Arsenal (アーセナル) 猿のプレミアライフ

アーセナルのマッチレポート、チケットの取り方、チャント、ニュースなどをゆるーい感じでお届けしちゃうArsenal blog

「戦術とは毎日チクショーである」猿は戦術本を7文字以上読めたのか?フットボリスタ様へのアンサーブログ

Pocket

ボリスタ様へのアンサーブログです。

とどけ、この想い!

 
スポンサーリンク

 

ボリスタ様で珍事発生!

先日ボリスタ様ウェブサイトの名物企画・編集長対談「喫茶店バル・フットボリスタ ~店主とゲストの蹴球談議~」冒頭にて、なんとわたくし「さる」の名前が出されちゃうという、MMR出動並みの珍事が発生しました。

まずは早速、その模様をご覧ください。

喫茶店バル・フットボリスタ ~店主とゲストの蹴球談議~

今回のお題:月刊フットボリスタ18年11月号
『ポジショナルプレーvsストーミング 欧州サッカー2大戦術潮流の最前線』
店主 :浅野賀一(フットボリスタ編集長)
ゲスト:川端暁彦

■細分化する興味、深化するマニア

 

今号のテーマは『ポジショナルプレーvsストーミング』という欧州の戦術2大潮流を追うみたいな内容でしたが、中でもさる☆グーナー @saru_gooner さんによるアーセナル記事が一番面白かったですね

さる「!?」

浅野「そこからきましたか(笑)。俺もさるさんの記事は毎回好きだよ。ただ、さるさんみたいな視点でサッカーを楽しむ人が今回のフットボリスタをどう読んでくれるのだろうと不安になりますね

さる「!?!?俺の記事なんて読んでる人いたんや…(真顔)」

川端「僕もそこが知りたくてTwitterも確認したんですが、特に何も触れてないですね(笑)」

浅野「そこは忖度してくれたのか……あ、いや、そもそもロンドン在住だからまだ届いていない(笑)」

さる「はい!届いてませんでした!」

・・・

川端「近年『興味が細分化している』というのはいろいろな趣味・娯楽の世界で言われることですが、サッカーもその例に漏れないですよね。本当にいろいろなファンがいて、サッカー人もいて、いろいろな考え方や楽しみ方、あるいは生き方が存在するようになっている。その辺りについていろんなことを考えていました。戦術マニア色の強い今号の特集を読み耽ってから出てくる雑誌の終わりの方に、さる☆グーナーさんの記事が置かれていた……のは、単なる偶然でしょうけれど(笑)、でもそうした多様性をあらためて意識させられました」

浅野「WEBで無料のサッカー記事がいくらでも読める時代にあって、サッカー専門誌は中途半端な記事を出してもしょうがない。その細分化している興味のどこか1点をコアに掘り下げていくしかないのだけれど、そうすると細分化している他のファン層の排除に繋がりかねないのが難しいところだよね。こういう戦術マニア向けの超弩級コアの特集を作る時、『さるさんはどう思うのかな』というのは、実は毎回頭の片隅にありました

川端「意外に楽しく読むのかもしれないし、7文字くらいで挫折するのかもしれない(笑)。でも中途半端なモノを出すべきでないというのは同意ですね。細分化しているからこそ、読者はより『深さ』を求めていると思うし。浅いものはネット上に腐るほどあるわけだし」

(一部抜粋)

いやいやいや…

いやいやいやいや…

タイトルが『ポジショナルプレーvsストーミング 欧州サッカー2大戦術潮流の最前線』で、対談内容が今月号のテーマでもある「戦術」に関する事でしたので、明らかにその場にふさわしくない、山本コータローがジーパン姿で結婚式や葬儀に出席するような、TPO的にボリスタ様読者の皆さまには糾弾されても致し方ないあれ

そんなリスクを顧みず、自分の名前を出してくださった(ネタとして扱ってくださった)川端さん、ならびに編集長にはこの場を借りて御礼申し上げ奉ります。

あざっす!(最大級の土下座)

 

ちなみに、その対談記事はこちらです。
(さすがボリスタ様大盤振る舞い!無料で読めるよ!)

この中で、

「さるはフットボリスタ今月号を意外に楽しく読んだのか、7文字くらいで挫折したのか?」

というご質問があったので、この記事をアンサーブログとして投下させて頂きます。

フットボリスタ様11月号をさるは7文字以上読めたのか?

まず結論から申しあげますと、

700文字は挫折せず読ませていただきました。

いや、700文字いうたらね、予想の100倍ですからね、相当読んだ方ですよ!

という冗談はさておき、

 

全て愉しく読ませていただきました!(頭掻きむしりながら)

 

『Match of the Day』(BBCのプレミアのダイジェスト番組)で、いっちゃん最初にアーセナルがこないと途中で爆睡してしまう俺です、いかに興味津々だったかがご理解いただけると思います。

いや実はですね、意外だとは思いますが、俺こうみえて戦術にはめちゃめちゃ興味はあるんスよ

 

杉山茂樹大先生の戦術書「4-2-3-1」はマジ俺のバイブルだし(異論は認めん!)、

ヴェンゲル後期の戦術は時代遅れだってこともなんとなく把握してたり!(えっへん)

 

とにかく興味だけはすげえあるんスよ!

「戦術」に興味がある、その理由

自分は無類の将棋好き、格闘技好き、漫画好きでもあります。そしてこれら全てが、実にフットボール的な競技でもあるのです。

モウさんのように、選手を”駒”に例えるとするならば、魔法使いエジルは縦横無尽な成飛車で、瀬尾君は一切戻らない(戻れない)香車であり、穴熊はゴール前にがっつりバスを止める戦術。

監督の采配は、一手先二手先、否100手先の読み合い。そしてそこに見え隠れするのは、王将(ゴール)を獲るまでの詰将棋という名の心理戦。

そして格闘技。打撃系でいえば、コンビネーションがパスであり、最終打撃ポイントがゴール。KO(ゴール)を狙う為、いかにフェントを入れ正確に強烈な打撃を叩き込むか。

先日の那須川天心と堀口恭二の一戦なんかまさにこれで、空気を斬り合うがごとく、両者偽サイドバックを出しまくり、あえてケイオスを作りだしゴールを狙い合う、究極の心理戦でした。

寝技系なんかも、あえて自らが下になった状態(ガードポジション)で相手をおびき出して三角を決めるとか究極のカウンターサッカーだし、マウントからの腕ひしぎ逆十字(相手を押さえつけてゴールを決める)なんざ、まるでポゼッションサッカーではありませぬか。

ヴォルクハンのケイオスに歓喜し、ボブサップ戦におけるノゲイラのジャイアントキリングに涙した格闘者にとっては、彼らの戦いはまるで「肉体戦術」。

さらに、ロシアワールドカップ「ドイツ v メキシコ」のヨアヒム・レーヴさんとオソリオさんの名将対決なんかはガチ痺れましたよね。

あれ完全に両監督の脳内の具現化。

そう、お互いのスタンドを駆使した戦い!ジョジョですよジョジョ!

 

と、このように、

戦術とは俺にとっての果てなきロマン!

大好物の部類なのであります。(もう一度言うが、こう見えて)

 

だがいかんせんわからない!!!

 

以上の観点からも、今回のボリスタ様の「戦術本」のような「活字化」は大変ありがたいし、とても勉強にはなるわけです。

格闘技なんかも、那須川戦で、試合中堀口は何故笑っていたのか?とか、ノゲイラは何故ガードポジションになるのか?みたいなことを解説してもらえるとすげえ楽しめるのと一緒で。

とはいえ、20年前の「ボールが頭上を越えていく by 中田英寿」のようなプレミア時代からアプデされていない自分にとっては、現代フットボールは難解すぎて、まるで哲学。

哲学なんて、この世にあってないようなもんですからね、俺みたいな筋脳には理解するのは難しい。

とにかくこの難解さ、まるでコウメ太夫の#まいにちチクショーですマジで。

もうわけわかんない。

だからこそ、その奥底にある哲学を知りたい。そう思うのがサブカル人間の性!

 

ちなみに、難解すぎる「コウメ太夫の#まいにちチクショー」ですが、これを哲学してくださる神がいらっしゃいますので、ほんの一部ですがこちらをご覧ください。

 

 

「コウメ太夫の#まいにちチクショー」にこれほどまで無限の可能性が隠されていたとは…これを見るまで一切気づきませんでした。。。

と、このように、現在のフットボールの戦術にも同様のことが言えるような気がするのです。

 

あえて言おう、「戦術とは毎日チクショーである!」と。

 

一見同じ球蹴りでも、その裏には無限の哲学が拡がり、そしてそれを言語化してくれる神々がいる。。。

それこそがフットボリスタ様であり、戦術マスターである執筆陣の方々なのです。

そんなわけで、これらの哲学を言語化してくださる先生たちには頭があがりませんし、一度でいいから、エミレーツとかで観戦しながら、ラムZの難解な動きについてレクチャーしていただきたいものなのです。

 

以上のように猿が「戦術」に関してどれほど興味があるのかを切々と書かせていただきましたが、

ご安心ください。

俺のスタンスは一切変わりません。

今後も、わからないことは描きません。

大丈夫!俺が謎に戦術とか語り始めたら、この世の終わりであることは自負しております。

例えば、日本サッカー界に一切忖度なしのサッカーメディア・フットボリスタ様が白虎の方角だとすれば俺は青龍の方角、フットボリスタ様が極左だとすれば俺は極右(思想の強い人、誤解なきようにな!あくまで方向性の例だぞ、例!)、以上のように、徹底的に真逆に振り切れたブログを書いて参る所存ですので、何卒よろしくお願いいたします。

そして、そういう意味でも、俺はボリスタ様リスペクトなのです。

 

最後に。

戦術が哲学化、複雑怪奇化していく中、でも結局それを実践するのは選手達。

モウさんを見ればわかるように、最終的に必要なことって、監督の人徳だったり人間力だったりするんだろうなぁっていうのがあって、選手をまとめるのに、どのようなケアやマネジメントをしているのかっていうのも、戦術同様ものすごく興味があるんですよねぇ。

昔なら、全員整列させて、涙流しながらぶん殴れば強くなったはずなんだけど、現代フットボールではどのようなことが行われているのか…。

 

「現代サッカー監督のマネジメント術」

モウリーニョは何故選手にストライキをおこされるのか?

 

ボリスタ様、何卒よろしくお願いいたします!

 

川端先生とボリスタ編集長様に誉め殺しされちゃった記事はこちら♪(へてぺろ)

 

Amazonでも売り切れ続出!

このブログを見ていないであろう戦術オタの人必見のボリスタ様11月号、マジおすすめだよ!(説得力ZEROは自覚)

 

↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

 

Pocket



Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

エミレーツ ロンドン 異常気象
ロンドンが異常気象なので思わず大砲キャップを買ってみた

ロンドンは異常気象です。   スポンサーリンク   異常気象なのデス。   そんなわけで、グナショップを通りしな、思わずキャップを購入してしまいました。   # …

EXFA キャンペーン
【今回も全員プレゼント!】EXFA様★LONDON IS RED キャンペーンアゲイン!

グナなみんなに、マジパネえSUTEMAだよ♪   スポンサーリンク   今週末はノーロンダービー! というわけで、 EXFA様★ロンドンダービー限定、 闘魂注入「LONDON IS …

アーセナルホームキット18-19で検証 セアド・コラシナツ前衛芸術家説

↓先日ついにお披露目されたPUMA様アーセナルキット18-19。 ついにキタ!PUMA様ホームキット18-19ついに大公開!   スポンサーリンク   ほぼほぼリーク通りで、エメり …

PUMA アウェーキット 15-16
【これ買いだ、買い!】だいぶいい仕事してるPUMA様の資産家チョッキをチェックして来ましたよ

ショップでアウェーシャツをチェックして参りましたYO!   スポンサーリンク とにかくいい仕事している、資産家チョッキ 先日シンガポーでお披露目された脱成金!の資産家チョッキのアウェーシャツ …

「抱いてるだけでぐっすり!」ワールドサッカーキング様のアーセナル本に全世界から喜びの声ぞくぞく!

ワールドサッカーキング様のご好位により、今回特集していただいたアーセナル本ですが、 全世界から喜びの声がぞくぞく届いておりますので、早速ステマらせていただきます。 スポンサーリンク 全世界から喜びの声 …

シン・ボス本『アーセン・ヴェンゲル ―アーセナルの真実―』本日解禁!

ボス本、本日ついに解禁です!   スポンサーリンク アーセン・ヴェンゲル ―アーセナルの真実― フットボールライター、ジョン・クロス氏による新たなボス本、『アーセン・ヴェンゲル ―アーセナル …

アーセナルのクソだっせぇクリスマスセーターはやっぱ最高にクソだった件

交換してきたよ!   スポンサーリンク   先日、ボリスタ様の表紙にもなった、アーセナルのくそだっせークリスマスセーターを買ってみた件をお伝えしましたが、 まるでアーセナル本!のフ …

【光栄!】祝!ボリスタ様記念号に猿もアレさせていただきました

フットボリスタ様おめでとうございます!!!!!!!!!!   スポンサーリンク フットボリスタ様がワンデケイドです この度、俺達のフットボリスタ様が10周年だそうです! こんばんは。2006 …

【UEFAも移籍!?】FIFA19がほぼほぼ神ゲー確定だった件

「あのラカゼットがFIFAに激怒事件」の真相については、こちらの記事でも紹介しましたが、 【世界激震】ラカゼットFIFAに光の速さで激怒!? そんなラカZも激怒したレーティングが発表され、『FIFA …

FOOT×BRAIN にアーセナルの蹴球奇人参戦!これでニッポンサッカーがまた一歩強くなりました

セインツって時々覚醒するよね? こんにちは、猿です。   『FOOT×BRAIN』にアーセナルとも関わりの深い、あの方が参戦されていましたよ!   スポンサーリンク 『アーセナルの …