシャツのお披露目試合にもなったよ。

 

前半はアップ程度、お互い様子見の展開でしたが、後半試合が動きます。

49分、バーミヤンのシュートが、クリアしようとした相手の脚にあたりそのままゴールへ。アーセナル先制!

しかし71分、サイドからのクロスにゴール真っ正面のレバンドフスキーがムスタヒとの空中戦を余裕で制し、頭で決めて同点。

ただゴール決められた時のムスタヒの、「はいオフサイ!風で手を挙げてみた」も悪くはなかった。

ICC プレシーズン アーセナル v バイエルン ムスタフィ

そしてシーズンの到来を実感!

 

それはさておき、後半ピッチインしてきた子供達が躍動しまくり。

最後は、ジュルー2号とエディのホットライン開通!!

試合終了間際、子供筆頭エディが決勝点を決め、あの超強豪バイヤンを打ち破ったのでした。

いやぁ、こりゃザハもうかうかしてらんねーぞ!

 

MoMは当然決勝ゴールを決めたエディ。

伸び代無限大!

当然エディコールがスタジアム席巻!

カメラマンの声かけにも余裕の表情で応えるエディ。

でもクロス叩き込んだジュルー2号も良かった!

まだまだアカデミーの選手だけど、一軍と一緒に練習しても全く物怖じしないし、こういうメンタルの強さなんだろうなぁ。

上手い下手関係なく、「とにかく自分が一番」と思えるメンタル。

一軍との練習でも全く物怖じせずガツガツいくし、「練習こそ削れ。日本人にはそれが足りない」という中田ヒデの言葉が身に染みるというか。

とはいえ一方で文化の違いだからしょうがないとも思ったり。

和を重んじ、空気を読める日本人は最高だとも思う。海外住みとしては特に。ただ、こと海外でプレーするにはそういった感覚が不利なのは否めないから難しい。

ちなみに、うちのセナさんもArsenalHubでやってるフットボールスクールに通い始めたんだけど、

6歳でも普通に削るからね。

削って止めたら「よくやった!」と褒められる文化。

この違いはでかいと思う。

 

まぁとにかく、子供たちよくやった!!

アーセナルの未来に乾杯!!

 

ICC 2019 バイエルン v アーセナル ハイライト

 



ヌードズキッチンガナーズ コラボT INVINCIBLE RAMEN T バナー
フレディ is Back! Invincible Ramen-T 詳細はこちら!

XFA様新作続々!



プレミア全試合配信!(1ヶ月お試しゼロ円!)



↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ


ヌードズキッチンガナーズ コラボT INVINCIBLE RAMEN T バナー
フレディ is Back! Invincible Ramen-T 詳細はこちら!

XFA様新作続々!



プレミア全試合配信!(1ヶ月お試しゼロ円!)



↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
妄想記事を描いている猿

「ガセ2割・妄想8割」をモットーに、アーセナルのエア情報を垂れ流す意識低い系ブロガー。日本人グーナーのメディアリテラシー向上に貢献すべく、ほぼ毎日ブログを更新中。

さる@グナーをフォローする
関連記事
プレシーズン
さる@グナーをフォローする
Arsenal (アーセナル) 猿のプレミアライフ

コメント