Arsenal 猿のプレミアライフ

アーセナルのマッチレポート、チケットの取り方、チャント、ニュースなどをゆるーい感じでお届けしちゃうArsenal blog

「We Love You Arsenal」FAカップ準々決勝 マンチェスター・ユナイテッド v アーセナル

    FAカップ

Pocket

ダニー・ウェルベック v ユナイテッド

 

Manchester United 1-2 Arsenal

Mon 9th Mar 19.45 Old Trafford

スターティング: 長らくお待たせしました。選手名鑑更新しましたYO。

       ボイチョフ課長(仮)

ベジェリン  メルティ(C)  コッシー  ナチョス

        コケリン番長

  チェンボ おじさん 高田先生 アレク

         ダニ夫

■ゴール:
ナチョス (26), ダニ夫!(61) / Rooney (29)

■交代:
50: チェンボ → ラムジー
66: ベジェリン → 2号
74: ダニ夫 → ジロさん

■レフェリー: Michael Oliver

■メモ:E332 6 125

 

ファギータイム。

オールドトラッフォードの魔物。

9年間勝ち星なし。

8-2。

 

そんな、様々な呪縛から解き放たれた、ユナイテッド戦。

今更だけど、レポります!

 

とにかく今日は、忘れ物を獲りにやってきたのですよ。このクリケットの聖地、オールドトラッフォードに。

オールド・トラッフォード

どんな忘れ物かってのは、もう言わずもガナだと思うんで、まあ、こちらをご覧いただければと思うのですが、、、
「We Love You Arsenal」プレミア11-12 マンチェスターユナイテッド v アーセナル
http://gooner.jugem.jp/?eid=1074

とにかく、獲りにきたのです!

 

ちなみに、外周はこんな感じなんですけど、まるで競馬場。

オールド・トラッフォード

 

まあ、特に見るとこもないんで、とっとと突入しますけど、今日は、こんな仲間も一緒でーす♪

オールド・トラッフォード

うん、なんか、今日は間違いないような気がするよ!

ちなみにこの赤鼻は、決してUのユルキャラ「赤い悪魔」を茶化してるとかではなく、3月15日金曜の「Red Nose Day」(赤鼻の日。日本で言う赤い羽根共同募金的なもの)に合わせての仮装メイクだと思われます。

 

さて、本日はゴール裏アッパーからピッチを見下ろす、いい感じの立ち位置。

オールド・トラッフォード

このFAカップはリーグ戦と違い、アウェースタンドの拡充が義務づけられておりまして、いつもは一部の限られたサポだけのアウェースタンドですが、この日バカリはゴール裏全面アーセナルで、試合前から異様すぎる熱気がムンムンなのであります。

前半

そして来ましたよ、その時が!

威風堂々、俺達の選手入場!

スカッド v ユナイテッド

 

ピッチで闘うのは選手のハズなのに、実は選手は俺達の代わりに闘ってくれているんじゃないか?と思ってしまう錯覚、これはまさに「アウェーあるある」。

そんな錯覚に陥ってしまった狂った野郎共が出来る事と言えば、俺達の愛をピッチに届ける事、ただそれだけ。

皆、喉が破れんばかりの大音量で、俺達の代理人を鼓舞!

Arsenal FC!

We’re by far the greatest team!

The world has ever seen!

 

そして、この大一番でダニ夫。

近頃安定感の欠いている選手を、古巣相手にワントップでスタメン起用するとか、これをボスの心意気と言わずして、なんと言いましょう。

当然お前は俺達の選手!と魂の叫びであります。

ダーニウェルベク トゥトゥトゥル!

ダーニウェルベク トゥトゥトゥル…

 

そしてお約束の名曲、マンチェスターで優勝を決めたあの歌も!

We won the league in Manchester!

We won the league at Old Trafford!

We won the league in Manchester!

 

僭越ながら、俺達が出来る最大限で、11人の背中を後押し!

まあ時にはこんなチャントで、

You’re a c@nt Robin,

you’re a c@nt!

チャント サポーター

パパが耳をふさいであげるなど?ああ、素晴らしきかなイングランド的英才教育!

 

そして試合は一進一退のまま。

DSC01849

番長流血など、静かながらも激しい攻防の中、20分過ぎ、PA内、チェンボがDF三人を引き連れぽっかり空いたスペースに、まさかのナチョス。

チェンボからの見事なパスを受け、するするっと滑るように前進、正確無比なインサイドで蹴り込まれたその弾丸は、ドーナツ泥棒のニアをぶち抜き、豪快にゴールの中へ。

ナチョ・モンレアル v ユナイテッド

 

あのMr.謙虚の異名を持つナチョスが、

モンレアル v ユナイテッド

しゃおらぁぁぁ!!!

まあ、そういう事なんすよ、ユナイテッド戦ってのは。

 

当然スタンドもはい、キチガエター!

まさに狂喜乱舞デス!

 

しかし、その後すぐに、Uお得意の放り込み殺法炸裂、マリア様のクロスに、久々じゃない?ワントップとか?な植毛の人が、抜け毛をものともせずヘッダーで同点!

そして、一気にアウェースタンドを支配する「オスピーなら止めてた」みたいな空気・・・。

スチェスニー v ユナイテッド

そっとたたずむ課長の背中を見ながら、ふと、あの日の事が頭の片隅を駆け抜けたのです。

そう、5年前のあの日の事が・・・。

 

シーズンは10-11、第17節、舞台はここオールド・トラッフォード。

負傷欠場したアルムニア、そして奇しくも時を同じくして欠場していたGKファビーに代わり、チャンスを掴んだのが、当時係長にも満たないペーペーのスチェスニー。

今でもしっかりと脳裏に焼き付いています。彼の名前がコールされた瞬間、ざわついたアウェースタンド。そう、この日が名も無き平社員、スチェスニーのプレミアデビューだったのです。

試合は善戦したものの、1-0敗退とほろ苦デビュー。しかし、”このOTでユナイテッドを1点に抑えた” という計り知れない自信は、今の彼を形成する上でも大事なファクターだったような気がしてしょうがありません。(タバコでグレるまでは)

そんな彼が、今や「1」を背負い、この大一番を任せられている。

もちろんこれは、オスピーのバックアッパーかもしれない。しかし、このオールド・トラッフォードのピッチに立っている事は、なにかしら、意味のある事なんじゃないかと思うのです。

後半

気を取り直して後半。しかし開始早々、チェンボがハムって退場。

チェンバーレン v ユナイテッド

んあー・・・。

 

そして迫り来る「放り込み」の恐怖。なんかの一つ覚えみたく、アフロめがけ、とにかく、ひたすらぼんぼん放り込んで参ります。

幸いな事に、胸トラだけは最強のアフロも、足下がおぼつかない。。。おう、どんどんアフロに上げろ!

しかし、恐怖は「放り込み」だけに止まりませんでした。自らの身体を投げ打つ「ダイブ」という荒技・・・。

そんなトリッキーな恐怖に怯えながらも、虎視眈々とチャンスを狙うアーセナルですが、

ついに時は来ました。

均衡を破ったのは、俺達のダニ夫。

ヴァレンシアさんからの絶妙な裏へのパスにダッシュ、飛び出してきたドーナツ野郎をワンタッチで抜き去り、斜め45度から蹴り込んだボールは、吸い込まれるようにガラ空きのゴールの中へ・・・。

ダニー・ウェルベック v ユナイテッド

ダニ夫、古巣との決別弾・・・。

 

そしてスタンドは、そらキチガエるってば!

もう発狂っすよ、発狂!

 

そして、いたるところで「ぎゅー!!!」大会絶賛開催中!

サポーター

 

そんな歓喜のスタンドやチームメイトをよそに、独りだけ時が止まってしまったかのように、ダニ夫にだけは、明らかに別の時間が流れていました。

ダニー・ウェルベック v ユナイテッド

その咆哮にうっすらと見え隠れする慟哭。

幼き頃から時を共にしてきたチームを追われ、新天地で見つけた新たなる生き場所。

そして、恩返し、決別。

その表情には、他人が一切土足で踏み入る事を許さない、漢の覚悟みたいなものが凝縮していたような気がします。

 

そしてこの日、ダニ夫と心中したボスもまた漢。

 

いや、それだけじゃない。今や番長のコケリンだって、あの伝説の “8-2オールド・トラッフォード” でデビューした、82チルドレン。

フランシス・コクラン v ユナイテッド

そう、この試合は単なる一話完結のカップ戦なんかじゃない、

ユナイテッドという、ド田舎クラブに翻弄された漢達の、終わりなき壮大なドラマなのです。

 

そんなステキなドラマだもの、乗らないわけにはいかないって!

当然ダニ夫チャント、おかわりです!

ダーニウェルベク トゥトゥトゥル!

ダーニウェルベク トゥトゥトゥル!

ダーニウェルベク トゥトゥトゥル…

 

そしてさらに、

He left cause you’re sh*t!

He left cause you’re s*it!

Danny Welbeck, He left cause you’re sh*t!

「ダニは、お前らがクソだから出てったんだよ!」のチャント。

そう、俺達グナは、もの言わぬ、か弱きダニ夫の代弁者なのであります。

 

さあ、このドラマも残り30分弱。

というところで、Uが勝手に迷走開始。Uの遺伝子はマリア様を浸食してしまったようで、ヤング、ルーニーをも上回る、スーパーダイブを披露。

しかしこれが見事にシミュレーションでイエロー、さらに、これに納得が逝かないマリア様、神聖なレフェリーに手を出してしまい赤紙退場!と、まさに飛んだり踏んだり蹴ったり。。。

ま、そんなわけで、最後は、アウェースタンドの皆さんで「チリオ〜♪」でお見送りして差し上げました。

※チリオとは、スコットランド語だったかで、さいなら〜♪の意。

 

文字通りの身投げ自爆で10人になったユナイテッド、今度はヤヌザイ、懲りずにスペシャルなダイブを魅せるも、惜しくもシミュレーション・・・。

いや俺もね、実はダイブは素晴らしい戦術だとは思ってるんですよ、ええ。でもさすがに、若手注目株トンパチレフェリー、マイケル・オリバーには届かなかったようで・・・残念っ!

そんな追い込まれたユナイテッドに、放り込み、ダイブ、それ以上の戦術はなく、ついに90分、試合終了。

と思われたその瞬間、

はうあっ!

U最後の意地を見ました。。。

 

アディショナルタイム5分・・・。

否、

ファギータイム5分!

 

まさに、これぞジジイの執念。

そう、これこそがオールドトラッフォードなのです!

この「5分」が目に入った瞬間、なんか嬉しくなったのは内緒!

 

そして永い永い、永遠に続きそうな5分はあっという間に過ぎ、終了の笛・・・。

 

「生きてて良かった。」

 

そう思う事なんて、人生そうそうないと思うけど、

俺、生きてて良かったデス!

 

家主のいなくなったスタンドに響き渡る、愛すべき馬鹿野郎共の歌声を聴きながら、心からそう思わずにはいられないのでした。

なあダニ夫?

アーセナルって最高やんな?

 

そしてこの漢達も・・・。

チェンバース v ユナイテッド

メルテザッカー v アーセナル

そういうことなんですよ、ええ。

 

4年前、俺はあの場所にいました。

そう、8-2のあの場所に。

ボロカス言われてもしょうがないあの試合で、グナがただひたすら唱い続けたのは「We Love You Arsenal」でした。

史上まれに見る歴史的大敗の中、それでもあの歌が唱えた事に俺は心からアーセナルで良かったと思ったし、より一層の誇りを持つ事が出来ました。

敗戦なんてない方がいいに決まってる。

でも、この歴史的敗北で負った経験は、間違いなく、アーセナルサポとして生きている俺の糧となっているのです。

 

そして、今改めて、

We Love You Arsenal

 

 

アーセナルに人生を賭けた野郎共の歓喜の行進は、

みな、思い思いの忘れもんを携えながら、

いつまでもいつまでも、果てる事なく、

クリケットの聖地、オールド・トラッフォードにこだましたのでした。

 

やっぱり改めてもう一度。

We Love You Arsenal

 

よし、待ってろ、ウェンブリー!

 

↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

 

Pocket

Comment

  1. 日日月 より:

    ダニーはいわずもがな、ナチョに震えました…

  2. Dub Jun より:

    あんな最高に酔った夜は久しぶりでした。
    泣いた。

  3. ロシスキー より:

    アーセナルって最高やん。
    グナでよかった

  4. Laksa より:

    はぁ〜 泣ける〜

  5. ハリルン より:

    唯一無二っ!

    以上!!

  6. Tea より:

    熱く熱く熱すぎるレポなんですが、どうしても「ヴァレンシアさん」だけはなぜか笑ってしまうw
    ナチョスかっこよすぎ。

  7. 西風 より:

    あの8ー2を思うと、本当この勝利は泣けますね。
    熱いレポートありがとうございます!

  8. 山sun より:

    く~泣ける。
    8-2の時も猿さんブログに救われた!
    今回は嬉し泣き~

Message

メールアドレスが公開されることはありません。