「究極のほこ×たて対決!」プレミア18-19 ハダーズフィールド v アーセナル

Huddersfield Town 1-2 Arsenal

Sat Feb 9 – 15:00 John Smith’s Stadium

スターティング: やっべ!新シーズン始まっちゃったから本腰入れて更新しなきゃ!

ラカZ

パリピ ミキティ

親方 KATSUMI マテキン 三代目

ナチョ コッシー(C) ムスタヒ

レノ様

■ゴール: パリピ (15) ラカZ (44) 親方 (90 + 3 og)

■交代:
56 マテキン→西島
76 ミキティ→ジャニー
86 パリピ→ウィロッ君

■レフェリー: ジョン・モス

スポンサーリンク

 

先週のシッティ戦にて、上位との差をこれみよがしに見せつけられたアーセナル。

しかし今度は我々が上位との差を魅せつけてやる番!最下位ハダーズフィールド戦!

というわけで、今回、最下位を完膚無きまで叩きのめし、気持ちよーく2部に逝かせてさしあげるために立ち上がった、11人のアーセナルオールスターズはこちら。

 

 

レノ、三代目、コッシー、ムスタヒ、ナチョ、親方、マテキン、KATSUMI、ミキティ、パリピ、ラカZ…

 

おぉ、ミキティと三代目復帰おめでとう!!

 

でも…あら?

高田先生とバーミヤンとラムZは?

あれ?シャカもいない!?

最下位とはいえ、何たるコマ落ち!一体全体どーなってんの!?

と思っていたら、どーやら、こーいうことみたいでした。。。

バーミヤン:重症

高田先生:重症

ラムZ:膝がちょっと

シャカ:股ぐらがちょっと

これにはさすがの俺も、

 

地球滅亡が先かアーセナル滅亡が先か!

この後ピッチ上では予想だにしない出来事が!!!

 

というナレーションが脳内でエンドレスリフレイン。

でもこーいうとき、グーナー的ドM体質って出るよね。

この状況でのこのメンツに、もはやドキドキが止まらないわけです(個人の感想です)。

とにかく、

(ここ最近)、アーセナルが時代(ネタ)を作ってきたのはいつも逆境の時!

 

ユーやっちゃいなYO!

 

そんな気持ちで、温かく見守ることにしました。

ハダーズ戦の裏テーマとは?

ちなみにこの一戦には、こんな裏テーマがありました。

ハダーズフィールドはここ8時間27分(5、6試合?)ゴールなし。

片やアーセナルは、今季唯一アウェイでクリーンシートゼロクラブ。

というわけで、これはまさに究極の「ほこ×たて」。

そうなのです。

さきほども言った、「この後ピッチ上では予想だにしない出来事が!!!」が現実に起きてしまう可能性に満ちた、

 

絶対アウェイでクリーンシートを獲らないアーセナル v 絶対ゴールを決めないハダーズフィールド

 

という、究極のほこたて対決だったのです。

どんな試合も謎に飽きさせないアーセナルサイコー!と、改めてグーナーであることの喜びを噛み締めながら観ていると、

初っ端から最下位ペースで進んじゃって、こういうヒヤヒヤさせてくれるところも、なにか人生の縮図を見てるみたいで非常にヒューマンドラマ(ザ・ノンフィクション)を見てるみたいだし、そんな逆境をはねのけ不遇のパリピがボレーを決め、ラカZが念願の二桁ゴールを達成!

そしてなんといっても究極はこれ。

スコア的には1-2で、一見ハダーズフィールドが5試合ぶりくらいにゴールを決めたように見えてるけど、

 

ロスタイムこれ決めたの親方ですから!

 

これ完全にアーセナルのゴールですから!

 

という信じられない結末…。

 

そんなわけで、「絶対アウェイでクリーンシートを獲らないアーセナル v 絶対ゴールを決めないハダーズフィールド」の一戦は、

クリーンシートは獲らないし、ゴールも決めない!

という、まさに「ほこたて対決」にふさわしい、番組的には最高にドラマティックな幕切れを迎え、最下位相手に横綱相撲が出来ない試合内容などもはやどーでもよくなる、

俺にとっては、見どころ満載のアーセナルを思う存分堪能!

 

ていうか、俺の予言も的中!

「この後ピッチ上では予想だにしない出来事が!!!」

リアルに起こっちゃって、もはや「アーセナル持ってる!」としか言いようがないこの展開に、ニヤニヤが止まらないのでした。

それと、ハダーズサイドの田舎の皆さんにおかれましても、5試合ぶりにゴールを決めてあげた我々の優しさを噛み締めてください。

 

ところでこの試合、ダズーン実況が八塚さん、そして解説が元日本代表の波戸さんだったのですが、
(え、まさかこんな公民館の一室みたいとこで収録してんの!?)

途中から波戸さんのボイスが映画評論家の町山智浩さんの声色にしか聞こえなくなってきて(似てるよね?)、町山さんがテキトーにサッカーを評論してるみたいな感覚に陥り、識者界隈では色々アレらしい解説もとても楽しめました。ありがとうございます。

 

さて、この結果を受け、我々アーセナルは6位をガッチリ死守。

あとは日曜に行われる「意識高い系金満 v 意識低い系金満」のヌル対決において、チェルスキーの取りこぼしを願う形となっております。

シッティ様、よろしくおねげーします。

てゆーか、

どっちも負けろ。

 

P.S.
怪我人情報です。
アーセナルがパーツが足りず、試合すら組み立てできない中、ベジェりんは見事ホワイトハウスの組み立てに成功していた模様!ラブリー♪

次は永遠に出来ることないサグラダ・ファミリア式スタジアムでおなじみ、ホワイト・ハート・レーンでも組み立ててあげてください。ないと思うけど。

重大告知!

カオリンのエミレーツツアーですが、現地の試合日程変更にともないツアースケジュールも変更となった模様。

それがなんとユナイテッド戦!(マジかよー…)

「★きっと猿さんもきてくれる」…!?

いくいく!!!!!

仕事休む休む!!!

詳細はこちら!
https://www.sports-his.com/soccer/arse_lon6d_special2.htm

 

君もホワイトハウスで心を落ち着けよう。

 

俺たちのEL!は Live on ダズーン!!(1ヶ月お試しゼロ円!)



↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
俺たちのEL!は Live on ダズーン!!(1ヶ月お試しゼロ円!)



↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
妄想記事を描いている猿

「ガセ2割・妄想8割」をモットーに、アーセナルのエア情報を垂れ流す意識低い系ブロガー。日本人グーナーのメディアリテラシー向上に貢献すべく、ほぼ毎日ブログを更新中。

さる@グナーをフォローする
関連記事
プレミアリーグ18-19
さる@グナーをフォローする
Arsenal (アーセナル) 猿のプレミアライフ

コメント

  1. ロシスキー より:

    >見どころ満載アーセナル
    自分はまだまだ調教不足でした… さるさんの境地を目指して精進いたします。

    >どっちも負けろ
    禿同