スポンサーリンク

アルテタがエジル問題、パーティの契約、ヴェンゲルへの思いを全て語ったシティ戦怪我人情報

今季そこそこ大一番のシッティ戦、怪我人情報です。

スポンサーリンク

シッティ戦のチーム状況、そしてエジル、ペップ、ヴェンゲルについて、アルテタが納得の長州調で語っていました。
( Arsenal.com )

ティアニーやれんのか!?

監督、ついに今季を占う意味でもそこそこ大一番のシッティ戦ですが、ティアニー間に合いますか?(スコットランド代表にコロちゃん感染者が出て自主隔離中)

「これバカリは、まぁ…どうしようもないよな!(代表に)送り出した選手に関しては、どうしようもないですよ。プレミアとは違うアレ(ルール)だったりするしな、あぁ。

まあ、午後にはもうちょっと状況がわかるんじゃないですか?」

ティアニーの夏の検査結果は妖精だったりするんでしょうか?

「それはまぁここでは言う必要はねぇだろ一応、あぁ。個人の結果についてはな、あぁ」

では週末出場の可能性はあると…?

「俺は望んでますよね、うん。俺は望んでる」

エジルのスカッド問題

ところで、エジルはプレミアのスカッドに入るんでしょうか…?

「まぁヨーロッパのアレに入らなかったのはアイツだけじゃないし、まぁそういった中で、メインレベルの選手の中から(スカッドを)選ばなきゃいけないってのは相当、うん…難しいよな。難しいですよ、うん。でも選ばなきゃいけないのが俺の仕事だから、あぁ…」

ヴェンゲルはクラブはエジルと関与すべきだと語っていましたが…

「まぁ、全ての選手を同じ目で見て、責任を持ってアレしていくってのが俺の仕事だから、うん」

トーマス・パーティ出れんのか!

トーマス・パーティと契約できない可能性はあったんでしょうか?

「まぁ、なくはないよな。なくはない、うん。常にリスクはあるよ、それは、あぁ。契約ごとは、それは常にありますよね。特に、最終の駆け込みのアレで…紙のアレ(事務処理)もあるし、24時間ていう限られた時間の中で、全てこなさなきゃいけないわけだから、あぁ。それは(リスクは)ありますよ。でもまぁ、こうしてうまくいって、良かったんじゃないか?うん(しみじみ)」

これには「それがお前のやり方か!」とアトレチコがかなり不満げでしたけども…

「それは知らないよな、あぁ。これはマーケットの中での出来事だから、あぁ。そういうアレ(条項)が盛り込まれてたわけだろ?それを使って、うちらは完全に合法的にアレしたわけだから、あぁ。

別に無理やり連れて来たわけじゃないし、完全に合法ですから、あぁ。それは知りませんよ。まぁ向こうとも何度か連絡はとってるし、それで『パーティ押さえろ!』ってなったわけだから。そこは尊重してもらわないと、あぁ」

確かにトレイラの時は結構強引でしたもんね。それはさておき、それでは週末「パーティ v デ・ブライネ」の可能性ありますか!

「まぁ、どうだろうな。その前に一緒に汗かいてからじゃないか?あぁ。まぁ全てはそれからだろ」

師匠ペップとヴェンゲルについて

ペップがまだ契約延長をしていないようですが?

「まぁ、それは俺に聞かれても困りますよ、あぁ。ただ、前のインタビューでは、結構居心地がいいって話はしていたし、補強の話をしていたわけだから…まぁ、わかんないですけど、幸せにはなってほしいですよね、うん」

アーセン・ヴェンゲルが、もし可能であればチームを応援するために戻りたいと語っていますが

「戻って来てくれるなら大歓迎ですよ。あの人は俺にとっての恩人というか、いろんなものを学ばせてくれる、とてつもなくデカイ存在の人ですから、うん。ずっと近くにいて欲しいと思ってますよ。

まぁ、もちろん、今すぐにってのはなかなか難しいと思いますけど、近い将来というか、そうなればいいと思ってますよね。今の団体があるのもあの人のビジョンと、そして思いがあったからですから、うん。

よし腰上げるぞ!!

ありがとうございました!

今季そこそこ大一番王者シッティ戦は、日本時間10.18午前1:30頃KO!

キムラヤスコ先生と伝説の「フットボール批評」アーセナル大特集号トークライブ絶賛公開中

「ヴェンゲルvsファーガソンの20年史」の寄稿者でもある宇宙一口の悪いキムラヤスコ先生と「フットボール批評を語る会」を先週末やりました。

これを見れば1.2倍くらい「フットボール批評」が楽しめます!(個人の感想です)

1.5倍速のレディオ感覚で是非!

「フットボール批評様」前代未聞の大増量160Pアーセナル大特集号絶賛発売中!

コメント

  1. 343 より:

    リヨンにしろアトレティコにしろ、裏取引しないのはけしからん、と怒っている。スアレスの代理人が、アーセナルを騙そうとまそうとしたことも暴露された。そんな中オーバメヤンのブラックライブズマター運動のシャツがロンドン博物館に寄贈。「サッカーがあらゆる差別に立ち向かった…」というオーバメヤンのコメントはベンゲルのパスを、しっかりと受け止めたものだった。エジルは先発する。

  2. 343 より:

    スアレスの代理人の件。そう言い切れない要素もありそうですので、お詫びし訂正します。すみません。