スポンサーリンク

「役割と愛の形」EL ラピド・ウィーン v アーセナル

Rapid Vienna 1-2 Arsenal

Thu Oct 22 – 17:55 Allianz Stadion

スターティング: 現在絶賛執筆中!

エディ ラカZ(C)

ビッグサカ テッペー 西島 ぺぺ

親方 ガブII ルイルイ セド

レノ様

■ ゴール: ルイルイ (70) バーミヤン (74) / Fountas (52)

■ 交代:
61 セド → ベジェりん
61 エディ → バーミヤン
84 ラカZ → ウィロッくん
84 ビッグサカ → テスコボーイKT
90+3 ケンゴ → ネルソン提督

■ レフェリー: 息を吸うようにカード出す人

スポンサーリンク

始まりました、俺たちのEL!初戦は、アウェイのラピド・ウィーン。

あれ?

サポおるやん。

めっちゃおるやんけ。

ウィーンは解禁されたん???

と思ったら、ゴール裏はゼロ。。。

え、どーいうアレ?

選手、スタッフのご家族のみとかかしら???

よくわかりませんが、ここイギリスでは1日のコロちゃん妖精20,000超えなんで、遠い未来の話。

うらやましー。

スタメンはこちら!

テッペースタメン!(あ、パーティねパーティ。テッペーそっくりなのよマジで)

そしてキャプテンはラカZ!!

そしてフォメはというと…

出た!

4-4-2!?

ほぇーーー

そうきたかーー

そうきましたかーーーー ・・・

といいつつ、何がそうきたのかは一切わかってません。

が、

またまた面白システムでした。

オリジナルとしては4-4-2ぽいんですが、当然のことながら状況に応じて変化するマクロス可変システム。

攻めはサカとセドがヒマラヤ山脈くらい上がり、代わりに西島さんが2合目まで下ってきて3バック気味に。

しかし守りは一変、

全員ロッジに避難、5バック、なんやったら6バック気味の布陣。

そして、その中心に鎮座するのがテッペー a.k.a パーティ。

いやぁもう圧巻の一言。

v EL ラピッド・ウィーン トーマス・パーティ

とりあえずスタッツ見てよこれ。

感想としては、

全身これバネ
わりとヌルドリ
懐が深くつけ入る隙がない
詰められても微動だにしない強心臓 (ポジション的にも)
色々精度高い一人異次元 (部活の統括キャプテンタイプ)

つまり、

€50mは安ッ!!!!

って感じなのですが、

ツイッターで

「アブさんとソングさんが強くなって帰った来ました」

というご意見をいただきましたが、まさにこれ。

とんでもねぇハイブリッド・モンスターきたぞこれ。

つーわけで、MoMも納得!

今回は格下相手でしたが、プレミアでどこまで高みを目指せるのか楽しみで仕方ありません。

試合はですね、今日はレノがどうかしてまして、

パスカットされて先制点を許し、

先発エディはエディでかかり気味。

システムが複雑すぎたんかなぁ…

笛の後にゴールに蹴り込みいらぬイエロー。

さらにバック肘を喰らわせるなど、、、

おいコラ!!身の程身の程!!ダメ絶対案件連発。

これには主審が目を瞑ってくれましたが、猛省してください。

そんな複雑システムによる混乱の中、前半はラピドの猛攻の前になす術ナッシングでしたが、ベジェりん、バーミヤン投入で流れを一気に引き寄せました。

ルイルイのボンバーで同点。

v EL ラピッド・ウィーン ダヴィド・ルイス ゴール

さらに74分、途中出場組ベジェりん&バーミヤンによるゴールで逆転!

でもこのゴール、よく見て欲しい。

一発目は西島さんの絶妙すぎるスルーパス!

これには思わずルイルイもグッジョブ!!

どんな選手だって、

役割ってのがあるんだよ。

ビッグクラブとは思えない内容の試合かもしれませんが、

これがEL!

そしてまだ発展途上のアーセナルを魅られる幸せを、俺はまた噛み締めるのです。

さらにエジルがツイッターに帰ってきました。

試合中、張り付きでずっと実況!

最後はMoM投票まで!

この活動に対し、アルテタは長州調でこう語っています。

「素晴らしいことだと思いますよ、うん。

全ての選手にやれとは言わないけど、そういう姿勢は見習って欲しいですよね、うん。

それを聞いて、うん…嬉しいよな!」

エジルってのは、つくづく不器用な人間だと思う。

彼の役割は、おそらくこれじゃないと思う。

でも悩みに悩んだあげく出した答えが、これだったんじゃないかと思う。

賛否両論あると思うけど、

俺はこれがエジルの愛の形であると、信じたい。

↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【全試合放送】プレミアついに解禁!1ヶ月無料♪
↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【全試合放送】プレミアついに解禁!1ヶ月無料♪
妄想記事を描いている猿

アーセナルのせいで日本に帰国できなくなった非国民、出家信者。「妄想8割・ガセ2割」をモットーにアーセナルのエア情報を垂れ流す意識低い系ブロガーとして、日本人グーナーのメディアリテラシー向上に貢献すべく、ほぼ毎日ブログを更新中。

さる@グナーをフォローする
関連記事
CLとかEL
スポンサーリンク
さる@グナーをフォローする
Arsenal (アーセナル) 猿のプレミアライフ

コメント

  1. 343 より:

    ブラックライブズマター運動は、そういっている以上エジルと共にある。元々何から始まったのか、片膝ついた人がどうなったか、思い出せばすぐわかる事であり、オーバメヤンはそのことを知っている。エジルは一人で政治的発言をしてるのではない。彼らはデ○○ニーのキャラクターではない。不正義に対し声を上げ、サッカーをスピンコントロールの道具ににしようとする人々とも、闘っているのだ。アルテタもそのことを理解している。アルテタの方針はベンゲル同様、リード気味であるものの英国全体と歩調を合わせるだが、ベンゲルより少しばかり勝利にこだわっているというだけのこと。…エジルは復活する。