「カスピ海でTOGETHER」俺たちのEL18-19 カラバフ v アーセナル

Qarabag FK 0-3 Arsenal

Thu Oct 4 – 17:55 Olympic Stadium, Baku

スターティング: やっべ!新シーズン始まっちゃったから本腰入れて更新しなきゃ!

ダニー

パリピ スミス郎

親方  西島 KATSUMI 豊島さん

ナチョ(C) パピー ロブ君

レノ

■ゴール: パピー (4) スミス郎 (53) KATSUMI (79)

■交代:
46 ナチョ→トレイラ
65 スミス郎→高田先生
71 パリピ→ラカZ

■レフェリー:

 
スポンサーリンク

 

俺たちのEL!

今回のお相手はアゼルバイジャンのカラバフなんちゃら。

アゼルバイジャン?どこだよ!てか響き的にアジア枠じゃないの!?と思ってたら、そうじゃないのでした。

イランの隣だけど、UEFA的にはギリここまでがヨーロッパ圏のようです。

確かに、トルコも位置的にはイーシャンテンだし、あ、ジョージア(リングス世代の俺的にはグルジアだけど)の隣かぁ。

なるほど、カスピ海に面したとこなのね。

カスピ海…

カスピ海ってあれやろ?ヨーグルトのとこやろ?

あとめっちゃ浮くとこ!

と思ったら、めっちゃ浮くとこは、アラビア半島の「死海」っていうとこでした。

これ間違いやすいから、皆も覚えておくように。

 

でもなんか「カスピ海沿岸」って響き的に風光明媚っぽいよね?と思ったら、予想以上にいい感じでした。

現地取材を敢行した、ヨーコさんの激写写真をご覧ください。

View this post on Instagram

1st day in #Baku

Yoko Gさん(@yokomiaow)がシェアした投稿 –

View this post on Instagram

From the Caspian Sea

Yoko Gさん(@yokomiaow)がシェアした投稿 –

View this post on Instagram

Curiouser and curiouser…

Yoko Gさん(@yokomiaow)がシェアした投稿 –

チケ代4.5ポンドくらいだったし、行きたかったなぁ…(ELなんてなかったら絶対いかないとこだもんよー)。

 

スタジアムもあらステキ!

スタジアムマニアは放っておけないタイプのやつですやんー。。。

ところでこれ、「バクー・オリンピックスタジアム」って言うんですけど、あれ?バイジャンでオリンピックなんてあったっけ???

 

さて、肝心の試合ですが、とその前に、今日は捨て置けないファッションチェックから。

この試合、どうやら年1くらいでよくある、バレーボールスタイルで臨むようです。

違和感ありまくりですが、「ニッポン!(チャチャチャ!)」的なやつで育ったMUSIC FOR THE PEOPLE世代の僕は、それほど違和感は感じません(つよがり)。

ところで、パピー復帰で一安心と思ったら、

え、ナチョまた出てんの!?

あれ親方までいる…どーいうこと!?

と思ったら、3バックだったのですね…(え、ここで!?)。

最高な格下相手に大いなる実験ということでしょうか?

これがEL請負人、名将ウナイ・エメリという男なのか。。。

 

さて試合は、開始直後、復帰したバカリのパピーが早速バチコーン。

 

その後はわりとグダグダな展開が続きますが、ご存知のように、アーセナルは後半ですから。

そして53分、我らが超新星スミス郎、光の速さでぶっこぬき追加点。

この撃ちながら倒れ込むのがスミス郎の真骨頂!

 

ひゃっほー!

 

ひゃっほほー…

どーしてこうなった!?

 

そしてトドメは、「ピッチは僕のステージ」でおなじみのKATSUMI。

眼差しに吸い込まれそうな、あなたのハートを射抜くダイナマイトショット。

 

そしてこれが、KATSUMIの記念すべき公式ファーストシングルショット。

Yes,抱きしめて!

 

今夜君だけの天使確定!

 

とにかく圧倒的ではないか、我が軍は。

レノのスーパーセーブあり、

 

愛猫家親方の猫可愛がりもあり、終わってみればクリーンシーツ。

諸事情ラムZ、ミキティ、バーミヤンなしでもやれました!

それぞれの諸事情については、こちらを参照ください。

ラムジー
【マジかよ…】渦中の人ラムジー、諸事情によりEL帯同メンバーから外れる

ミキティ
【必見】国マニア・ヤスコ先生の自由研究「ムヒタリアンがEL決勝に出れないワケ」

 

親方と同じ愛猫家の高田先生も途中出場したのですが、トルコの隣国ということもあってか大人気。アップ中も、ピッチインの時も、ホーム側の拍手が鳴り止まなかったようです。

スーパースターとは、国境を超えるのだよ。

そんな光景を見ながら、以前サッカーエージェントの人に聞いた、興味深い話を思い出しました。

「ロナウドは天文学的に高いけれど、数年で元が取れるんですよ。何故なら世界中でシャツが売れるから」

もしかしたら、先生に拍手をした人の中にも、10番のシャツを持ってる人もきっといるのだろうなぁ…。

 

消されることはない公式ダイジェスツ!

 

そしてもうひとつのヨーロッパ。

おじさんがモスクワ相手に7年越しのゴールを決め、ビジャレアルが劇的ドロー。

勝ち上がって来いよ!

 

ついに解禁!FIFA 19

 

↓あざーす!あなたのそのひとぽちがモヅベーション。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

 

妄想記事を描いている猿

「ガセ2割・妄想8割」をモットーに、アーセナルのエア情報を垂れ流す意識低い系ブロガー。日本人グーナーのメディアリテラシー向上に貢献すべく、ほぼ毎日ブログを更新中。

さる@グナーをフォローする
関連記事
CLとかEL
さる@グナーをフォローする
Arsenal (アーセナル) 猿のプレミアライフ

コメント

  1. 匿名 より:

    100点満点だったーwww

    いや、ウェルベックにもゴール欲しかったかなーwww

  2. お気に入りの品を大事に持つ人も大勢いて、使われている素材や作りなどが確かなブランド財布は長期間使えると言われています。そのような財布の中でも抜きんでて人気なのがアナスイのウォレットです。

  3. 会津の斎藤 より:

    俺達のKATSUMI。

  4. あぶぶぶふ より:

    MUSIC FOR THE PEOPLE代!!!笑笑笑!!爆