「ダニーが立った!」ウェルベック一枚の写真が物語るものとは…

v ブレントフォード ダニー・ウェルベック

ダニーが立った!!!(ハイジ調)。

 
スポンサーリンク

 

先週木曜のELスポルティング戦で豪快に足首をやってしまい、そのまま病院直行していたダニー…。

ぐねった足首の角度から容態が心配されていましたが、今回本人から正式な続報が発表されたのでご報告。

なんと、

あれだけぐねったダニーが、

立ちました!!!

うっそ…この写真フェイクじゃないよね?

株価の印象操作的な。

あ、株価は操作する必要ないのか…。

 

とにかく、公式によりますと、その後ダニーは2度の手術を受け順調に回復、近々リハビリを開始するとのこと。
( Arsenal.com )

もちろん復帰時期については時期尚早とのことですが、あのダニーがこのスピードで立ってるとか…

なんの奇跡ですか?

世界中の誰もがきっと、ガッチガチに固められた片脚を吊るされながら、病院のベッドに寝ているダニーを想像していたと思いますが、

なんのクララですか!?

っていう。

もちろん時間はかかるだろうけど、まずは一安心です。。。

 

さらに、こんなアーセナルらしいステキなニュースも。

ウルブズ戦プレマッチミーティングの際、エメリンの導きでダニーとのテレビ電話が実現したと、レノ様が語っています。
( Arsenal.com )

「試合前のミーティングでダニーと話したんだ。とても嬉しかったよ。

ダニーもとても嬉しそうだった。ダニーはチームの大事な一員なんだ。ボクたちも彼をサポートしていくつもりだよ。

怪我をしてしまったのは残念だけど、早く良くなってピッチに戻れることを願ってる。

彼は、ピッチでも、ドレッシングルームでも、とても大事な選手だからね。

そして監督は選手個人じゃなく、スクウォッド、つまりひとつのチームとしてみているんだ。

このミーティングで、みんなもダニーの為に戦おうっていう、とても大きなモチベーションになったと思うよ」

疑問に思ってた答えが全てレノ様のインタビューにありました。

ダニーがチームの皆から愛される理由、ウルブス戦負けなかった理由(特にレノ様の神セーブ連発)、そしてエメリンの哲学等、全て思った通りで。

決して怪我の功名とは言えないけれど、ダニーのおかげでこういったチーム事情が垣間見れたことには感謝しかないよ…。

そして俺は、未だダニーのダブルジョイント説を信じてはいるけど、

本来ならベッドで寝てなくちゃいけないかもしれない、ダニーが投稿した一枚の写真の意味。

それは、必ず強くなって戻って来るという強い意思表示、そして、認めてくれた皆に心配をかけまいとする成長したダニーの姿なのだと、そう思うんですよね。

持ち前のスペ体質や選手の流入でプレーする機会は減ってしまったけれども、チーム一丸を標榜するエメリン・アーセナルの一員を証明する貴重な一枚だと、そう思うのです。

ロマン派アーセナル、続行!

GET WELL SOON Danny!

 

 

↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

 

妄想記事を描いている猿

「ガセ2割・妄想8割」をモットーに、アーセナルのエア情報を垂れ流す意識低い系ブロガー。日本人グーナーのメディアリテラシー向上に貢献すべく、ほぼ毎日ブログを更新中。

さる@グナーをフォローする
関連記事
ウナイ・エメリ怪我人情報
さる@グナーをフォローする
Arsenal (アーセナル) 猿のプレミアライフ

コメント

  1. dere より:

    冬の移籍でパレスがどうとか出てたけんど、いやぁ思ったより元気そうで安心。

    そういや ナスリが復帰できるらしい どこでかにゃ