スポンサーリンク

[結果遅報] 逝ってきた!リバプール v アーセナル

v リバプール アンフィールド

リバプール 4-0 アーセナル

Sat Nov 20 – 17:30 Anfield

スターティング: 現在絶賛執筆中!今季こそアップするぞ

オーバ(C) ラカZ

スミス朗 ロコ パーティ ビッグサカ

タバちゃん ガブ ベンホワ 冨安

ラムちゃん

■ ゴール: Mane (39) Jota (52) Salah (73) Minamino (77)

■ 交代:
53 スミス朗 → 三代目
66 ラカZ → マーチン
84 パーティ → 西島

■ レフェリー: マイケル・オリバー

スポンサーリンク

久々逝ってまいりましたアンヒールド。

アンヒールドといえばですね、

ぶっちゃけ12-13以来勝ちがないらしい魔窟なんですよね。

最後の勝利は、確かテタさんが出場していたやつ?

12-13 9.2 Liverpool v Arsenal 0-2
13-14 2.8 Liverpool v Arsenal 5-1
14-15 12.21 Liverpool v Arsenal 2-2
15-16 1.13 Liverpool v Arsenal 3-3
16-17 3.4 Liverpool v Arsenal 3-1
17-18 8.27 Liverpool v Arsenal 4-0
18-19 12.29 Liverpool v Arsenal 5-1
19-20 8.24 Liverpool v Arsenal 3-1
20-21 9.28 Liverpool v Arsenal 3-1

ご覧のように、最低3点採られるのがデフォの夢の国。

つーわけで今季は、

STOP THE THREE

が論点だったわけですが、

いやぁ、強ぇ、マジで。

なにあれ???

あなたのハートどころか、選手の心まで折っちゃうゲーゲンプレス。

体脂肪率3%みたいな、一切無駄を削ぎ落としたパス回し。

一切付け入る隙を与えない謎の魔法陣。

相手のミスに付け込むひろゆきレベルの特殊能力。

とにかく、能力値が周瑜とか孫権みたいなやつが「場面場面でやるべきことをちゃんとやる」強さ。

高橋名人もやり込んだ、一切のバグが見当たらない完成度マックス200%、バンゲリングベイみたいな名ソフト。

マイクに向かって「ハドソーン!」と叫びたくなるような戦場。

だがしかし、これはアーセナルの序章。

俺が望むことは、

次の試合まで気持ちを切り替える。

それだけ。

そしてテタさんはまだ死んじゃいない。

つーわけで、詳細および戦場動画は後ほど!

YouTubeも絶賛更新中

「ステハゲマジで...」アンフィールド逝ってきた!

自由研究動画

自由研究第二弾!救世主・冨安健洋の全て!華麗な経歴、獲得理由、英語の秘密、人間性全て網羅!



超アーセナル入門!一撃で「名門アーセナル」がわかります



【空中戦最弱の最強右CB!】ベン・ホワイトの取説【徹底解剖】1.5倍速推奨!

「さるの自由研究」第一弾はベン・ホワイト。アルテタがハーフミリオンも払ってベン・ホワイトを獲得した理由とは?取説含め徹底解剖!



↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【全試合放送】プレミアついに解禁!1ヶ月無料♪

YouTubeも絶賛更新中

「ステハゲマジで...」アンフィールド逝ってきた!

自由研究動画

自由研究第二弾!救世主・冨安健洋の全て!華麗な経歴、獲得理由、英語の秘密、人間性全て網羅!



超アーセナル入門!一撃で「名門アーセナル」がわかります



【空中戦最弱の最強右CB!】ベン・ホワイトの取説【徹底解剖】1.5倍速推奨!

「さるの自由研究」第一弾はベン・ホワイト。アルテタがハーフミリオンも払ってベン・ホワイトを獲得した理由とは?取説含め徹底解剖!



↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【全試合放送】プレミアついに解禁!1ヶ月無料♪
妄想記事を描いている猿

アーセナルのせいで日本に帰国できなくなった非国民、出家信者。「妄想8割・ガセ2割」をモットーにアーセナルのエア情報を垂れ流す意識低い系ブロガーとして、日本人グーナーのメディアリテラシー向上に貢献すべく、ほぼ毎日ブログを更新中。

さる@グナーをフォローする
関連記事
プレミアリーグ21-22
スポンサーリンク
さる@グナーをフォローする
Arsenal (アーセナル) 猿のプレミアライフ

コメント

  1. 343 より:

    私がアルテタに疑念を抱いたのは、クロップの物まねを見てから。エミリも継承した赤いネクタイを止め、独自の方向性を打ち出すのは結構な事。が、物まねの組み合わせというのはいかがなものか、と思っていた。…この試合。アルテタのオムツがようやく取れたという解釈もできる。ラニエリに感謝。

タイトルとURLをコピーしました