「3つの理由」ニコラ・ぺぺ稲妻電撃移籍の裏側全部見せます!SP

金満クラブをぶっこわーす!

 
スポンサーリンク

 

待ちに待った稲妻戦士ニコラ・ぺぺ アーセナルに電撃降臨

稲妻戦士ことニコラ・ぺぺが、ついにアーセナルに降臨したわけですが、

もう早速股抜きやってまーす。

 

こんな稀代の大物の到着を、サポーターだけでなく、

今か今かと、イナズマポーズで待ち焦がれていたメンバーたち。

おめでとうございます!

ニコラ・ぺぺ、イナズマ電撃移籍の裏側

ところで今回の移籍は、オーバメヤンの56Mポンドをゆうに超える、アーセナル史上最高額の72Mポンド(約100億円弱)でのビッグディールとなりました。

 

移籍金ランキング(ユーロかな?)

 

暫定6位のムスタヒに関しては、「みんなムスタヒナメすぎ説」が有力だから!

今すぐにでも、ユナイテッド逝けるほどの実力の持ち主

ってことだけは頭の片隅に置いといてください。

 

それはさておき、「金ねー!金ねー!」つって、実際この夏も45Mくらいしか予算がない!と予防線を張っていたアーセナルが、何故このようなビッグディールに成功したのか?

それには3つの理由があるようです。

 

イナズマ電撃移籍のカラクリ その1

謎の分割払い契約

今回の移籍を語る上で一番の重要事項はこれでしょう。

そうなのです。

こんな裏技があったのです。

今回の分割方法はこうです。

なんかクラブとクラブの間に会社を入れ、そこにまず20Mの頭金を支払いうまいことなんやかんやして、残りの52Mは複数年で分割。

しかしこんな便利な方法があったのなら、何故今までやらなかったのか!!

という疑問が湧いてくると思いますが、

 

分割払いをなめたらあかん。

車84回、学校60回、Mac36回、

全て分割してきた俺がいうんだから間違いない。

 

分割とは利息のついた借金です。

持ってるだけで、じわりじわりと効いてくる、もろ刃の剣。

 

…でも安心して欲しい。

イナズマシャツとかめっちゃ売れて速攻回収できっから!(熱弁)

イナズマ電撃移籍のカラクリ その2

優秀な交渉人の存在

分割払いを実現させたのは、なんといっても優秀な交渉人なしでは実現不可能です。

そこでご登場願うのが、バルサでフットボール・ダイレクターを務め、現在はアーセナルのニューリーダーとなったラウル・サンジェイ(サンレヒ)と、マネージング・ダイレクターのヴィナイ・ヴェンカテシャン。彼らのクラブの経営手腕が素晴らしすぎる可能性。

 

 

政治や交渉ごとは全て「ズルしていただき」の世界。正攻法で攻めたって当たって砕けるだけ。

Uインター見たってわかるでしょ?あんな堂々机の上にと一億置いたってダメなわけですよ。

そらぁ決裂するって。

ちなみに、ドゥビッシーのあだ名は健ちゃん(札束の後ろで封筒持ってる人)にするとこだったけれども(裏話)。

 

てか、1ポンドでスアレス逃すとかおかしいやろ!って話で。

交渉は全て机の下や袖の下でおこなわれるべきで、それが出来る人間がようやく現れた。

そういう意味では、彼らの「闇の力」がハンパねぇって話です。

また、表の仕事の中にはテクニカルディレクターに就任したエドゥもいたのかもしれない。

ヴェンゲル、カジディス政権以降、本格的に何かが変わり始めたってことなのかもしれません。

イナズマ電撃移籍のカラクリ その3

アーセン・ヴェンゲル

そうなのです。我らがボスがぺぺを電話で口説いてくれたって話がまことしやかにささやかれているのです。

あると思います!!

「魂みたいなものはアーセナルに置いてきた」という言葉が身にしみます。

ボス、ありがとう。。。

今季スタメンは神頼み?

もうこれさ、考えうる中で最上最強の攻撃的布陣ですよ。

しかしそんな中、今季スタメン基本的には神頼み!みたいなことを言っている方がいらっしゃいます。

ノンノンノンノン!!!!

 

「点を取られたら点を取り返せばいいじゃない」

 

って、マリーアントワネットも言っテタし、

 

実はティアニーって人も電撃移籍します!

その証拠がこれ!

イナズマッ!!!

 

そしてなにより、

俺たちにはムスタヒがいる!!!

ムスタヒを信じよ!!!

「ムスタヒ不敗神話」ってのがあってだな…

 

哭くこうがわめこうが、

移籍市場クローズは8月8日フジテレビの日!

コメント